広告デザイン専門学校 - 学校案内や願書など資料請求[JS日本の学校]
メイン画像

「考える力」と「表現力」を専門学校で 身につける。

広告デザイン専門学校の3つの特長

3つの特長1

「考える」からはじまる実践教育

3つの特長2

考えを深めるコンペ参加授業

3つの特長3

デザインに必要な「ニーズ」を知る

考える力とコミュニケーション力を養い、「総合力」へとつなげる学びを展開しています。広告制作の現場では、高い「制作力」と共に、豊かな「人間力」が求められます。そのためコミュニケーションを重視した温かく丁寧な指導を貫いています。

広告デザイン専門学校の 学科・コース

幅広く学ぶ広告デザイン科と短期で学ぶビジュアルデザイン科

広告デザイン科
ビジュアルデザイン専攻(2年)
  グラフィックデザイン
  イラストレーション
  パッケージデザイン
  編集デザイン
  タイポグラフィ
  デジタルデザイン
  WEBデザイン
  映像
マーケティングデザイン専攻(2年)
  グラフィックデザイン
  広告プランニング
  コピーライティング
  WEBコンテンツ
  ショップデザイン
  CMプランニング
  ブランディング
  セールスプロモーション
ビジュアルデザイン科
昼間部(1年)
夜間部(1年6ヵ月)

上記は、2021年4月入学者対象のものです。

広告デザイン専門学校の 学費のこと

■2021年度初年度納入金
広告デザイン科 98万円
ビジュアルデザイン科昼間部 98万円
ビジュアルデザイン科夜間部 60万円
※その他諸費用が必要

広告デザイン専門学校の 学ぶこと

デザインは「考え方」が重要です。考えるトレーニングを中心に技術面もしっかり養います。

社会のニーズに即応し、発想力と制作力、そして豊かな人間性を兼ね備えた総合力の育成を第一に考えています。2年課程広告デザイン科は、各領域のデザインを視覚伝達のクオリティの追求に焦点をあて習得する「ビジュアルデザイン専攻」と価値創造の戦略プロセスを重点において習得する「マーケティングデザイン専攻」で編成し、1つの職業に偏った学習ではなく、幅広く学ぶことで、どのような目的にも対応できるスキルと総合的な応用力を身につけることを実現します。広告・プロモーション分野のあらゆるニーズに対応しつつ各領域のデザインに対する制作力を高めるため、1年次の授業は基礎力をつけるため共通内容を重視し、多くの可能性の中から自身の適性を見極めた上で2年次の専攻や目標とする職業を定めることができます。2年を修了した上で研究コース(1年~)に進学することで、3年課程、4年課程より充実した学習が可能になります。

■コンペや産学連携の実践授業で「社会の評価」に触れる
本校では、生徒に対してコンペやコンクールへの参加を勧めています。在学中でありながらも社会の評価を得ることは、デザインスキルを身につけるためにとても大切です。
また、産学連携の受注業務では、企業様からいただいた仕事に生徒が取り組みます。経験を通して感じたことを理論と共に改めて整理しながら、本物の能力を身につけていきます。

広告デザイン専門学校の所在地/問い合わせ先

所在地
〒460-0007 愛知県名古屋市中区新栄1-16-4

TEL.052-251-4610  FAX.052-251-7666 

ホームページ http://www.kdps.ac.jp/
ページの先頭へ

広告デザイン専門学校の資料や願書をもらおう

  • 資料請求

※資料・送料とも無料

-

●入学案内・願書
※資料・送料とも無料

_

スマホ版日本の学校

  • Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88
  • スマホで広告デザイン専門学校の情報をチェック!