やながわりはびりてーしょんがくいん

専門学校 柳川リハビリテーション学院

(専門学校/福岡県柳川市)

資料請求

願書請求

言語聴覚学科

福岡県初の私立リハビリテーション職養成校として開校。
開校以来、就職率100%!*
全国40の関連施設のサポートが受けられる!

  • ※2019年4月入学者対象のものです。
言語聴覚学科
この学科・コースの資料をもらう
 
 
言語聴覚学科の特長
就職状況

■開校以来、就職率100%(2017年3月卒業生 言語聴覚学科)
専門学校柳川リハビリテーション学院は、1990年の開校以来就職率は100%(*1990年開校~2017年3月卒業生実績)という実績を残しています。言語聴覚学科の2016年度の求人倍率は、71.4倍となっています。
今後も、超高齢化や医療の高度化といった社会背景を元に、言語聴覚士の需要は高まっています。

主な就職先

■2017年3月卒業生 県別の就職先(一部抜粋)
【福岡県】
医療法人社団 高邦会 柳川リハビリテーション病院、社会福祉法人 ゆうかり学園 ゆうかり医療センター、社会福祉法人 恩賜財団 済生会支部 福岡県済生会大牟田病院、医療法人 かつき会 香月病院、医療法人 三愛 健康リハビリテーション内田病院、公立学校共済組合 九州中央病院、社会医療法人財団 白十字会 白十字病院、社会福祉法人 高邦福祉会 柳川療育センター、医療法人 柳育会 八女リハビリ病院、特定医療法人 順和 長尾病院、医療法人 けんこう 兼行病院 など
【佐賀県】
社会福祉法人 佐賀整肢学園 こども発達医療センター、医療法人 長生会 島田病院、社会医療法人 祐愛会 織田病院 など
【熊本県】
社会福祉法人 恩賜財団 済生会熊本病院 など
【大分県】
医療法人社団 知心会 一ノ宮脳神経外科病院 など
【神奈川県】
医療法人 明芳会 横浜新都市脳神経外科病院 など

カリキュラム

■1年次
まず、講義の受け方、レポートの書き方など、専門学校での学び方を学びます。また、言語聴覚療法の基礎を中心に学びます。2月中旬より介護老人保健施設での研修を行います。

■2年次
年間を通して、言語聴覚療法の専門科目を中心に学びます。また、2月中旬より3週間、病院などの施設での評価法を中心とした臨床演習を行います。

■3年次
4~5月に実習前セミナーを行い、6月中旬~10月中旬の間で臨床実習に12週間出ます。その後、10月末より国家試験対策授業を行います。

資格取得指導

■国家試験対策について
(1)1年次
 「教養基礎講座」で、講義の受け方、ノートの取り方、思考法、レポートの書き方など、専門学校での学び方を指導します。また、国家試験科目の小テストや口頭試問を行い、暗記項目の整理を行います。年度末には、国家試験の出題科目(基礎分野)の模擬試験を行い、1年間の学習の成果を実感してもらいます。
(2)2年次
 言語聴覚士の臨床に必要な専門分野の学力を身につけます。授業では、国家試験の出題基準を元に勉強法を指導し、国家試験問題に触れることで慣れてもらいます。年度末には、国家試験の出題科目(専門分野)の模擬試験を行い、1年間の学習の成果を実感してもらいます。
(3)3年次
 国家試験前4か月間、専任教員や外部講師による国試対策授業を行います。また、週1回の模擬試験を行うことにより、実践的な国試対策を行います。さらに、湯布院のセミナーハウスで国試対策合宿を行い、全員合格に向けてモチベーションを高めます。

独自の学習システム

<おすすめ授業紹介>
■言語聴覚障害概論I・関連職種連携演習
医療人にとって、患者さんとのよりよいコミュニケーションは必須です。柳川リハビリテーション学院に隣接する病院や介護老人保健施設での研修を通して、1年次からコミュニケーションのトレーニングを行います。

■言語聴覚障害概論II(吃音者との交流会)
言語聴覚士は、映画「英国王のスピーチ」や「吃音ドクター」の著作で知られるようになった吃音の患者さんも対象にします。吃音者のグループ(言友会)の方々との交流会を毎年行っています。

■言語聴覚診断学I(医療面接演習)
医療人として必須の「医療面接」の演習を、模擬患者役の下級生を相手に行います。また、実技場面をVTRで録画して、PF-NOTEという機器を用いて良かった点と改善点をフィードバックしコミュニケーション能力を高めます。

奨学金制度

■高木学園独自の入学金免除制度
【専門学校柳川リハビリテーション学院の理学療法学科、作業療法学科、言語聴覚学科を希望の方】
一般入試[A方式]受験者を対象とした、成績優秀者の入学金免除(全額または半額、若干名)です。

その他の特色

■より高い医療を学ぶ
日々進歩する医療の世界。そこに生きる医療人にとって、生涯学び続ける環境は、重要な課題です。このため、臨床を経て、大学院への進学を考える医療職も多数います。当学院には、国際医療福祉大学大学院・大川キャンパス(福岡県大川市)があり、学院卒業生(大学院受験時、満22歳以上)への門戸を広げています。将来、医療の道をより極めたいという方には、大学院への進学をおすすめします。

 
インタビュー
河野 莉菜 さん

在校生 河野 莉菜 さん(佐賀県立唐津西風高等学校出身)

カリキュラムが充実していて、ステップアップを実感できます。

言語聴覚学科への進学は以前から決めていたので、迷いはありませんでした。充実したカリキュラムのもと、基礎から専門知識を修得し、その知識や技術を実践するまで段階を追って学ぶことのできる環境がここにはあります。ここで修得した知識や技術が、将来患者さんに直接還元されるので、一層勉強にも力が入ります。

中嶋 洸 さん

在校生 中嶋 洸 さん(福岡県立大牟田北高等学校出身)

専門的な知識や技術を身につけることが将来の自分を形成します。

高校3年生の夏休みに参加したオープンキャンパスで、先生や在校生から熱心に学科や言語聴覚士について説明していただいたことが印象に残っています。入学した今、先生方は理解できるまで時間をかけて教えてくださり、分からない点はクラスの仲間と共有しながら解決に向けて協力して学べる環境が整っています。

山下 紫織 さん

在校生 山下 紫織 さん(長崎県立大村城南高等学校出身)

意思の通じ合う瞬間に立ち会える職業、言語聴覚士。

高校の時に聾学校で働く言語聴覚士の方にお会いしたことがきっかけで、この職業を知りました。困っている人の力になれる仕事をしたいと思っており、本学科を選びました。授業では専門の知識分野はもちろん、臨床でどのように活用するかについての具体例が分かりやすく説明され、将来働くときの実践力を学ぶことができます。また演習・実習を通して患者さんと実際に接することができ、その中で大切なことを教えてもらっています。

 
学べる学問
  • リハビリテーション学

 

目指せる職業
  • 言語聴覚士

資格
  • 言語聴覚士

専門学校 柳川リハビリテーション学院の所在地/問い合わせ先

所在地
〒832-0058 福岡県柳川市上宮永町116-1

TEL.0944-72-1001  (代)  FAX.0944-72-1018 

ホームページ http://yanagawa.takagigakuen.ac.jp/
E-mail info@takagigakuen.ac.jp
ページの先頭へ

専門学校 柳川リハビリテーション学院の資料や願書をもらおう

  • 資料請求
  • 願書請求

※資料・送料とも無料

-

●入学案内・願書
※資料・送料とも無料

_

スマホ版日本の学校

  • Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88
  • スマホで専門学校 柳川リハビリテーション学院の情報をチェック!