にほんがいこくごせんもんがっこう

日本外国語専門学校

(専門学校/東京都新宿区)

資料請求

願書請求

オープンキャンパス参加

海外芸術大学留学コース

本格的なアート&デザイン留学で、世界を舞台に勝負。
大きな夢に挑戦する。

  • ※2019年4月入学者対象のものです。
海外芸術大学留学コース
この学科・コースの資料をもらう
 
 
海外芸術大学留学コースの特長
目標資格

IELTS
TOEFL iBT
TOEIC C~Aレベル
実用英語技能検定 2~準1級 など

オープンキャンパス

■芸術へのスタート!「アート&デザインワークショップ」
一流の先生から学べるアート&デザインの体験レッスン。絵を描く、デザインを考えることの魅力に迫ります。美大、芸大、専門学校で芸術コースを目指す人にオススメです!
◎日程、時間等の詳細は、学校ホームページにてご確認ください。

■海外大学留学フェアで留学のすべてがわかる!
実際に留学を経験した先輩からのアドバイスを聞いたり、各国の留学事情を聞いたり、個別カウンセリングもできる「海外大学留学フェア」。留学システムについてもよくわかります。
◎日程のご確認や参加お申し込みは説明会ページで!

■留学説明会も実施中!
留学のための基礎知識をつけたい、どの国に留学しようか迷っているので各国の事情を知りたい、JCFLの留学システムについて知りたい人など、気軽に参加してみよう!
◎日程のご確認や参加お申し込みは説明会ページで!

カリキュラム

アート&デザイン領域で海外留学を実現するためには、入学審査のための「ポートフォリオ作成」、「英語力」、そして海外芸術大学選びのための「志望校カウンセリング」や、「出願」などの「留学準備」が必要です。しかし、専門的な知識がないと、これらをすべて一人で行うのは不可能です。そこでJCFL海外芸術大学留学コースではアート&デザイン留学の経験豊富な教員が英語や幅広いアート&デザインといった芸術留学に必要不可欠な知識・スキル獲得をトータルにサポートし、1年間で海外芸術大学への橋渡しをします。

卒業後の進路

■海外トップクラスの大学から国際企業への就職を目指す!
留学と留学後の就職をJCFLが全面バックアップ。
卒業後はグローバル企業への就職と、未来のグローバルリーダーとしての活躍が待っています!

独自の学習システム

■アート&デザインを学ぶ「基礎」を身につける
海外で学ぶアート&デザインでは、分野にとらわれずに幅広い視点から基礎を学び、学生の成長に合わせて専門分野へと進みます。アイデアを生み出すためのリサーチやスケッチ、考えをまとめ表現するためのコンセプトワークとプレゼンテーション、そして先生や学生と自由にディスカッションができ、お互いに高めあえるための準備を整えることが重要です。

■海外で学ぶために必要な英語力を身につける
授業ではTOEFLとIELTSで必要なスコアを獲得することを目指します。しかしアート&デザイン分野の入学面接を受け、大学に進学するためには、一般的な英語学習ではカバーできない、専門的な英語力が求められます。そのため独自に開発された美術英語のテキストを用いて、英語によるプレゼンテーションの授業を行い、ネイティブの先生と英会話を楽しみながら学習を進めていきます。

■入学審査に必要なポートフォリオを作成する
作品の完成度よりも、失敗を恐れず表現を試みる姿勢や、ひとつの課題に対して複数の可能性を模索することができること、そしてあらゆる対象に好奇心をもって積極的に関わろうとする学習態度が求められます。自分自身と向き合うことの大切さを経験することができます。

奨学金制度

■特待生奨学金(授業料免除)
自分の力を試したい、経済的負担を軽くしたい。そんな想いに最大選抜枠550名授与の特待生奨学金制度が応えます。入学を希望される全員の方がチャレンジでき、授業料が全額免除になるチャンスも。試験科目は英語と一般常識(国語・社会)。過去3年分掲載の「特待生試験過去問題集」も用意しています。日本外国語専門学校ならではの頼れる学費支援で、夢を目標に、そして現実へと変えてください!

独自の支援制度

■インターンシップ
JCFLでは、エアライン業界をはじめとする様々な企業との密接な協力体制のもと、インターンシップのチャンスを在学中に多く用意しています。
【体験できる業界】
エアライン/ホテル/ブライダル/観光/テーマパーク/翻訳/アパレル/銀行/メディア など

その他の特色

JCFLではアジアからヨーロッパ、アメリカ、オセアニアまで世界各地で国際的な視野と知識を広げる多くの海外研修や短期留学を用意しています。語学力を大きく伸ばせるのはもちろん、仕事の現場で技術を学んだり、ホームステイしながらその国の言語・文化への理解を深めたりするプログラムが満載。参加した学生は視野を広げ、さらに成長して日本へ帰ってきます。JCFL生の夢が具体的な目標に変わり、着実に夢や就職をつかむ原動力になっています。

 
インタビュー
ローレケ・ニキさん

卒業生 ローレケ・ニキさん(2005年卒業)

ロンドン芸術大学 セントラル・セントマーティンズ・カレッジ・オブ・アート&デザイン イラストレーション専攻

Mike Perryさんの事務所でインターンシップをしています。
Mikeには「自由にやってみて」とあらゆる事をやらせてもらえました。例えば、音楽関係のWebをやっている人のためにロゴデザインを考えたり、チャリティイベントで家具デザイナーさんとコラボして家具にイラストを描かせてもらったり。Mikeが出版している雑誌の写真の上にイラストを描かせてもらったりもしましたね。この3ヶ月で、大学にいた3年間よりもたくさんのことを学んだ気がします。

市川 大記さん

卒業生 市川 大記さん(2008年卒業)

ロンドン大学ゴールドスミスカレッジの デザイン専攻を卒業

1年次は、いろいろなメディアを使い制作することを学びます。ゴールドスミスは理論的な学校なので、モノそのものよりも、その後ろにあるアイディアやコンテクストが重視されました。個人制作が多く、テーマもパーソナルなものが多かったのですが、2年になると、社会的なことにテーマが広がっていきます。活動もキャンパスに留まるのではなく、社会に対して介入するという意味で、インターンシップ(企業研修)も評価対象となります。これは各自で見つけなくてはなりません。僕はインタラクションデザインに興味があったので、ロンドンのデザインスタジオと、東京のデザインスタジオでインターンシップを行いました。

星川 のぞみさん

卒業生 星川 のぞみさん(2007年卒業)

ボンマス芸術大学イラストレーション専攻

ボンマス芸術大学での1年目はドローイングの基礎を学び、ファッション誌や新聞記事のためのイラストを描いたり、イソップなど子どもの本のためのイラストを描いたりしました。2年になると少し自由に選択できるようになります。自分の興味のある物、例えばアニメを他の3Dと一緒に編集してみたり、好きな歌詞や本から得たイメージを15コマのストーリーボードに書いて巻物のような物を作ったりしました。
JCFLでサーチの仕方を学んでいなかったら、作品は作れなかったと思います。興味あるものをどうやって見つけて、それをどう発展させていくか、一番大切なところを教えてもらいました。それから固定観念を壊してもらえたので、イラストに縛られずにいろんなものをMIXしたりして、自由に作品作りができているんだと思います。

 
学べる学問
  • 国際関係学
  • 美術
  • 服飾学
  • デザイン学
  • コミュニケーション学

 

目指せる職業
  • イラストレーター
  • 画家
  • 修復家
  • 学芸員(美術館)
  • ガラス工芸家

資格
  • 実用英語技能検定(英検)
  • カラーコーディネーター検定試験
  • 諸外国語
  • TOEIC
  • 色彩検定
  • TOEFL
  • ファッションビジネス能力検定

日本外国語専門学校の所在地/問い合わせ先

所在地
〒161-0033 東京都新宿区下落合1-5-16(入学事務局)

TEL.03-3365-6141  (代)  FAX.03-3365-6041  携帯からhttp://jcfl.jp/

ホームページ http://www.jcfl.ac.jp?banner_id=js01
E-mail info@dream.jcfl.ac.jp
ページの先頭へ

日本外国語専門学校の資料や願書をもらおう

  • 資料請求
  • 願書請求

※資料・送料とも無料

-

●入学案内・願書
※資料・送料とも無料

_

ピックアップ
オープンキャンパス

スマホ版日本の学校

  • Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88
  • スマホで日本外国語専門学校の情報をチェック!