とうきょういりょう

東京医療専門学校

(専門学校/東京)

資料請求

願書請求

柔道整復科

現場対応力のある柔道整復師を育成します

  • ※2019年4月入学者対象のものです。
柔道整復科
この学科・コースの資料をもらう
 
柔道整復科のコース・専攻一覧
I部
夜間特修コース
 
柔道整復科の特長
学費について

■各種制度
在校生には以下の制度・特典があります。
●基礎科目履修免除制度
4年制大学・短期大学もしくは医療関係職種養成校を卒業(卒業見込)の方は、本校が設定している単位を本校入学以前の学校で取得したとして、履修免除を受けることができ、出席も免除されます(審査があります)

●特待生制度
前年度の学業成績および学術研究等の評価を鑑み、特に優秀で他の在校生の模範となる学生を特待生として、進級年度の授業料の一部を免除する制度です。

●同時に2つの学科に入学される方への入学金特典
同時に2つの学科に入学した場合は、1つの学科の入学金、授業料の一部および校友会費を免除します。

●学内進学奨学制度
在学中に本校および本学園の他の学科入学した場合は、入学金・授業料等の減免特典があります。

●校友会推薦制度
東京医療専門学校の卒業生(校友会会員)より推薦され、鍼灸科・柔道整復科のいずれかに入学した方を対象として、学業・学術研究を奨励し、優秀かつ社会・校友会に貢献する人物を輩出することを目的として、入学金の一部を入学後に付与する制度です。

●有資格者特待生制度(柔道整復科 夜間特修コースのみ)
東京医療専門学校では、医療関係職種の免許を1つ以上有し、将来、優れた「柔道整復師」を目指される方向けに学費の優遇制度を行っています。

学べる内容

■日本古来より脈々と受け継がれる「柔道整復術」
現代医学の知識を取り込みながら発展を続け、現在の「柔道整復術」へと発展してきました。
外傷(骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷)による骨や筋肉・靭帯を含めた運動器の損傷について学んでいきます。
当校では、第一線で活躍する医師を中心とした講師陣から現代医学を、そして臨床経験が豊富な実技指導講師から整復術や固定法などの技術を学ぶことができます。医療・スポーツ・介護など幅広い分野でスペシャリストとして活躍できる土台を築くカリキュラムを用意しています。

■柔道整復科
身体の基本的な構造として機能する骨・筋・関節などに生じる骨折、脱臼、捻挫などの外傷(ケガ)への施術理論を学びます。医療系の講義は第一線で活躍されている医師により行われ、実技授業では開業や臨床経験が豊富な講師による指導が受けられます。いずれも積み重ねられた豊かな経験と教科書には載っていない現場での貴重な情報に接することができる授業です。

卒業後、就職について

■柔道整復科 就職と進路
柔道整復師は、地域医療を担う治療院や病院・整形外科の他、スポーツトレーナー、介護・福祉施設など幅広い分野で活躍できるフィールドがあります。
そして、独立開業。独立開業までの道のりは簡単ではありませんが、自分の知識と技術を活かして社会に貢献できる治療院を開業できることも大きな魅力です。

■活躍できるフィールド
●治療院(接骨院・整骨院など)
●医療機関(病院・クリニックなど)
●スポーツ分野
●独立開業
《その他にも様々な形で社会に貢献できる仕事です》
上記以外にも介護福祉施設での「機能訓練指導員」として、高齢者に対する転倒予防や筋力強化の指導を行うことができます。
また、自分自身の治療の幅を広げるために、「鍼灸師(はり師・きゅう師)」や「あん摩マッサージ指圧師」の資格を取得し、活躍されている卒業生もいます。

カリキュラム

本校では、1年次より段階的な学習プログラムを用意しています。
基礎から応用へ、確実にステップアップが図れるカリキュラムです。
<1年次>
基礎医学の学習を通じて人体の構造や機能を学びます。
<2年次>
柔道整復師にとって必要となる医療全般の知識を身につけます。
<3年次>
2年間で学んだ知識と技術の臨床的な応用について学ぶとともに、国家試験に向けた準備と対策を行います。

国家試験の合格だけでなく、臨床現場で必要な知識を学ぶことで基本的臨床能力を身につけ、卒業後に接骨院や病院、スポーツ、福祉など様々な分野で活躍できる現場対応力を築きます。

施設設備

■四谷本部校舎と代々木校舎
本校は、四谷本部校舎と代々木校舎の2つの校舎からなります。
いずれも駅から徒歩5分以内という好立地。仕事やアルバイトとの両立をはかりながら資格取得を目指せます。
各校舎の設置学科は下記の通りとなります。
◎四谷本部校舎
鍼灸マッサージ科
鍼灸科
◎代々木校舎
柔道整復科
鍼灸マッサージ教育養成科

独自の学習システム

■柔道整復科の特長
解剖学や運動学という基礎医学の知識と柔道整復理論を統合した授業で、体系的な知識を身につける。
1.システム化されたカリキュラム
2.最短コースでの国家試験合格への道
3.充実した学習支援

■柔道整復科のカリキュラム
本校では、1年次より段階的な学習プログラムを用意しています。
基礎から応用へ、確実にステップアップが図れるカリキュラムです。
【1年次】
基礎医学の学習を通じて人体の構造や機能を学びます。
【2年次】
柔道整復師にとって必要となる医療全般の知識を身につけます。
【3年次】
2年間で学んだ知識と技術の臨床的な応用について学ぶとともに、国家試験に向けた準備と対策を行います。

国家試験の合格だけでなく、臨床現場で必要な知識を学ぶことで基本的臨床能力を身につけ、卒業後に接骨院や病院、スポーツ、福祉など様々な分野で活躍できる現場対応力を築きます。

その他の特色

■柔道整復科 ピックアップ授業
基礎医学(解剖学や生理学など)と柔道整復理論の知識を統合し、臨床的な視点で外傷のメカニズムを学んでいく授業。学科と実技を通じて将来につながる基本的臨床能力を身につける授業となっています。

1.『柔整運動器』
柔道整復師が業とする骨折・脱臼・捻挫などの外傷(ケガ)を学ぶにあたって骨格・筋肉・関節からなる運動器の仕組みを理解することが重要です。外傷(ケガ)の治療には、正常な運動器の構造と機能を知ることが必要です。
本校では、運動器を理解するために必要な解剖学、運動学、そして柔道整復理論を横断的に学ぶことができる「柔整運動器」というオリジナルのカリキュラムを用意しています。

2.『柔道整復実技』
本校では、開業や臨床経験の豊富な実技講師が柔道整復実技の授業を担当しています。柔道整復術で重要な「整復法」や「固定法」などの基礎を学ぶことで、将来に応用できる基本的臨床能力を高めていくことができます。
例えば、包帯やテーピングは1巻き1巻きの意義が重要となり、様々な部位を固定できる技術が必要となります。当校ではそうした基礎技術をマスターすることに重点をおいています。

3.『柔道実技』
柔道整復術の起源としての柔道(柔術)。柔道整復科では、柔道の実技授業が必修となっています。この授業では、礼法から始まり、柔道の基本的な技術を学ぶことを通じて医療人としての「心と体」の重要性を学びます。
本校では、柔道未経験の方が多いので、基礎を重点的に行っていますので、スポーツに自信が無い方でも安心して受けていただくことができます。

 
インタビュー
早川 幸秀先生

先生 早川 幸秀先生(柔道整復科 科長補佐)

国試合格の先にある医療の現場を見据え、正しい臨床力と医療人の心を育みます

柔道整復科では、国家試験合格を第一の目標にしながら、医療の現場ですぐに使える正しい臨床知識・医療技術の修得を重視しています。また患者の方と向き合い、一緒に完治を目指していくには、子供からお年寄りまで様々な人との信頼関係を育み、心のケアまで行っていける豊かな人間性が不可欠です。私たち教員は知識や技術だけでなく、コミュニケーションのとり方や医療人としての意識や心も伝えていきたいと考えています。

黒須 まなりさん

卒業生 黒須 まなりさん(柔道整復科 I部 2011年卒業)

治療家としてだけではなく、一人の人間として成長させていただきました

現在は、患者の方への問診から治療までを行い、毎日が楽しくとても充実しています。女性らしい視点をもった接し方を心がけ、「楽になった」、「ありがとう」の一言を聞くたび、この仕事に就いて本当に良かったと思います。東京医療専門学校では、知識や技術はもちろんですが、社会人として、また一人の人間として必要な考え方や心構えを教えていただき、自分の原点にもなっています。これから伝統医学の道を目指す方には、「最後までやり遂げる強い気持ち持ち続けてください」というエールを送りたいと思います。

桑原 雄馬さん

卒業生 桑原 雄馬さん(柔道整復科I部 2016年卒業)

国家試験を睨んだ体系的な学びで、着実に実力を高めていけます

「社会にどう貢献するか」を考えてきた自分を柔道整復師の道に導いてくれたのは、東京医療OBの治療院の院長でした。スタッフにも在校生の方がいて、入学後は僕自身もアルバイトをさせていただきました。先輩達から聞いていたとおり、授業は臨床的な知識と実技を重視しながらハイペースで進みます。でも、1年次は包帯などの基礎力、2年次は専門領域、3年次は全てを学び直して国家試験に臨むカリキュラムにより着実に実力を養えます。

 
目指せる職業
  • 柔道整復師

資格
  • 柔道整復師

東京医療専門学校の所在地/問い合わせ先

全ての所在地/問い合わせ先を見る

所在地

●四谷本部校舎(入試事務局・鍼灸マッサージ科・鍼灸科)

〒160-0008 東京都新宿区三栄町3番地

TEL.03-3341-4043 

ホームページ http://www.kuretake.ac.jp/t_therapeutic/
ページの先頭へ

東京医療専門学校の資料や願書をもらおう

  • 資料請求
  • 願書請求

※資料・送料とも無料

-

●入学案内・願書
※資料・送料とも無料

_

スマホ版日本の学校

  • Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88
  • スマホで東京医療専門学校の情報をチェック!