北海道スポーツ専門学校 スポーツ健康学科の詳細情報

ほっかいどうすぽーつせんもんがっこう

北海道スポーツ専門学校

(専門学校/北海道札幌市東区) >>お気に入りに追加する

パンフをもらおう
※資料・送料とも無料

スポーツ健康学科

スポーツへの情熱が未来を開く力になる。多様化するニーズに応える、スポーツ業界のプロフェッショナルを育成

スポーツ健康学科の特長

学べる内容

■2014年に文部科学大臣認定「職業実践専門課程」に全学科が認定を受けました。

スポーツ健康学科では、4コース、16専攻で、業界が求める、より専門的なスポーツトレーナー、インストラクター・指導者、チームスタッフなどを目指すことができます。

○スポーツトレーナーコース
スポーツ選手に対するトレーニング指導を中心としたパーソナルトレーナーや、ボディケアの知識を兼ね備えたコンディショニングトレーナーを目指します。

○スポーツインストラクターコース
フィットネスクラブでの指導や、子どもの運動指導、ダンス、スイミング、ウインタースポーツなど各種インストラクターを目指します。

○コーチ育成コース
実践的な指導実習を中心とした学びで、各種競技における選手育成のプロを目指します。

○プロスポーツビジネスコース
プロスポーツビジネスの現場で役立つスキルを身に付けるほか、様々なインターンシップを通してスポーツビジネスを支えることができる人材を目指します。

もっと見る

目標資格

○スポーツトレーナーコース
・トレーニング指導者(JATI)
・パーソナルトレーナー(NSCA)
・健康運動実践指導者(健康・体力づくり事業財団)
・スポーツプログラマー(日本スポーツ協会)
・救急法救急員(日本赤十字社)
・BRSO検定(ボディリラクゼーション従事者安全・安心機構)
※卒業時「専門士」の称号を付与

○スポーツインストラクターコース
・健康運動実践指導者(健康・体力づくり事業団体)
・ジュニアスポーツ指導員(日本スポーツ協会)
・トレーニング指導者(JATI)
・フィットネスクラブ・マネジメント技能検定(日本フィットネス産業協会)
・スポーツプログラマー(日本スポーツ協会)
・ジュニアスポーツ指導員(日本スポーツ協会)
・各種スポーツ指導員資格(日本スポーツ協会)
・救急法救急員(日本赤十字社)
・エアロビック指導員(日本エアロビック連盟)
・水泳指導員(日本水泳連盟)
・水上安全法救助員(日本赤十字社)
・スノーボード準指導員、技能テスト(全日本スキー連盟)
・スキー準指導員、技能テスト(全日本スキー連盟)
※卒業時「専門士」の称号を付与

○コーチ育成コース
・公認C級コーチ(日本サッカー協会)
・サッカー公認審判員(日本サッカー協会)
・キッズリーダー(北海道サッカー協会)
・ジュニアスポーツ指導員(日本スポーツ協会)
・健康運動実践指導者(健康・体力づくり事業団体)
・公認コーチ(日本バスケットボール協会)
・公認審判員(日本バスケットボール協会/全日本軟式野球連盟/日本バドミントン協会/日本バレーボール協会/日本陸上協会)
・スポーツプログラマー(日本スポーツ協会)
・公認軟式野球コーチ(日本スポーツ協会)
・公認バドミントンコーチ(日本スポーツ協会)
・公認バレーボールコーチ(日本スポーツ協会)
・公認陸上競技コーチ(日本スポーツ協会)
※卒業時「専門士」の称号を付与

○プロスポーツビジネスコース
・健康運動実践指導者(健康・体力づくり事業団体)
・ジュニアスポーツ指導員(日本スポーツ協会)
・フィットネスクラブ・マネジメント技能検定(日本フィットネス産業協会)
・トレーニング指導者(JATI)
・スポーツプログラマー(日本スポーツ協会)
※卒業時「専門士」の称号を付与

もっと見る

カリキュラム

■ピックアップカリキュラム

○スポーツトレーナーコース
・パーソナルトレーニング
トレーニング前のカウンセリングからニーズの分析、そして、プログラムデザインからマンツーマンでのトレーニング指導へと、パーソナルトレーナーとしての一連の流れを実践形式にて習得していきます。

○スポーツインストラクターコース
・スタジオプログラム
ヒップホップダンスやヨガ、ピラティスそしてボクササイズなど、現代のスポーツクラブのニーズに適した各種スタジオプログラムを、業界で活躍しているインストラクターから学びます。

○コーチ育成コース
・コーチングの仕方
コーチング法には、シンクロコーチング、ゲームフリーズ、ミーティングなどがあり、これらを種目・対象者及び練習メニューに合わせ効果的に起用することが必要になります。モチベーションを向上させるためのコーチング技術について実践を通して学びます。

○プロスポーツビジネスコース
・スポーツ産業学
多様化するスポーツビジネスの担当者から、講義が受けられます。

もっと見る

卒業後の進路

○スポーツトレーナーコース
・パーソナルトレーナー
・スポーツクラブインストラクター
・健康運動指導スタッフ
・ストレッチトレーナー
・コンディショニングトレーナー
・ボディセラピスト

○スポーツインストラクターコース
・フィットネスクラブインストラクター
・パーソナルトレーナー
・運動指導員
・キッズインストラクター
・スポーツ教室などのジュニアスポーツ指導員
・幼稚園などの運動指導員
・ダンスインストラクター
・ヨガインストラクター
・パフォーマー、ダンサー
・スイミングインストラクター
・アクアエクササイズインストラクター
・スノーボードインストラクター
・スキーインストラクター
・アウトドアガイド

○コーチ育成コース
・サッカー指導員
・バスケットボール指導員
・野球指導者
・スポーツ指導員
・健康運動指導スタッフ
・スポーツクラブインストラクター

〇プロスポーツビジネスコース
・プロチームスタッフ・職員
・イベント運営会社
・スポーツショップ店員

もっと見る

独自の学習システム

■プロの仕事を間近に体感!
学校内に併設しているスポーツクラブ「スポーツプラザiB」で実習をすることが可能。リアルな現場で経験することで、卒業後に即戦力として働く力が身につきます。

■プロチームの練習現場を見学!
「北海道日本ハムファイターズ」「北海道コンサドーレ札幌」「レバンガ北海道」など、プロチームの練習や試合を見学実習。スポーツの最前線をリアルタイムで楽しく学べます。

もっと見る

       

スポーツ健康学科の概要

スポーツ健康学科
  • 定員60名
  • 修業年数 2年
  • 昼夜
  • 募集共学
  • 学費103万円  [※初年度納入金(2023年度※諸経費が別途必要)]

※2022年3月現在のものです。

スポーツ健康学科の専攻・コース

  • スポーツトレーナーコース
  •   パーソナルトレーナー専攻
  •   コンディショニングトレーナー専攻
  • スポーツインストラクターコース
  •   フィットネスインストラクター専攻
  •   こどもスポーツ専攻
  •   ダンス専攻
  •   スイミング専攻
  •   スノーボード・スキー専攻
  • コーチ育成コース
  •   サッカー専攻
  •   バスケットボール専攻
  •   野球専攻
  •   バドミントン専攻
  •   バレーボール専攻
  •   陸上競技専攻
  • プロスポーツビジネスコース
  •   プロ野球専攻
  •   プロサッカー・フットサル専攻
  •   プロバスケットボール専攻

先輩の声

学べる学問

  • ・体育学
  • ・スポーツ学
  • ・トレーニング学
  • ・ジュニアスポーツ指導学

目指せる職業

  • ・コーチ
  • ・スポーツショップスタッフ
  • ・チャイルドスポーツインストラクター
  • ・スポーツインストラクター

資格

  • ・健康運動実践指導者
  • ・スポーツプログラマー
  • ・スポーツ指導員
  • ・救急法救急員
  • ・ジュニアスポーツ指導員
  • ・フィットネスクラブ・マネジメント技能検定

・BRSO検定

北海道スポーツ専門学校の所在地/問い合わせ先

〒065-0011 北海道札幌市東区北11条東6丁目1番30号

TEL.0120-607033 

北海道スポーツ専門学校の資料や願書をもらおう

パンフをもらおう

※資料・送料とも無料

オープンキャンパス情報open campus

もっと見る

スマホで見るsmartphone

Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88

スマホで北海道スポーツ専門学校の情報をチェック!

SNS紹介