とうきょういりょう

東京医療専門学校

(専門学校/東京)

資料請求

願書請求

鍼灸科

専門の学びを深めスペシャリストを育成します

  • ※2019年4月入学者対象のものです。
鍼灸科
この学科・コースの資料をもらう
 
鍼灸科のコース・専攻一覧
I部
夜間特修コース
 
鍼灸科の特長
学費について

■各種制度
在校生には以下の制度・特典があります。
●基礎科目履修免除制度
4年制大学・短期大学もしくは医療関係職種養成校を卒業(卒業見込)の方は、本校が設定している単位を本校入学以前の学校で取得したとして、履修免除を受けることができ、出席も免除されます(審査があります)

●特待生制度
前年度の学業成績および学術研究等の評価を鑑み、特に優秀で他の在校生の模範となる学生を特待生として、進級年度の授業料の一部を免除する制度です。

●同時に2つの学科に入学される方への入学金特典
同時に2つの学科に入学した場合は、1つの学科の入学金、授業料の一部および校友会費を免除します。

●学内進学奨学制度
在学中に本校および本学園の他の学科入学した場合は、入学金・授業料等の減免特典があります。

●校友会推薦制度
東京医療専門学校の卒業生(校友会会員)より推薦され、鍼灸科・柔道整復科のいずれかに入学した方を対象として、学業・学術研究を奨励し、優秀かつ社会・校友会に貢献する人物を輩出することを目的として、入学金の一部を入学後に付与する制度です。

●専門実践教育訓練給付金制度
鍼灸科の夜間特修コースは専門実践教育訓練の教育訓練給付制度の支給対象となる学科として、厚生労働大臣の指定を受けました。
本制度の支給対象となっている方が、平成30年4月に対象学科に入学された場合には、卒業までの3年間で120万円(40万円×3年)が支給されます。また、専門実践教育訓練受講終了後、目標資格を取得し、かつ1年以内に雇用保険の被保険者となった場合には、48万円(16万円×3年)が追加支給されるため、総額で168万円の給付を受けられるようになります。

学べる内容

■中国に源を発し、二千数百年の伝統を誇る“鍼灸”
身体にある経穴(ツボ)に刺激を加えることで免疫力や自然治癒力を高め、痛みやさまざまな症状の改善に効果があります。 その治療効果は、世界中で認められる伝統医学となり、更なる研究が進み、日々、進歩しています。
「押す・揉む・さする」などの手技を用いて患者の症状の緩和を図る“あん摩マッサージ指圧”。様々な手技で筋肉の緊張を緩和させたり、内臓機能の調整を行うなどの効果があり、血液の循環やリンパの流れを整えることができます。

■鍼灸科
本校では、実技授業をバランスよく配分し、基礎技術から応用技術まで身につけるとともに、医療現場で必要な確かな知識を学んでいただき、鍼灸のスペシャリストとしてして活躍できる土台を築く教育に力を入れています。
鍼灸は、腰痛や肩こりだけでなく、慢性的な痛みやさまざまな不定愁訴、月経不順などの婦人科系疾患など幅広い症状や疾患の治療に効果があるだけでなく、健康維持増進の効果にも期待が膨らんでいます。 WHO(世界保健機関)でも鍼灸治療が有効とされる多くの疾患が認められるとともに、世界中の医療機関や研究機関でも研究が進められています。 また、スポーツ選手のコンディショニングや美容、高齢者医療の分野においてもこれまで以上に期待が高まっています。
この科では、鍼灸のスペシャリストとして、幅広い分野で活躍できる技術と知識を学びます。

卒業後、就職について

■鍼灸科 就職と進路
鍼灸師(はり師・きゅう師)は、地域医療を担う治療院や病院・クリニックなどの医療機関の他、美容分野、スポーツトレーナー、介護・福祉施設など幅広い分野で活躍できるフィールドがあります。
そして、独立開業。独立開業までの道のりは簡単ではありませんが、自分の知識と技術を活かして社会に貢献できる治療院を開業できることも大きな魅力です。

■活躍できるフィールド
●治療院(鍼灸院・鍼灸接骨院など)
●医療機関(病院・クリニックなど)
●スポーツ分野
●独立開業

《その他にも様々な形で社会に貢献できる仕事です》
上記以外にも、鍼灸師(はり師・きゅう師)は、介護・福祉分野や訪問治療という形で活躍することもできます。
また、自分自身の治療の幅を広げるために、「柔道整復師」の資格も取得し、活躍されている卒業生もいます。

カリキュラム

■臨床教育

●実技実習
1.基本技術、基本知識を高める重要な実技授業は、指導教員2名によるきめ細やかな指導体制。
2.鍼・灸・あん摩マッサージ指圧をバランスよく学ぶ時間割構成
●臨床実習(ベッドサイド実習)
1.1年次より附属施術所にて行われる臨床実習で臨床スキルを高める教育システム
●臨床実習の流れ
<1年次>
治療体験と上級生の実習見学を通じ、実際の鍼灸臨床現場でのイメージをつかみ、また学ぶことの目的意識を高めます。
<2年次>
基礎知識・技術の習得後に少人数班での医療面接・徒手検査法による的確な病体把握の習得を目指します。
<3年次>
鍼灸臨床における医療面接から治療までの一連の流れをマスターします(継続的な患者の観察を行い、問診・カルテ作成・治療方針立案・施術・経過観察まで行います)。

■臨床実習セミナー ※オプション
中医学・テーピング講座・手技療法(コア・コンディショニング、操体法など)をはじめ、実習授業・臨床実習にてカバーできない範囲の臨床実技セミナーを受講することで、卒業後に治療現場で活かせる技術を学びます。

施設設備

■四谷本部校舎と代々木校舎

本校は、四谷本部校舎と代々木校舎の2つの校舎からなります。
いずれも駅から徒歩5分以内という好立地。仕事やアルバイトとの両立をはかりながら資格取得を目指せます。
各校舎の設置学科は下記の通りとなります。
◎四谷本部校舎
鍼灸マッサージ科
鍼灸科
◎代々木校舎
柔道整復科
鍼灸マッサージ教育養成科

独自の学習システム

■鍼灸科の特長
医療、美容、スポーツ分野など幅広い分野で活躍できる基本的臨床能力を身につけます。
1.一体化された臨床教育プログラム
2.基礎固めから応用へ――確かな鍼灸臨床教育
3.国家試験対策と基本的臨床能力の修得

■鍼灸科のカリキュラム
本校では、1年次より段階的な臨床教育プログラムを受ける環境を整えています。
実技授業と附属施術所で実施される臨床実習を合わせた臨床教育プログラムにより、確かな治療技術を身につけることができます。
また、講義では国家試験の合格だけでなく、医療現場で必要となる知識を学ぶことができ、卒業後に様々な分野で活躍できる土台を築きます。

その他の特色

■鍼灸科 ピックアップ授業
基礎医学(解剖学や生理学など)と伝統的な東洋医学の理論を活かし、臨床現場で活かせる技術をマスターすることに力を入れたカリキュラム。
1年次から実施される臨床実習と合わせて、様々な症状への対応力を身につけていく授業です。

1.『臨床実習(ベッドサイド実習)』
1年次から附属施術所で実施される「臨床実習」。
講義で学んだ知識、実技授業で身につけた技術を一体化させ確かな臨床スキルを身につけていくことができます。
3年間で鍼灸臨床における医療面接から治療までの一連の流れを段階的にマスターしていくことで医療機関や治療院など様々な分野で活躍できる土台を築きます。

《臨床実習の流れ》
●1年次:体験・見学実習
治療体験と上級生の実習見学を通じ、実際の治療現場のイメージをつかむとともに、コミュニケーション学としての患者への接し方を学びます 。

●2年次:ベッドサイド実習1
一般の患者に対しての医療面接から検査法の実施、病態把握(診断)、治療方針の立案そしてカルテの作成までを学びます 。

●3年次:ベッドサイド実習2
医療面接から治療・評価までの一連のプロセスをマスターするとともに、同じ患者の方を担当することで治療の経過観察も行っていきます。

2.『はり・きゅう実技』
東洋医学の中心となる「鍼と灸」。
鍼灸科では、入学後すぐに、集中的な実技授業を実施することで鍼灸技術の基礎を確実にマスターしていきます。また、主要な実技授業は、教員が2名で担当。きめ細かな指導を実施しています。
鍼灸臨床の現場で多く診られる肩こりや腰痛。当校では、こうした肩や頚、腰、膝の痛みに対する鍼灸治療の技術を確実に身につけていくことで、将来、医療機関や治療院など幅広い分野で活かせる症状に対応できるスキルを身につけます。 もちろんスポーツや美容など特化した技術についても幅広く対応できる技術を学ぶ機会も用意しています。

3.『臨床鍼灸実技講座(特別セミナー)』
本校では、通常授業以外にも臨床技術を高めるセミナーを開催しております。
「臨床鍼灸実技講座」は、鍼灸科3年生を対象にしたセミナーです。
低周波鍼通電(筋パルス)を利用し、主な筋肉の正確な位置と作用を確認します。身体の構造を理解することは鍼灸臨床を行う上で重要な要素です。また、鍼灸の臨床で非常に重要な体表観察の知識と触診の技術を身につけていくことができる講座となっています。
※『臨床実技講座』の内容は、年度により変更になる場合があります。

 
インタビュー
渡邉 茂隆先生

先生 渡邉 茂隆先生(鍼灸科・鍼灸マッサージ科教員/附属施術所 責任者)

附属施術所における臨床教育について

附属施術所をリニューアルして、カンファレンスルームを新設しました。これにより月間延べ300~400人の患者さまの治療に対応でき、臨床実習の協力患者をより多く確保することが可能になりました。臨床教育には、授業で学んできた知識や技術を再確認し、施術者としての責任を体感するなど、はかりしれない教育効果があります。在学中から緊張感のある臨床現場を体感し、卒業後すぐに活躍できる医療人を育てることが目標です。

渡辺 綾子さん

卒業生 渡辺 綾子さん(鍼灸科 I部 2016年卒業)

一つひとつの学びがつながり、ますますモチベーションが高まります

リラクゼーションサロンでセラピストの仕事をしていた5年間、医学的な知識を基礎から学びたい、自分のキャリアを切り拓く治療技術を身につけたいと模索し続けた結果、この学校で鍼灸のプロフェッショナルになるという答えにたどり着きました。東洋と西洋の両医学からアプローチする授業は本当に専門的で、知識や技術も体系的に結びつけて理解することができ、ますます将来への自分のモチベーションが高まっているのが感じられます。

高崎 安希子さん

卒業生 高崎 安希子さん(鍼灸科 I部 2016年卒業)

臨場感ある附属施術所での実習は、医療人の心と技が磨かれます

私が学ぶ鍼灸科は臨床的な学びを重視していて、1年次から臨床実習があります。そして2年次からの実習では、附属施術所のベッドサイドで実践的に学んでいきます。鍼灸という伝統医療の体得は容易ではありませんが、先生方は専門的な知識や技術をどう教えたら身につくかを、学生の目線で考えて指導してくださいます。第一線の医療人として活躍する先生方から学ぶうちに「人のために何かがしたい」という気持ちが高まります。

 
目指せる職業
  • はり師
  • きゅう師

資格
  • はり・きゅう師

東京医療専門学校の所在地/問い合わせ先

全ての所在地/問い合わせ先を見る

所在地

●四谷本部校舎(入試事務局・鍼灸マッサージ科・鍼灸科)

〒160-0008 東京都新宿区三栄町3番地

TEL.03-3341-4043 

ホームページ http://www.kuretake.ac.jp/t_therapeutic/
ページの先頭へ

東京医療専門学校の資料や願書をもらおう

  • 資料請求
  • 願書請求

※資料・送料とも無料

-

●入学案内・願書
※資料・送料とも無料

_

スマホ版日本の学校

  • Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88
  • スマホで東京医療専門学校の情報をチェック!