検索する
ゆうきゅうざんえいようちょうり

悠久山栄養調理専門学校

(専門学校/新潟県長岡市)

資料請求

願書請求

オープンキャンパス参加

メイン写真

地域に根ざした「食のスペシャリスト」を目指す!!

悠久山栄養調理専門学校の3つの特長

3つの特長1

料理技術から経営マネジメントまで将来の夢に即したカリキュラム

3つの特長2

実践で学ぶ思いっきり現場主義

3つの特長3

開校以来4500名を超える卒業生を輩出!就職活動を強力サポート!

調理専攻科では2年次に「高度調理」または「福祉調理」コースがあり、希望の進路に合わせて選ぶことができます。調理師科は免許取得まで最短の1年間で基礎から応用まで幅広く学びます。栄養士科は「調理のできる」「献立作成力の高い」栄養士を目指したカリキュラムを組み、現場に強い栄養士を育成します。

悠久山栄養調理専門学校の 学科・コース

選べる学科は3つ!

栄養士科(2年)
調理専攻科(2年)
調理師科(1年)

上記は、2016年4月入学者対象のものです。

悠久山栄養調理専門学校の 学費のこと

■初年度納入金(2016年度)
栄養士科:102.5万円(入学手続き時:入学金6万円、授業料30.5万円、実験実習費10.25万円、施設維持費7.5万円)
調理専攻科:91.5万円(入学手続き時:入学金6万円、授業料27.5万円、実験実習費10万円、施設維持費5.25万円)
調理師科:96万円(入学手続き時:入学金6万円、授業料27.5万円、実験実習費12万円、施設維持費5.5万円)
※その他、入学時には教科書代(栄養士科4.5万円 調理専攻科1.9万円 調理師科2万円)、教材費(栄養士科6.5万円 調理専攻科7.3万円 調理師科7.5万円)が別途必要です。

悠久山栄養調理専門学校の 学ぶこと

■学ぶこと
<栄養士科>
1年次の調理実習では、徹底して基本技術や献立のバランスを学び、2年次には現役料理人の直接指導により、専門調理を学びます。また、病院給食の献立立案と調理を学ぶ「臨床栄養学実習」や、食事計画から調理作業及び評価まで一連の栄養士業務を学ぶ「給食実務論実習」など、実践的な実習が充実しています。

<調理専攻科>
1年次には基礎技術を徹底的に学び、2年次にはさらに応用的な技術を習得します。選択授業ではより高度な調理技術を学ぶ「高度調理」と介護食士3級取得を目指す「福祉調理」があり、より将来の夢に近づく専門性を身に付けます。

<調理師科>
1年間という最短期間でありながら、料理の基本から高度なテクニックまでを学び、専門職としての知識と技術を習得。また、さまざまな分野の料理を学ぶことにより、応用力や総合力を備えた調理師を目指します。

本校の特長

1972年に調理師養成施設として開校し、2016年には創立44年を迎えます。開校以来4500名を超える卒業生を輩出しており、県内を中心に様々な分野で活躍しています。毎年多くの学生が卒業生のネットワークを活かして就職に繋げています。

悠久山栄養調理専門学校の所在地/問い合わせ先

所在地
〒940-0853 新潟県長岡市中沢4-403-1

TEL.0258-32-7696  FAX.0258-33-9310 

ホームページ http://www.nagaoka-sogogakuen.jp/eiyo/
E-mail info-ync@nagaoka-sogogakuen.jp
ページの先頭へ

悠久山栄養調理専門学校の資料や願書をもらおう

  • 資料請求
  • 願書請求

※資料・送料とも無料

-

●入学案内・願書
※資料・送料とも無料

_

ピックアップ
オープンキャンパス

スマホ版日本の学校

  • Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88
  • スマホで悠久山栄養調理専門学校の情報をチェック!