【専門学校】東京のレポーターを目指せる学校特集 オススメ12校|JS日本の学校

レポーター/東京/専門学校検索結果一覧

12
見つかりました。

エリア

職業

初年度納入金

レポーターとは

現場に出向き、瞬時に正確に出来事を伝える
さまざまな出来事を取材し、それをテレビやラジオを通じて視聴者に伝える仕事です。芸能やスポーツ、政治、旅行番組など活躍できるジャンルは多く、求められる人材も異なってきます。アナウンサーやタレントがレポーターを務めるケースも多く、ニュース番組では主にテレビ局の報道部に所属する記者がレポートを行います。将来は、テレビ局やラジオ局などに就職するのが一般的です。……

▶学校情報を見る

」前に一括でパンフをもらうこともできます

レポーター/ 東京/ 専門学校

気になる学校にチェックを入れて、「チェックした学校のパンフをもらおう♪」ボタンを押してください。

資料請求

update …最近情報が更新または追加された学校

1~12件を表示しています。(全12件)

表示されている学校にチェックをつける

  • 1

声優、俳優、タレント、歌手…芸能界で活躍できるキャストを育成

専門学校東京アナウンス学院1 専門学校東京アナウンス学院2 専門学校東京アナウンス学院3 専門学校東京アナウンス学院4

音楽&エンターテイメント業界で「好きなこと」を仕事にしよう!

東京スクールオブミュージック&ダンス専門学校1 東京スクールオブミュージック&ダンス専門学校2 東京スクールオブミュージック&ダンス専門学校3 東京スクールオブミュージック&ダンス専門学校4

6カレッジ34学科設置。東京ドーム8個分の未来型キャンパスで学ぶ

日本工学院八王子専門学校1 日本工学院八王子専門学校2 日本工学院八王子専門学校3 日本工学院八王子専門学校4

5カレッジ22学科設置。蒲田駅から2分の都市型キャンパスで学べる

日本工学院専門学校1 日本工学院専門学校2 日本工学院専門学校3 日本工学院専門学校4

音楽・エンタメ業界を目指す人のための「音楽を仕事にする学校」

尚美ミュージックカレッジ専門学校1 尚美ミュージックカレッジ専門学校2 尚美ミュージックカレッジ専門学校3 尚美ミュージックカレッジ専門学校4

豊かな創造力で夢と感動を!TSM渋谷で好きな事を仕事にしよう!

東京スクールオブミュージック専門学校渋谷1 東京スクールオブミュージック専門学校渋谷2 東京スクールオブミュージック専門学校渋谷3 東京スクールオブミュージック専門学校渋谷4

充実の卒業生実績!少人数制でプロデビューをサポート!

東京アニメーションカレッジ専門学校1 東京アニメーションカレッジ専門学校2 東京アニメーションカレッジ専門学校3 東京アニメーションカレッジ専門学校4

表示されている学校にチェックをつける

気になる学校にチェックを入れて、「チェックした学校のパンフをもらおう♪」ボタンを押してください。

資料請求
  • 1

レポーター

レポーターを目指せる専門学校を探す。学費やオープンキャンパス・入試の詳細情報、学部学科・コースの内容など、学校独自の特徴から進学先を比較検討できます。資料(パンフレット)や願書の請求、オープンキャンパスへの予約も可能です。また「レポーターなるには?」などの職業紹介記事では、仕事の詳しい内容や、先輩が感じるやりがいなどを紹介したインタビューも紹介。日本の学校を利用して、あなたにピッタリの専門学校を探してみましょう。

 ジャーナリストとは、新聞記者や雑誌の編集者、放送記者やテレビのニュースキャスターなど、報道にかかわる仕事をしている人たちのことです。ニュースの本質を見ぬき、新聞や雑誌、テレビなどをとおして、真実を人々に伝える仕事をしています。
 ジャーナリストには、新聞社やテレビ局などのマスコミに所属する人と、フリーランスとして活動する人の2つのタイプがあります。いずれも、普段テレビで見ているニュースの現場などに身を置いて取材をします。強い信念と問題意識を持って、世の中に一石を投じることのできる、大きなやりがいのある職業だと言えるでしょう。
 ジャーナリストになるには、自分の得意分野をつくっておくことが、特に大切です。また、いろいろな経験を積み、物事の本質を見ぬく目を養っておくことも大事なことです。

ジャーナリストにインタビュー
 わたしは、月刊誌や週刊誌などに、おもに環境問題についての原稿を書いています。現在はとくに、ごみの問題に力を入れて取り組んでいます。たとえば、今、悪質な業者による産業廃棄物の不法投棄が重大な問題になっていますが、そのような業者にも、取材をしに行きます。もちろん、そんな業者の人は、かんたんには取材に応じてくれません。ときには、刑事のように張りこみや尾行をして、関係者に話を聞いたり、不法投棄の現場をつきとめたりすることもあります。わたしたちは、小説家とちがって、想像でものを書くわけにはいきません。取材で確認した事実だけを発表することが、ジャーナリストの使命です。ですから、できるかぎりていねいに、ねばり強く取材をすることが、いちばん大事です。