しずおかさんぎょうぎじゅつせんもんがっこう

静岡産業技術専門学校

(専門学校/静岡県静岡市)

資料請求

願書請求

医療事務科

インターンシップで実際に医療の現場を体験。
専門知識と「思いやりの心」を身につけた医療事務のスペシャリストを目指す!

  • ※2019年4月入学者対象のものです。
医療事務科
この学科・コースの資料をもらう
 
 
医療事務科の特長
学べる内容

■医療事務の知識・技術と医療のIT化に伴う技術をバランスよく学習
医療事務、医療秘書に必要な、事務手続き・保険制度・法規・薬学などの知識を幅広く学び、医療に関する理解を深めます。その後、診療報酬請求業務やレセプト作成の実践授業に入り、電子カルテや医事会計システムなどの医事コンピュータの活用方法も学ぶなど、医療現場のIT化に柔軟に対応できる人材を育成します。
■医療現場に必要な思いやりの心を育む
医療事務・医療秘書の分野では様々な人に対する適切な対応力が求められます。そこで、コミュニケーション能力やヒューマンスキルを高めるための接遇演習、心理学、グループ研究等の授業を通して、「思いやりの心」の理解や、社会人としての正しいビジネスマナーを身につけます。
■ビジネス系職種全般に対応のカリキュラム
医療事務という枠にとらわれず、ビジネスマナー、秘書技能、キャリアデザイン、プレゼンテーションなどビジネス全般に必要な知識と技術を習得。また、ビジネスソフトのWordやExcelを習得し、ビジネス実務能力を高めることで、幅広くビジネスの分野で活躍することも可能です。

独自の学習システム

■病院実習で医療の現場を体験、実践力を養う
数週間にわたるインターンシップ(病院実習・医療関連企業内研修)で実際に医療の現場を体験します。これまでに学んだ知識や技術を再確認するだけでなく、社会人としてのマナー、コミュニケーションの取り方などを体得します。自らを社会人として意識するこのインターンシップは、仕事に対する意識を高め、即戦力なるための大きな力となっています。

●学生と学校と医療機関との連携による万全のバックアップ体制!
本校では、医療機関との連携を強め、学生が安心して実習に臨めるように、受入要請などの事前準備から実習終了まで、専任教員による徹底したサポートを行っています。また、受け入れてくださる医療機関では、医師をはじめ看護師、医療事務の先輩方は、通常業務の合間で指導に当たってくださいますから、業務への支障を最小限に抑えるための配慮や社会人としてのマナーを事前に学ぶことも実習に向けて大切な心構えです。

●1年次から段階を踏んだ準備で、スムーズな実習へ!
本校では1年次より「病院見学」や「国際モダンホスピタルショウ見学」、マナー講座やメイクアップ講座などの実習授業を通して、実習への準備を着実にしていきます。知識を高める講義も大切ですが、自身の目で確認し、肌で感じることの必要性も大切にしています。

●事前準備から実習までの流れ
本校では、この実習を就職活動の一環としても位置付け、学生の自主性・主体性を大切にし、学生自らが卒業後の仕事を意識し積極的に準備することで、仕事に対する役割や責任を感じ、この実習を通して大きく成長できるようサポートしていきます。

その他の特色

■赤十字救急法救急員講座で緊急時のための対処法を身につける
大きな事故や災害などで多くの負傷者が病院に運び込まれたり、待合室の患者さんの容態が急変した時など、すぐに医師や看護師が対応できない場合もあります。そんな時に医療行為はできなくても医療に関わる者として緊急時の対応を身につけておくべきだと考え、包帯の巻き方や、人工呼吸、心臓マッサージなどの救命手当や応急手当をこの講座で学びます。

 
インタビュー
河野 麻莉亜 さん

在校生 河野 麻莉亜 さん(医療事務科 2年)

やさしさで触れ合える、病院受付になりたい

高3の夏に福祉介護施設へボランティアで行き、お年寄りや施設の方々のやさしさに触れたことや役に立てたことがうれしくて、医療事務を目指したいと思うようになりました。産技を選んだ理由は、他の専門学校と比べてより多くの資格が取得できるから。医療事務系以外に介護事務や調剤事務、一般事務系の知識も学べます。栄養学やカラーコーディネイトなど教養アップの授業もありますし、いつもやさしく声をかけてくれる先生もいるので、楽しく安心して勉強に取り組んでいます。私の「プロへの扉」を開くための取り組みは、人の気持ちをほっとさせる「あいさつ」。将来は病院の受付で、患者さまをやさしい笑顔で迎えたいです。

宗野 歩華 さん

卒業生 宗野 歩華 さん(東静岡耳鼻科 勤務 2013年度卒)

実習で学んだ対応力を医療の現場で発揮。

医療データのパソコン入力のほか、受付や会計、看護補助の仕事を行っています。耳鼻科では、小さい子どもからお年寄りまで幅広い年代の方が来院されますので、その都度柔軟な対応が求められます。子どもの場合は、どうすれば不安を和らげられるかを考えますし、難聴の方にははっきりとした声で話すようにしています。また、身体の不自由な方にはこちらからその方のところに行って会計を行うようにしています。苦痛や不安を抱えてこられる患者さまたちと接するなかで、相手の気持ちを考え思いやることの大切さを実感する毎日です。SANGIでは実習を通じて気配りを大切にした対応の仕方を学びました。これからも学んだことを活かし、小さな気付きを意識しながら、思いやりと柔軟な対応を心掛けていきたいです。

 
学べる学問
  • 医学
  • 看護学

 

目指せる職業
  • 医療秘書
  • 医療事務
  • 薬局・薬店スタッフ
  • 一般事務

資格
  • 診療報酬請求事務能力認定
  • 医療秘書技能検定
  • 医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)
  • 医事コンピュータ技能検定
  • 赤十字救急法救急員
    MOS
    秘書検定

静岡産業技術専門学校の所在地/問い合わせ先

所在地
〒420-8537 静岡県静岡市葵区宮前町110-11  フリーダイヤル0120-618-255

TEL.054-261-8222  FAX.054-264-3086 

ホームページ http://www.sangi.ac.jp/
E-mail koho@sangi.ac.jp
ページの先頭へ

静岡産業技術専門学校の資料や願書をもらおう

  • 資料請求
  • 願書請求

※資料・送料とも無料

-

●入学案内・願書
※資料・送料とも無料

_

スマホ版日本の学校

  • Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88
  • スマホで静岡産業技術専門学校の情報をチェック!