くれたけしんきゅうじゅうせい

呉竹鍼灸柔整専門学校

(専門学校/神奈川県横浜市港北区)

資料請求

願書請求

柔道整復科

経験豊富な講師陣による指導で
スポーツトレーナーとしても活躍できる、
次代を見据えた柔道整復師を育成

  • ※2019年4月入学者対象のものです。
柔道整復科
この学科・コースの資料をもらう
 
柔道整復科のコース・専攻一覧
午前コース
特修コース
 
柔道整復科の特長
学費について

■各種制度

在校生には以下の制度・特典があります。
●基礎科目履修免除制度
大学・短期大学・厚生労働大臣指定の医療系専門学校で既に取得している基礎科目の単位を、本校で生かせる制度です。
●特待生制度
前年度の学業成績および学術研究等の評価を鑑み、特に優秀で他の在校生の模範となる学生を特待生として、進級年度の授業料の一部を免除する制度です 。
●学内進学奨学制度
在学中に本校および本学園の他学科に進学する方を支援するため、入学金・授業料等の学費の一部を免除する制度です。

資格について

■目標資格

・柔道整復師
柔道整復師は、骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷などの外傷や怪我に対して、人間の自然治癒力を生かした「非観血的療法」により、整復・固定・後療などの施術を認められた国家資格です。

■国家試験合格率(2017年3月卒業生実績)
柔道整復師 92.9%

学べる内容

●柔道整復科 午前コース 
授業時間 9時30分~12時40分(月~土 週6日制)
●柔道整復科 特修コース
授業時間 13時30分~16時40分(月~土 週6日制)

●1年次
基礎医学を中心に学ぶ
柔道整復師に必要な知識、技術の基礎を学習します。解剖学や生理学などの科目を通して、人体の構造機能を重点的に学び、専門分野では、骨折・脱臼・関節損傷等の概要を学ぶことにより外傷の全体像を理解します。また、柔道の授業を通して、健全な肉体と柔道精神を涵養します。
●2年次
専門領域を重点的に学ぶ
一般臨床医学・整形外科学・外科学・リハビリテーション医学など、臨床的な科目を中心に学びます。専門分野では、臨床柔道整復学各論で、上肢・下肢・体幹の骨折や関節損傷等の発生機序、整復法、固定法、後療法を学び、各部の損傷に対する判断、治療、経過観察までの施術の一連の流れを理解します。
●3年次
総合力を身につけ、臨床力を養う
2年間で修得した知識と技術を実際の疾病に応用するために、臨床的な講義と実技実習が行われます。臨床実習では、少人数のグループを作り、好発する外傷を中心に施術者、助手、患者モデルを想定し、診察から処置までを学習します。あわせて、国家試験対策に向けて万全の準備が図られます。

特修コースでは、柔道整復師を育成するためのコアカリキュラムに加え、スポーツ、介護など、これからの社会ニーズを取り入れたカリキュラムを導入しています。

卒業後、就職について

■将来の活躍の場

●治療院
地域医療の担い手として、接骨院・整骨院などで活躍することができます。経験を積み、確かな知識と技術を身につければ、将来は独立開業も可能です。
●病院・医院
病院やクリニック内の整形外科やリハビリテーション科などに勤務し、チーム医療の一員として活躍することができます。
●介護施設
機能訓練指導員として、高齢者などに対して転倒予防や筋力強化の指導を行います。超高齢社会では、大きく活躍・貢献できる仕事です。
●スポーツトレーナー
プロアマ問わず、アスリート・スポーツ選手のコンディショニング、傷害予防、体調管理などを行うトレーナーとして活躍することができます。

施設設備

呉竹鍼灸柔整専門学校(横浜校)は、新横浜駅より徒歩5分程のところに位置しています。
地上9階建ての校舎には、教室・実技室・図書室・柔道場・学生ホール・附属施術所などを備え、次世代医療を担う人材を育成する環境が整備されています。

●横浜校附属施術所
多くの患者様が来院される附属施術所では、日々の臨床データを集積・分析するとともに、その成果を教育現場にフィードバックしています。学生の臨床実習施設であると同時に、卒業生の研修施設としても活用されています。

独自の学習システム

■臨床講習会

多様化する社会のニーズに対応する能力と実践力を身につける。
●キネシオテーピング
スポーツなどのケガや疲労を防ぎ、動きをサポートするキネシオテーピング法のノウハウを身につけます。
●スポーツ障害と操体法
スポーツの領域で活躍する柔道整復師を育成するために、身体運動のバランスコントロール法を習得します。
●普通救命講習
全国的にAEDの普及が進む中、救急の現場でも冷静に対応できるように、AEDの取扱や心肺蘇生の方法を身につけます。

その他の特色

■臨床講習会

●臨床美容マッサージ
注目を集めている美容マッサージ。健康増進を図りながら美容効果を高めるための、正しい知識と手技を身につけます。
●臨床指圧
施術者の指や身体への負担を軽減し、施術を連続して行っても疲労が蓄積しにくい実践的な指圧技術を習得します。
●臨床に役立つ介護術
介護技術が必要とされる超高齢社会に備え、車いすの扱い方やベッドへの移乗作業、衣服の着脱方法などの介護技術を身につけます。

 
インタビュー
新田 直樹 さん

在校生 新田 直樹 さん(柔道整復科 3年生)

夢はアスリートの治療ができるメディカルトレーナー

右肩の脱臼癖でラグビーを続けられなくなり、そのときの中学・高校の恩師のアドバイスで、卒業後の進路は、ケガを治療できる柔道整復師になれる学校に進学しようと決心しました。解剖学、生理学、衛生学など、授業は基礎分野でも内容が濃くて理解するのは大変ですが、苦手科目はクラスメートからも教わり、毎日、復習しています。自分の強みは、ケガをした選手の気持ちが分かること。選手をその場で治療できるメディカ ルトレーナーを目指し、基礎から応用までしっかりと学び続けます。

齋藤 あかり さん

卒業生 齋藤 あかり さん(柔道整復科 2015年卒業)

柔道整復の知識を生かし「機能訓練指導」の道へ

学生時代は漠然と、卒業したら接骨院で働くものだと考えていました。でも、3年になっ て柔道整復師は機能訓練指導員としても働けることを知ったとき、思い出したのは寝たきりだった祖父のこと。それからは、しっかりとした目標ができました。介護施設で、高齢者や身体の不自由な方の日常生活をサポートしたいと思ったのです。現在はデイサービス施設で、一人ひとりに合った回復訓練の提案や指導、体操メニューの作成などを行っています。お年寄りの方からは学ぶことも多く、それも楽しさの一つですが、リハビリの成果を喜ぶその笑顔を見るたびに、この仕事の素晴らしさに感動します。

 
目指せる職業
  • 柔道整復師

資格
  • 柔道整復師

呉竹鍼灸柔整専門学校の所在地/問い合わせ先

所在地
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜2-7-24

TEL.045-471-3731 

ホームページ https://www.kuretake-yokohama.ac.jp
ページの先頭へ

呉竹鍼灸柔整専門学校の資料や願書をもらおう

  • 資料請求
  • 願書請求

※資料・送料とも無料

-

●入学案内・願書
※資料・送料とも無料

_

スマホ版日本の学校

  • Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88
  • スマホで呉竹鍼灸柔整専門学校の情報をチェック!