音響芸術専門学校 | 学科・コース詳細(音響監督・ ビジュアルアート制作科) - 学校案内や願書など資料請求[JS日本の学校]
音響監督・ ビジュアルアート制作科

めざすは「演出力」と「技術」で
アニメ・映像の音を彩るクリエイター!

  • ※2022年4月入学者対象のものです。
音響監督・
ビジュアルアート制作科
 
 
音響監督・ ビジュアルアート制作科の特長
学科・コースについて

実写・アニメーションにかかわらず、映像コンテンツ制作の演出を多角的に学びます。作品の分析・研究を通して、幅広い視点と演出力を養うと同時に、撮影や編集・MAといった映像制作技術までを総合的に習得し、クリエイターとしての感性を磨きます。

独自の学習システム

●多くの卒業生が人気ドラマ・映画・アニメの音響制作現場へ
音響・映像技術や音の演出について、基礎からしっかり学び、総合力を身につけられるので、多くの卒業生が名門音響制作会社に採用され、活躍しています。

●「音」と「映像」の技術・知識を基礎から一貫して学ぶ!
音響・映像演出論などの基礎からスタートし、実際の撮影・録音技法の習得、作品制作と、段階的にステップを踏むことで確かな技術・知識を身につけます。

●音響監督を目指すオリジナルカリキュラム
ポップカルチャーの名で世界に発信され、日本の文化として定着しているアニメ作品。その制作過程で『音創り』の指揮をとる音響監督の存在は、憧れの職業として近年広く知られるようになりました。しかし、「音響監督」という職業に就くための決まったルートはありません。現在活躍している音響監督は、“アフレコミキサー/MAエンジニア”“音響効果・選曲スタッフ”“声優/演出家”など、様々な関連職のキャリアを積み、アニメの「音」を知り尽くした上でこの職務に就いています。音芸では、そうした音響監督の方々の築いたキャリアから独自のカリキュラムを展開。演出・映像制作技法・音響技術を多角的に学び、音響監督を目指します!

カリキュラム

●1年次
アニメーションや実写作品の分析、研究、実際の映像作品制作を通じて、音響監督や番組ディレクターに必要な演出力、番組構成力の基礎を養います。また、音響・映像技術の基礎も他学科同様に習得できます。

●2年次
ビデオ作品の企画制作を通じて、制作力・演出力はもちろん、撮影、編集、効果音作成、ナレーション・アフレコ・アテレコ録音、MA(仕上げMIX)といった、現場で求められる制作技能に至るまで実践的に習得します。

 
インタビュー
波多腰 英靖

先生
波多腰 英靖(音響・映像実習科目担当)

学ぶ、遊ぶ、何でも“徹底的に”取り組んでください!

既成概念にとらわれず頭を“やわらかく”使える、そんな姿をめざして学べるよう、授業内容を考え、日々、工夫しています。学ぶときは学ぶ、遊ぶときは遊ぶ、何でも“徹底的に”取り組んでください。

 
学べる学問
  • 音楽
  • 画像・音響工学

 

目指せる職業
  • ディレクター
  • プロデューサー
  • MA(マルチオーディオ)ミキサー
  • 映画監督
  • 音響スタッフ
  • 放送エンジニア
  • 映像編集者
  • 映像制作
  • サウンドクリエイター

資格
  • 無線従事者
  • 映像音響処理技術者
  • 舞台機構調整技能士

音響芸術専門学校の所在地/問い合わせ先

所在地

●音響芸術専門学校

〒105-0003 東京都港区西新橋3-24-10

TEL.03-3434-3866  FAX.03-3433-4448  入学相談室

ホームページ https://www.onkyo.ac.jp
E-mail info@onkyo.ac.jp
ページの先頭へ

音響芸術専門学校の資料や願書をもらおう

  • 資料請求

※資料・送料とも無料

-

●入学案内・願書
※資料・送料とも無料

_

ピックアップ
オープンキャンパス

スマホ版日本の学校

  • Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88
  • スマホで音響芸術専門学校の情報をチェック!