とうほうがくえんえいがせんもんがっこう

東放学園映画専門学校

(専門学校/東京都新宿区)

資料請求

願書請求

オープンキャンパス参加

小説創作科

ライトノベルからミステリー、ラブストーリー。
ジャンルを超えた小説の書きかたを学ぶ。

  • ※2019年4月入学者対象のものです。
小説創作科
この学科・コースの資料をもらう
 
 
小説創作科の特長
カリキュラム

■初心者でも安心して学べるカリキュラム。プロの作家に必要な技術を習得しよう!
読み手に多くの感動を与えられる小説家になるためには、まず読者に伝えたいことを表現できる文章力、リアリティのある描写力、オリジナリティあふれるストーリーを生み出すための創造力が求められます。本科では、基礎的な文章技術や原稿の書きかたはもちろん、ストーリー構成、キャラクター設定、情景描写など、小説家になるために必要なテクニックを一から習得していきます。

独自の学習システム

■東京の大手出版社の編集者や小説家がプロデビューのコツをアドバイス
小説創作科には、ライトノベル作家や編集者から直接アドバイスをしてもらえる授業がたくさんあります。プロットや原稿の添削指導が受けられるだけでなく、各レーベルで現在売れている小説の傾向や新人賞の傾向、選考突破のコツなどプロデビューを見据えた指導が受けられます。

■進化し拡大し続けるアニメ業界で活躍できるアニラジ構成作家を育成
小説やマンガが人気のアニメ作品となり、声優が出演するラジオ番組やイベントが多数開催され、拡大し続けるアニメ業界。小説創作科では、ラジオやイベントの現場で全体の構成を考え、進行を担当するアニラジ構成作家を育成します。

■卒業生のための勉強会を開催
卒業生のための勉強会を毎月開催しています。卒業後は、自分の作品を人に読んでもらえる機会が減ってしまいがち。持ち寄った作品について意見交換を繰り返す中で、よりよい作品に練り上げていくことができます。

■小説家デビューをバックアップ!学内プロットコンペと投稿サイト「ノベル部」
小説創作科では出版社の協力のもと、プロット合評会や原稿添削、学内コンペなども実施しています。投稿・添削サイト「ノベル部」では、作品を公開することで、作家デビューのチャンスを広げています。

講師

■日本初の小説家養成学科。 ライトノベルのプロが直接指導!
欧米の大学で一般的な小説家をめざす学科(ライティングクラス)の方法を専門学校ではじめて採用し、1996年に日本初の小説家養成学科として誕生した小説創作科。基礎的な文章力や描写力はもちろん、ストーリ―構成やキャラクター設定、世界設定など、小説特有のパターンを体得していくとともに、ライトノベルを書くうえで重要なSFやファンタジーの原理までを学んでいきます。
【おもな講師】
小説家・あかほりさとる先生『サクラ大戦』『御用絵師一丸』
文芸評論家・榎本 秋先生/小説家・福原 俊彦先生『露払い 仇討探索方控』『ライトノベル新人賞の獲り方』
小説家・アサウラ先生『ベン・トー』『道-MEN』
ゲームデザイナー・小説家・小林 正親先生『小さな勇者のRPG ウタカゼ』『うたの魔法と小さな剣のRPG ウタカゼ・メルヒェン』
小説家・榎木 洋子先生『龍と魔法使い』
ライター・斎藤 ゆうすけ先生『南風だいありー』

卒業生の活躍状況

■小説家・ライトノベル作家・マンガ原作者として活躍中!
駒尾 真子さん『BLAZBLUE-ブレイブルー-スパイラルシフト 氷刃の英雄』(富士見書房単行本)、南々井 梢さん『僕らは楽園で結ばれる』(花とゆめコミックス)、緑川 愛彩さん『世界樹の王冠 -四人の王位継承者-』(ビーズログ文庫)、棚架 ユウさん『転生したら剣でした』(GCノベルス)、和泉 実希さん『少女時計師の奇跡的な時計線』(ネオスブックス ブロッサムサイド)、菅沼 友加里さん『大奥女中は見た 江戸城の虜囚』(ネオスブックス ブロッサムサイド)、佐藤 了さん『異端の神言遣い 俺たちはパワーワードで異世界を革命する』(ファミ通文庫)、根岸 和哉さん『英知学園のアンダーハート ミスとデートで大暴走』(富士見ファンタジア文庫)、立座 翔大さん『勇者だった俺は幼なじみの執事になりました。』ほか(1998~2013年度卒業生)

 
インタビュー
駒尾 真子さん

卒業生 駒尾 真子さん(小説家/2002年度卒)

講師の先生に弟子入り志願。デビューへのチャンスをつかんだ!

あかほりさとる先生の授業があったんですが、そこで弟子入り志願したんです。自分の思い描くライトノベルの世界に一番近いのは、あかほり先生だと思ったし、あらためて弟子募集の窓口を探すくらいなら、ここで直訴しちゃおうと(笑)。プロをめざすなら書いて終わりじゃなくて、めげずにアクションを続けることが大切。たとえば、東放学園の特別講座などで知り合った業界の人に自分の作品を売り込んでみるとか、あの手この手でチャレンジしてください。

飯塚 奏音さん

在校生 飯塚 奏音さん(小説創作科1年)

いろいろな趣味を創作活動に活かしています!

高校時代、小説の投稿サイトで作品を発表していたことをキッカケに、本格的に勉強をしてみようと入学。授業では、小説家に必要なテクニックはもちろん、先生方の深い知識に触れ、創作への意欲が日に日に高まっています。大好きな読書やサバゲー、ゲーム、イラストなどの趣味も充実。いろいろな経験を創作活動に活かしています!

 
目指せる職業
  • 小説家
  • ライトノベル作家
  • 絵本作家
  • 童話作家
  • まんが原作者
  • ファッション雑誌記者・編集者
  • ルポライター
  • 校正者
  • DTPオペレーター
  • スポーツ雑誌記者・編集者
  • ゲームシナリオライター

東放学園映画専門学校の所在地/問い合わせ先

所在地
〒160-0023 東京都新宿区西新宿5-25-8

TEL.0120-343-261  (入学相談室) 

ホームページ http://www.tohogakuen.ac.jp
ページの先頭へ

東放学園映画専門学校の資料や願書をもらおう

  • 資料請求
  • 願書請求

※資料・送料とも無料

-

●入学案内・願書
※資料・送料とも無料

_

スマホ版日本の学校

  • Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88
  • スマホで東放学園映画専門学校の情報をチェック!