鯉淵学園農業栄養専門学校 - 学校案内や願書など資料請求[JS日本の学校]
メイン画像

「農業」「栄養」をまなび、視野の広い「食のプロ」を育成

鯉淵学園農業栄養専門学校の3つの特長

3つの特長1

「タネまきから食卓まで」農と食の専門学校

3つの特長2

「校内インターンシップ」ものづくりにつながる学び

3つの特長3

生産~流通~利用(健康・栄養)まで「食のプロ」を目指す。

鯉淵学園農業栄養専門学校は、開学以来「タネまきから食卓まで」を教育目標として掲げてきました。「食農教育」、「環境保全・循環型農業」、「食の安全」、「農と食を結ぶつながり」などを教育の特色とし、「農と食」に携わる全ての産業で貢献できる人材を養成します。

鯉淵学園農業栄養専門学校の 学科・コース

「タネまきから食卓まで」が学べる農と食の2学科

アグリビジネス科(2年)
アグリビジネスコース
畜産コース
国際農業コース
食品栄養科(2年)

上記は、2022年4月入学者対象のものです。

鯉淵学園農業栄養専門学校の学費のこと

■2021年初年度納入金(参考)
121万円(入学金含む)
※その他、教科書、実習服一式(アグリビジネス科)/実習用白衣一式(食品栄養科)などの費用が別途必要です。
■勤労学生制度(2021年度参考)
●内容
国際農業コースでは提携している大型養鶏企業での企業内実習およびアルバイトにより学費および寮費・生活費相当を支弁できます。これにより親元からの仕送りなどを得ずに自活的に就学できます。就学機会を提供するため、授業料を減免(全額・半額)します。

■特待生制度(2021年度参考)
●内容
就農や栄養士を目指しながらも経済状況により進学を断念せざるを得ない優秀な若者のサポート、および海外からの留学生への就学サポートを目的とし、授業料を減免(半額)します。
※授業料の免除とし、入学金などその他の学費は必要となります。詳細は本校までお問い合せください。
●募集学科・定員
・アグリビジネス特待生 定員若干名(アグリビジネス科)
・食品栄養特待生 定員若干名(食品栄養科)

■奨学金制度
・鯉淵学園奨学金(無利子)
・日本学生支援機構
・茨城県奨学生(無利子)
・国の教育ローン など

鯉淵学園農業栄養専門学校の学科・コースについて

■アグリビジネス科
◎アグリビジネスコース
野菜栽培などの農業技術を基礎から学ぶほか、JAS認定圃場では有機農業も学べます。また、農業簿記、フードシステムなど経営・流通の知識、さらには発展しているスマート農業にも力を入れています。これによりビジネス感覚を持つ実践性にすぐれた農業人を育成します。
◎畜産コース
畜産物生産の基礎、加工、流通、販売を体系的に学び、併せて家畜人工授精師、受精卵移植師の資格取得に向けての理論と実践力を育成し、将来の畜産経営者や法人就農者、専門知識・技術を活かした専門技術者、指導者を育成します。
◎国際農業コース
養鶏を中心とした技術を習得し、各国からの留学生とともに国際的に展開する農業ビジネスについて学びます。先進養鶏企業による企業実習で学費を支弁できます(勤労学生制度)

■食品栄養科
生活習慣病や食品の安全性の問題など、現在は食をめぐるさまざまな課題があります。そんな今だからこそ、食材の生産現場を十分に理解し、新鮮、安全で美味しい食材について知った『食のプロ』が求められます。食品栄養科は、これらを十分に理解し、給食施設などの現場で自ら考え、対処できる技術を持った栄養士を養成します。

鯉淵学園農業栄養専門学校の所在地/問い合わせ先

所在地
〒319-0323 茨城県水戸市鯉淵町5965

TEL.029-259-2811  (フリーダイヤル:0120-831-464)  FAX.029-259-6965 

ホームページ https://www.koibuchi.ac.jp/
E-mail kyoumu@mail.koibuchi.ac.jp
ページの先頭へ

鯉淵学園農業栄養専門学校の資料や願書をもらおう

  • 資料請求

※資料・送料とも無料

-

●入学案内・願書
※資料・送料とも無料

_

ピックアップ
オープンキャンパス

鯉淵学園農業栄養専門学校

学校見学会

【日程】09/11

鯉淵学園農業栄養専門学校

オープンキャンパス

【日程】08/25

スマホ版日本の学校

  • Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88
  • スマホで鯉淵学園農業栄養専門学校の情報をチェック!