つじせいかせんもんがっこう

辻製菓専門学校

(専門学校/大阪府大阪市阿倍野区)

資料請求

願書請求

製菓衛生師本科 ダブルライセンスコース[製菓1年+調理1年]

大阪・東京・フランスに12の学校。食のプロを育てる辻調グループで
製菓と調理、2つの資格を習得しよう

  • ※2020年4月入学者対象のものです。
ダブルライセンスコース[製菓1年+調理1年]
この学科・コースの資料をもらう
 
 
ダブルライセンスコース[製菓1年+調理1年]の特長
学べる内容

【5つのポイント】
1.洋菓子、和菓子、製パンからチョコレートまで、仕事としての「製菓」を幅広く学びます。
2.国内外で修行を重ねた洋菓子、和菓子、製パンそれぞれの「教えるプロ」が専任でしっかりと指導します。
3.プロも実際に使用する機器&最新設備を取り揃えた実習室は、ジャンルごとに専用に設計されたプロ仕様。
4.基礎的な技術は必修科目「スキルアップ実習」でレベルアップ。しっかり授業に組み込まれていますので、着実に技術が身につきます。
5.卒業時には製菓衛生師国家試験の受験資格が取得できます。

施設設備

■設備も機器もプロ仕様
コンピュータ内蔵のオーブンや、短時間で冷凍できるショックフリーザーなどプロ級の機器を完備。
現場ですぐに学んだことを活かせるように最新の機器で実習できます。

卒業後、就職について

■さまざまな就職サポート
内定までのスキルを高める就カツ道場(放課後就活セミナー)、企業が集結する就カツLIVE(辻調グループ対象合同企業説明会)などを通じ、「決断するチカラ」を養っていき、「就職するチカラ」になっていきます。一人ひとりの就職に確実に結びつく、万全のサポートを用意しています。
■全国各地からの求人
多くの個性的な卒業生を送り出してきた実績と信頼で、東京・大阪などの都市圏はもちろん、全国各地から求人が集まります。ホテル、レストラン、料亭、外食産業などその業種は多彩です。
■スクールコンシェルジュ
本校の求人企業情報は常に2万2,000件!これらのデータを、スマートフォンやパソコンから閲覧できる独自の検索サイト「スクールコンシェルジュ」があります。(2017年度)
■主な就職先(2017年3月卒業生・一部抜粋)
近鉄・都ホテルズ、帝国ホテル大阪、プリンスホテル、ポアール、キルフェボン、コカルド、モンサンクレール、たねやグループ、山崎製パン、ドンク、Plan・Do・See、アルション、菓匠あさだ ほか多数

学科・コースについて

【応用力を磨き、現場ですぐに動けるプロフェッショナルへ】
○1年次は製菓衛生師本科で「実習」「理論」「教養」をもとにお菓子の基礎からみっちり学びます。
■実習(472時間)
「製菓実習」では器具の種類や扱い方から学び、「計る」「絞る」「伸ばす」などの基礎技術を反復レッスン。数名のグループで分担しながら、さまざまなお菓子づくりに取り組みます。

■理論(180時間)
さまざまなお菓子を先生が目の前でつくり、その工程を見ながら手順や基本技術を学びます。正しくつくるプロセス、材料や器具の説明、お菓子の由来なども解説します。

■教養
食の安全・安心や健康・栄養について、またお菓子に必要な材料についての基礎知識を学びます。食と社会の関係や接客マナーなど、現場で役立つ実用的な知識も習得します。

○2年次は、辻調理師専門学校の調理師本科[調理クラス]であらゆるジャンルの料理の基礎をトータルに学びます。
■実習
「調理実習」ではさまざまなジャンルの料理をつくりながら基本技術を身につけます。包丁の握り方や研ぎ方から始まり、下ごしらえ、調理、盛り付け、試食までをこなします。

■理論
「調理理論」では先生が料理をつくる工程を見ながら手順や調理技術を学びます。さらに材料や調味料の特徴、コスト管理なども解説。「専門調理理論」では接客などの知識も習得します。

■教養
世界各国の食文化や衛生法規、栄養学や食品学など、おいしさ・安全・安心を守るための知識を座学で学びます。さらに「実習」や「理論」の授業とリンクした専門知識を身につけます。

キャンパスライフ

■卒業後も支援「コンピトゥム」
各地に支部をもつ辻調グループ校友会。卒業生のために業界情報満載の会報誌を発行、有名シェフを招いての勉強会やイベントの開催など活発に活動しています。こうした機会で人脈を広げ、知識を交換しています。

■有給インターンシップ
辻調グループが導入している有給インターンシップの1つ「有給研修制度」は、その取り組みが認められ、「辻調理師専門学校」と「辻製菓専門学校」のすべての学科が大阪発「産学接続コース」(大阪府と大阪府専修学校各種学校連合会が立ち上げた全国初の制度)に推奨されています。辻調グループでは、産学連携より教育成果を得られる有給インターンシップに取り組んでいます。

 
インタビュー
宮脇 朝子 さん

卒業生 宮脇 朝子 さん(ブーランジュリー『ル・マタン』和歌山 オーナーシェフ 2012年卒)

学校で磨かれた基礎技術とプロ意識を活かし、地元に愛されるパン屋をめざす

パンに興味を持ったのは、パン屋でのアルバイトがきっかけ。8年間製造に携わるうちに、自分のお店を開きたいと思い、辻製菓専門学校で学ぶことにしました。授業で驚いたのは、作業に対する厳しさ。特に掃除は徹底しており、プロ意識を叩き込まれました。また進学したフランス校では丁寧かつ効率よく作業すること、食材を無駄にしないこと、を厳しく教えていただきました。
これからはパンの種類を増やし、学校で学んだお菓子開発にも挑戦したい。地元の人々にもっと愛されるお店にしていきたいです。

瀬戸山 明夫さん

先生 瀬戸山 明夫さん(洋菓子担当)

専属の教員が多い本校だからこそ、その場面でのフォローが可能になる。

生地をイメージ通りの厚みや形に伸ばすためには、麺棒の扱いはもちろん、生地がいい状態でなければならず、それは温度によっても変化します。では、いい状態とはどのような状態なのか、これこそが実習で学んでほしい点です。本校は専属教員が多いため実習中まさにその場面でのフォローが可能です。配合やつくり方だけではなく、作業工程の中で常に状態を意識していくことが技術の習得につながります。

鎌田 陽子 先生

先生 鎌田 陽子 先生(教養担当)

仕事としてお菓子をつくるには、お菓子のあらゆる面を知る必要がある。

仕事としてお菓子づくりをする上では、つくる製品をあらゆる面から知っておくことが必要です。また、理論で学ぶお菓子やその背景とともに、その食材の特性や栄養面、つくる際に気をつけなければならない衛生面、またそれを提供する対象者の特性なども知っておくことが大切です。教養の科目ではこれらの点について学びます。「お菓子をつくる」だけではなく、なぜそれが出来るのかを考え、つくりたいイメージに発展させていける知識を身につけてください。

 
目指せる職業
  • 調理師
  • 料理研究家
  • クッキングインストラクター
  • シェフ
  • お料理教室
  • パティシエ
  • 製菓衛生師
  • 製パン技術者
  • カフェオーナー
  • 和菓子職人
  • お菓子教室

資格
  • 調理師
  • 製菓衛生師
  • ふぐ処理師
  • ■取得資格
    調理師免許(国家資格)
    大阪府ふぐ取扱登録者証(講習会修了者)

    ■取得受験資格
    製菓衛生師(国家資格)

    ■製菓衛生師国家試験合格のためにプレ試験を実施
    国家資格である製菓衛生師の取得に向けて、出題傾向を分析したプレ試験でサポート。合格率100%をめざします。

辻製菓専門学校の所在地/問い合わせ先

所在地
〒545-0053 大阪府大阪市阿倍野区松崎町3-9-23

TEL.0120-24-2418  (フリーダイヤル)  FAX.06-6622-6280 

ホームページ https://www.tsuji.ac.jp
E-mail nyugaku@tsuji.ac.jp
ページの先頭へ

辻製菓専門学校の資料や願書をもらおう

  • 資料請求
  • 願書請求

※資料・送料とも無料

-

●入学案内・願書
※資料・送料とも無料

_

スマホ版日本の学校

  • Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88
  • スマホで辻製菓専門学校の情報をチェック!