せんだいりはびりてーしょん

仙台リハビリテーション専門学校

(専門学校/宮城県仙台市泉区)

資料請求

オープンキャンパス参加

作業療法学科

宮城県で唯一のリハビリテーション単科の養成施設
回復と自立をサポートする作業療法士をめざす

  • ※2019年4月入学者対象のものです。
作業療法学科
この学科・コースの資料をもらう
 
 
作業療法学科の特長
カリキュラム

■作業療法士は、“その人らしさ”を引き出す伴走者。
作業療法士の“作業”というのは、手芸や木工といった手工芸活動だけではなく、遊びや気分転換、さらには日常生活において行う仕事、諸動作(料理、掃除、洗濯)などを含めて、「一緒に何かをする」という大きな概念を指しています。対象となるのは赤ちゃんからお年寄りまでで、作業療法士は、その人らしさを引き出していく伴走者(We are always beside you)と言ったらいいでしょうか。少子高齢化社会が進んでいる中で、医療機関だけでなく老人ホームや在宅(保健や福祉の領域)などで、いかにその人らしさをキープしていただけるための知識や技術がこれからますます必要とされます。本校は、そうした「高齢化社会に対応でき得る人材の養成」をめざし、1年次で介護体験実習を課すなどカリキュラムも工夫しています。授業についても、受動的に講義を聞くだけでなく、グループワーク活動などの参加型の授業を取り入れ、自分自身を理解するとともに、作業療法士として必要な資質を養っていきます。

■各学年ごとのカリキュラム
●1年次
作業療法士の基礎となるポイントを学びます。
●2年次
病気や障害への理解を深めます。
●3年次
専門的な作業療法の知識と技術を学びます。

■実習
<臨床実習I>
1年次の実習です。前期は小児科や精神科など作業療法が行われている臨床の現場を実際に見学し、作業療法のイメージをつかみます。後期は、将来の就職を視野に入れながら、特別養護老人ホームなどで介護体験実習を行います。
<臨床実習II>
2年次の実習で、評価実習を行います。それまでに学んできた筋骨格系測定法、日常生活関連評価などを使って、実際の患者を対象にどこがどの程度悪いのかを評価し、治療プログラムを立案します。

卒業後の進路

■活躍の舞台は保健行政の分野まで拡大
活躍の舞台は医療・福祉の分野だけでなく、保健行政などの分野にも拡大。高齢社会の到来、在宅や施設での介護が増える中で、リハビリテーションへの認識やニーズも高まり、新たな人材が求められています。

資格について

■国家試験合格率(2017年3月卒業生実績)
○作業療法学科
作業療法士の国家試験合格率92.3%(全国平均90.5%)

資格取得指導

■国家試験合格支援
徹底した個人指導で国家試験全員合格を目指します。最終学年となる3年次の11月~3月にかけては、国家試験強化対策として国家試験ガイダンスと10日ごとに共通科目と専門科目の模擬試験を実施。3年間しっかりと学び、必要な知識と技術、実践力を身につけることが、作業療法士への近道となります。

 
学べる学問
  • 医学
  • スポーツ学
  • 心理学

 

目指せる職業
  • 作業療法士

資格
  • 作業療法士
就職について

■主な就職先(2017年3月卒業生実績)
仙台リハビリテーション病院、石巻ロイヤル病院、花巻病院、大原綜合病院 ほか

仙台リハビリテーション専門学校の所在地/問い合わせ先

所在地
〒981-3212 宮城県仙台市泉区長命ヶ丘4-15-1

TEL.022-772-0511  FAX.022-772-0911 

ホームページ http://www.sendairihabiri.jp/
E-mail post@sendairihabiri.jp
ページの先頭へ

仙台リハビリテーション専門学校の資料や願書をもらおう

  • 資料請求

※資料・送料とも無料

-

●入学案内
※資料・送料とも無料

_

スマホ版日本の学校

  • Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88
  • スマホで仙台リハビリテーション専門学校の情報をチェック!