【専門学校】秋田の製菓衛生師を目指せる学校特集 オススメ0校|JS日本の学校

製菓衛生師/秋田/専門学校検索結果一覧

0
見つかりました。

エリア

職業

初年度納入金

製菓衛生師とは

食品科学の専門知識を有し、安心なお菓子を提供する
公衆衛生向上の推進役として注目されているのが厚生労働大臣認可の資格である製菓衛生師です。菓子製造の流れの中で食品添加物の使われ方などをチェックし、一般消費者に対して安全で高品質なお菓子を提供するのが仕事です。 合成着色料や合成保存料など食品添加物の人体への影響が懸念される現代。しかも食品科学の進歩は速く、新しい食品添加物が次々と登場し、ますます複雑化してい………
この条件に該当する学校が見つかりません。

製菓衛生師

製菓衛生師を目指せる専門学校を探す。学費やオープンキャンパス・入試の詳細情報、学部学科・コースの内容など、学校独自の特徴から進学先を比較検討できます。資料(パンフレット)や願書の請求、オープンキャンパスへの予約も可能です。また「製菓衛生師なるには?」などの職業紹介記事では、仕事の詳しい内容や、先輩が感じるやりがいなどを紹介したインタビューも紹介。日本の学校を利用して、あなたにピッタリの専門学校を探してみましょう。

製菓衛生師にインタビュー
子どもの時からお菓子作りが好きでした。絶対お菓子やさんになろうと思っていました。 
 製菓専門学校で勉強し、希望どおり菓子製造会社に就職できました。4年前に、製菓衛生師の資格を取りました。今は、洋菓子部門のサブチーフです。ケーキが好きといっても、仕事となるといろいろ大変です。新作ケーキの上にきれいな色のゼリーをかざりたいのですが、許可されている着色料の中には、気に入ったものがない。どんなに使いたい色があっても、許可されていなければだめです。いろいろ試してから、結局、天然のフルーツを使うことになったのですが、新作ケーキの特長があまりなくなってしまいました。まだまだ研究が足りません。近ごろ、子どもだけでなく、大人にもアトピーの人が増えてきました。アレルギーやアトピーの人が食べても影響のない、おいしいケーキ作りに取り組んでいるところです。失敗ばかりですが、ここが製菓衛生師のうでの見せどころ。必ず完成させますから、楽しみにしていてください。

製パン・製菓技術者にインタビュー
わたしはフランス料理のシェフになりたくて、調理師専門学校を出てからフランス料理店に就職しました。その店では、店に出すパンを毎日焼いていました。パン作りの現場にふれているうちに、本格的にパン作りをやりたくなって、パン専門店に移って修行を始めたのです。10年修行して、お金をためて自分の店を持ちました。パンは生き物です。同じ材料を同じように配合しても、いつも同じパンができるわけではないのです。日本は、気候の変化が激しく、それに応じて使う水の量などを細かく調節するので、その日の天気予報は必ずチェックします。天気によって売上げも変わるので、作る量もしっかりと計算します。店の経営のために、売れ残りが出ないように作る数をコントロールするのが、パン作りより大変です。10時開店に合わせて、4時にはパン作りにかかります。朝の早い仕事ですが、好きなパンを毎日作ることができて幸せです。