こくさいいりょうふくしせんもんがっこう いちのせきこう

国際医療福祉専門学校一関校

(専門学校/岩手)

資料請求

願書請求

オープンキャンパス参加

救急救命学科

人命を救うプロ、救急救命士を最短2年で目指す!
少人数教育と実践的カリキュラムで即戦力の人材を育成!

  • ※2019年4月入学者対象のものです。
救急救命学科
この学科・コースの資料をもらう
 
 
救急救命学科の特長
就職状況

■目指すは「全員就職」!
地域社会の安全に貢献できる救急救命士は、男女問わずニーズの高い職業です。消防署や医療機関などの場で、尊い人命を救うエキスパートとして活躍することができます。
当校では「全員就職」を目標に学生一人ひとりの希望に合った就職をサポートしています。

主な就職先

■地元・一関市をはじめ東北エリアへ就職(2018年3月卒業生実績)
一関消防本部、花巻市消防本部、盛岡地区広域行政組合消防本部、大崎地域広域行政事務組合、木更津消防本部、岩手県立磐井病院、高島平中央総合病院 ほか
■目指す就職先
消防署、海上保安庁、自衛隊、医療機関、民間救急会社 など

取得資格

■卒業と同時に取得できる資格
救急救命士(国家試験受験資格)、専門士(医療専門課程)
■目標資格
JPTECプロバイダー、普通救急講習

カリキュラム

■実践的カリキュラムによって現場で必要とされる医学知識と確かな技能を修得
少人数制のきめ細かい指導で、保健・医療・福祉の連携を学び、チーム医療の一員として役割を果たすための専門技術を修得。第一線で活躍中の救急救命士を講師に迎え、傷病者の症状を素早く見抜く実践的医学知識や、搬送中において可能な限りの処置を行う確かな技能を直接学べます。リアルを知っているプロから学ぶことで、実際の現場で必要とされる冷静かつ迅速な行動力・判断力を磨いていきます。

独自の学習システム

■徹底した公務員試験対策で就職をサポート
多くの救急救命士が活躍する消防署に就職するためには、公務員試験に合格する必要があります。当校では地方公務員試験対策において実績のある教育提携校とタイアップし、公務員試験に必要な教養科目をカリキュラムに集約。万全のサポート体制で「全員合格」を目指します。

独自の支援制度

■合格保証制度により、卒業後の国家試験合格まで強力バックアップ
「全員合格」「全員就職」「人材育成」を3大目標に掲げる当校では、卒業後の国家試験合格までを一人ひとり親身にサポートしています。卒業と同時に救急救命士国家試験受験資格が得られ、国家試験を合格することが救急救命士として働くためのパスポートとなります。国家試験は年に一度しかない貴重な機会ですが、万が一不合格だった場合も合格保証制度により合格するまでバックアップ。当校ではあなたの夢を応援し続けます!

施設設備

■室根校舎
実習は本校自慢の広い体育館を使用し、最新鋭の救急資器材で最先端の救急救命技術を学びます。全国どこの消防本部に就職しても対応できるように、性能が同じ器材でも様々なメーカーの器材配備しています。
また、教室や自習室などを自習スペースとして開放。休み時間や放課後は資格試験に向けた学習に利用できます。また、パソコン室には高速インターネット環境を整備、救急救命に関するあらゆる情報にアクセスできます。

 
インタビュー
中里 重高先生

先生 中里 重高先生(救急救命学科 学科長)

救急救命士の責任は重いですが、人の命を助けられる素晴らしい職業です。

当校の特徴は、まず少人数制による指導体制にあります。
各学年ともに学生数は40名弱で、教員との密な指導体制のもと、専門的知識と技術力を徹底して教授していきます。
また、現役で活躍中の医師及び救急救命士の授業も行っています。さらに、救急救命士国家試験及び公務員採用試験に合格に導くため、2年間のカリキュラムを綿密に組んでいます。
皆さんの入学を心からお待ちしています。

新田 悠乃さん

卒業生 新田 悠乃さん(救急救命学科2018年3月卒業 岩手県立宮古商業高等学校出身)

国家試験の点数は、努力した分だけ伸びます。

私は将来、救急救命士の仕事に就きたいという夢がありました。高校時の進路研究の時、一関市に救急救命士の国家試験受験資格が得られる学校があると知り、地元から離れずに進学できることもあり、国際医療福祉専門学校一関校に入学を決めました。在学中は、病態を理解しやすいことから、解剖生理学の授業に特に力を入れて取り組んでいました。解剖生理学は2年生で行われる基礎実習修了式の発表課題にもなっているので、しっかり学習することをおすすめします。
現在は、岩手県消防学校で消防の基礎を学んでいます。消防学校でも消火や救助に関する授業のほか、救急の授業もあるので専門学校で学んだ知識・技術がとても役立っています。
国家試験は勉強(=努力)した分だけ点数が伸びます。たくさん勉強して全員合格を目指してください。

奥山 卓弥さん

在校生 奥山 卓弥さん(救急救命学科2018年3月卒業 私立岩手高等学校出身)

本物の緊張感の中で、知識や技術を身につけられる環境です!

私が、国際医療福祉専門学校一関校を選んだ理由は、2年間で救急救命士国家試験の受験資格が得られるところや、公務員対策の講義が充実しているところに魅力を感じ、志望しました。学校では、病院実習や消防実習も経験し、実際の現場の緊張感を肌で感じ、知識や技術を研鑽することができました。
学校生活では、救急救命士の資格を有した消防士を目指すため、仲間とともに、学習と体力づくりに励んでいます。人命救助の最前線で活躍するためには、多くのスキルを身につける必要があります。これからも知識と経験など、乗り越えないといけない高いハードルがありますが、人命救助の最前線で活躍するため、頑張りましょう。

 
学べる学問
  • 医学

 

目指せる職業
  • 救急救命士

資格
  • 救急救命士
  • 地方公務員

国際医療福祉専門学校一関校の所在地/問い合わせ先

全ての所在地/問い合わせ先を見る

所在地

●救急救命学科校舎

〒029-1202 岩手県一関市室根町矢越字沼田78-2

TEL.0191-64-4001  FAX.0191-64-4002 

ホームページ http://imwc-ichinoseki.ac.jp/
ページの先頭へ

国際医療福祉専門学校一関校の資料や願書をもらおう

  • 資料請求
  • 願書請求

※資料・送料とも無料

-

●入学案内・願書
※資料・送料とも無料

_

ピックアップ
オープンキャンパス

スマホ版日本の学校

  • Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88
  • スマホで国際医療福祉専門学校一関校の情報をチェック!