国際医療福祉専門学校一関校 | 学科・コース詳細(救急救命学科(室根校舎)) - 学校案内や願書など資料請求[JS日本の学校]
救急救命学科(室根校舎)

人命を救うプロ、救急救命士を最短2年で目指す!
少人数教育と実践的カリキュラムで即戦力の人材を育成!

  • ※2021年4月入学者対象のものです。
救急救命学科(室根校舎)
この学科・コースの資料をもらう
 
 
救急救命学科(室根校舎)の特長
就職状況

■目指すは「全員就職」!
地域社会の安全に貢献できる救急救命士は、男女問わずニーズの高い職業です。消防署や医療機関などの場で、尊い人命を救うエキスパートとして活躍することができます。
当校では「全員就職」を目標に学生一人ひとりの希望にあった就職をサポートしています。

主な就職先

■地元・一関市をはじめ東北エリアへ就職(2020年3月卒業生実績)
○東北エリア
宮古地区広域行政組合、奥州金ケ崎行政事務組合、一関市消防本部、大崎地域広域行政事務組合、大曲仙北広域市町村圏組合消防本部、横手市消防本部、気仙沼・本吉地域広域行政事務組合、仙台市消防局、盛岡地区広域消防組合消防本部、下北地域広域行政事務組合消防本部、ALSOK

○それ以外のエリア
横浜市消防局、高岡市消防本部

取得資格

■卒業と同時に取得できる資格
救急救命士(国家試験受験資格)、専門士(医療専門課程)
■目標資格
普通救急講習

カリキュラム

■実践的カリキュラムによって現場で必要とされる医学知識と確かな技能を修得
少人数制のきめ細かい指導で、保健・医療・福祉の連携を学び、チーム医療の一員として役割を果たすための専門技術を修得。第一線で活躍中の救急救命士を講師に迎え、傷病者の症状を素早く見抜く実践的医学知識や、搬送中において可能な限りの処置を行う確かな技能を直接学べます。リアルを知っているプロから学ぶことで、実際の現場で必要とされる冷静かつ迅速な行動力・判断力を磨いていきます。

独自の学習システム

■徹底した公務員試験対策で就職をサポート
多くの救急救命士が活躍する消防署に就職するためには、公務員試験に合格する必要があります。当校では地方公務員試験対策において必要な教養科目をカリキュラムに集約。万全のサポート体制で「全員合格」を目指します。

独自の支援制度

■合格保証制度により、卒業後の国家試験合格まで強力バックアップ
「全員合格」「全員就職」「人材育成」を3大目標に掲げる当校では、卒業後の国家試験合格までを一人ひとり親身にサポートしています。卒業と同時に救急救命士国家試験受験資格が得られ、国家試験を合格することが救急救命士として働くためのパスポートとなります。国家試験は年に一度しかない貴重な機会ですが、万が一不合格だった場合も合格保証制度により合格するまでバックアップ。当校ではあなたの夢を応援し続けます!

施設設備

■救急救命学科(室根校舎)
実習は本校自慢の広い体育館を使用し、最新鋭の救急資器材で最先端の救急救命技術を学びます。全国どこの消防本部に就職しても対応できるように、性能が同じ器材でもさまざまなメーカーの器材を配備しています。
また、教室や自習室などを自習スペースとして開放。休み時間や放課後は資格試験に向けた学習に利用できます。パソコン室には高速インターネット環境を整備し、救急救命に関するあらゆる情報にアクセスできます。

 
インタビュー
中里 重高先生

先生
中里 重高先生(救急救命学科 学科長)

救急救命士の責任は重いですが、人の命を助けられる素晴らしい職業です。

当校の特徴は、まず少人数制による指導体制にあります。各学年の学生数は25~30名程で、教員との密な指導体制のもと、専門的知識と技術力を徹底して教授していきます。
 また、現役で活躍中の医師及び救急救命士の授業も行っています。さらに、救急救命士国家試験及び公務員採用試験に合格に導くため、2年間のカリキュラムを綿密に組んでいます。皆さんの入学を心からお待ちしています。

小岩 啓人さん

卒業生
小岩 啓人さん(救急救命学科2020年3月卒業 岩手県立一関第二高等学校出身)

現場における観察や処置も学校の現場が役立っています!

本校を選んだ理由は、私の地元である一関で救急救命士の勉強ができることに魅力を感じたからです。在学中は解剖生理学の授業が好きでした。暗記が苦手だったので、病気の発生する仕組みを理解することで効率よく頭に知識が入ってくるので、仕組みを理解することを頑張りました。現在、消防学校で初任教育を受けています。私も日々努力を重ね、将来は1人でも多くの命を救い、市民の方から信頼される消防職員を目指します。

齋藤 輝弥さん

在校生
齋藤 輝弥さん(救急救命学科2年 秋田県立湯沢高等学校出身)

学んでいること全てが貴重な時間と経験だと自覚し、勉学に励んでいます。

本校を選んだ理由は、最短2年間で救急救命士国家資格の受験資格を取得でき、また、学校・寮ともに集中できる環境が整っているところに魅力を感じたからです。私は授業の中で実習に力を入れて取り組んでいます。現場経験豊かな先生方と現役の救急救命士の方々に教わることができるこの環境が、当たり前ではないことを自覚し、貴重な時間と経験だと思い、取り組んでいます。今は1日1日を無駄にせず、目標を決めて勉学に励んでいます。

 
学べる学問
  • 医学

 

目指せる職業
  • 救急救命士

資格
  • 救急救命士
  • 地方公務員

国際医療福祉専門学校一関校の所在地/問い合わせ先

所在地

●救急救命学科(室根校舎)

〒029-1202 岩手県一関市室根町矢越字沼田78-2

TEL.0191-64-4001  FAX.0191-64-4002 

ホームページ http://imwc-ichinoseki.ac.jp/
ページの先頭へ

国際医療福祉専門学校一関校の資料や願書をもらおう

  • 資料請求
  • 願書請求

※資料・送料とも無料

-

●入学案内・願書
※資料・送料とも無料

_

スマホ版日本の学校

  • Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88
  • スマホで国際医療福祉専門学校一関校の情報をチェック!