【専門学校】福井のスポーツ雑誌記者・編集者を目指せる学校特集 オススメ0校|JS日本の学校

スポーツ雑誌記者・編集者/福井/専門学校検索結果一覧

0
見つかりました。

エリア

職業

初年度納入金

スポーツ雑誌記者・編集者とは

スポーツの魅力を誌面を通して読者に伝える
スポーツの数だけ、そのスポーツに特化した専門誌があるといっても過言ではないでしょう。また、さまざまなジャンルのスポーツを扱いながら、毎号特集記事ではひとつのスポーツを取り上げるなど、媒体によって表現方法はさまざまです。スポーツ雑誌記者は、野球やサッカー、格闘技など特定のジャンルに密着して取材および原稿執筆を行うことが多くなります。業界の動向を常に把握してお………
この条件に該当する学校が見つかりません。

スポーツ雑誌記者・編集者

スポーツ雑誌記者・編集者を目指せる専門学校を探す。学費やオープンキャンパス・入試の詳細情報、学部学科・コースの内容など、学校独自の特徴から進学先を比較検討できます。資料(パンフレット)や願書の請求、オープンキャンパスへの予約も可能です。また「スポーツ雑誌記者・編集者なるには?」などの職業紹介記事では、仕事の詳しい内容や、先輩が感じるやりがいなどを紹介したインタビューも紹介。日本の学校を利用して、あなたにピッタリの専門学校を探してみましょう。

スポーツショップスタッフにインタビュー
事情があって、家庭で育つスポーツをすることが大好きで、今はトライアスロンをやっています。人と話すことが好きだし、自分でも明るい性格だと思うので、お客さんに接する仕事を選びました。
 父親に連れられて初めてグローブを買いに来た男の子のうれしそうな顔。フィギュアスケート用のスケートくつを買いに来て、店には置いてなくて取り寄せになると言われ泣きそうになった女の子。この時は、わたしが特別にメーカーまで取りに行き、翌日にわたすことができました。あの女の子のえがおが忘れられません。スポーツ好きの人の役に立てる仕事で、やりがいを感じています。
 きちんとした言葉づかいや礼儀正しさ、明るいえがおなどはあたりまえで、お客さんのどんな要求にもこたえられる接客力が必要な仕事ですが、接客のプロを目ざしてかんばります。将来は自分の店を持ち、トライアスロン仲間の情報ステーションにするのがわたしの夢なのです。

スポーツインストラクターにインタビュー
会員制のスポーツクラブでスポーツインストラクターをしています。この仕事を始めて2年です。会員に水泳やジムでの筋力トレーニングを指導しています。
 水泳では子ども会員から高齢者クラスまでの指導なので、気持ちの切りかえが大事です。以前うっかり、お年寄りのクラスで子ども用の練習メニューを使ってしまい、「今日のメニュー、変よ」と言われてしまいました。そんなこともありますが、仕事が休みの日でも、この人は足を集中的にトレーニングしようとか、この人は当面、今のメニューでいいなどと、頭の中はいつも仕事のことでいっぱいなのですよ。
 スポーツインストラクターとして、自分のトレーニングも欠かせません。わたしは、子どもの時から水泳をしているので、自分でメニューを作って水泳のトレーニングをします。その他にジムのマシンで筋肉をつけ、柔軟性を保つヨガなどもしっかり行います。今後は、体のメカニズムの研究や医学的な知識を身につけたいと思っています。