【専門学校】青森の樹木医を目指せる学校特集 オススメ0校|JS日本の学校

樹木医/青森/専門学校検索結果一覧

0
見つかりました。

エリア

職業

初年度納入金

樹木医とは

木を診断し、治療する樹木のドクター
巨木や古木の保存や緑化のために1991年に創設された樹木医は、樹木の診断や治療、後継樹の保護育成や樹木保護に関する知識の普及・指導を行う専門家です。近年高まり続けている環境問題や自然保護などへの関心から、潜在的なニーズは高いといわれています。 樹木医になるには、一般財団法人日本緑化センターが行う樹木医資格審査に合格し「樹木医」の称号を得て、同センターに登録………
この条件に該当する学校が見つかりません。

樹木医

樹木医を目指せる専門学校を探す。学費やオープンキャンパス・入試の詳細情報、学部学科・コースの内容など、学校独自の特徴から進学先を比較検討できます。資料(パンフレット)や願書の請求、オープンキャンパスへの予約も可能です。また「樹木医なるには?」などの職業紹介記事では、仕事の詳しい内容や、先輩が感じるやりがいなどを紹介したインタビューも紹介。日本の学校を利用して、あなたにピッタリの専門学校を探してみましょう。

森林インストラクターにインタビュー
 森林インストラクターの仕事では、子どもたちのキャンプや、小・中学校の「総合的な学習の時間」の野外活動などのお手伝いをすることがよくあります。森の中を歩きながら、木や草や鳥の名前を教えると、子どもたちは、とても熱心に聞いてくれますし、質問ぜめにあうこともしょっちゅうです。魚つりをしたり、きのこを採ったりして食べることもあります。そんな時は、子どもたちは夢中です。でも、危険な行動はしないように、きちんと教えます。森の自然の中にいると、子どもたちの目が、だんだん生き生きとかがやいてくるのがわかります。それを見ていると、この仕事をしていてよかったと思います。森林は、今、大きな問題になっている地球温暖化や、生態系などの環境の問題と、大きくかかわっています。子どもたちにそういうことを知ってもらうのも、わたしたちの仕事です。