【専門学校】山形の福祉住環境コーディネーターを目指せる学校特集 オススメ0校|JS日本の学校

福祉住環境コーディネーター/山形/専門学校検索結果一覧

0
見つかりました。

エリア

職業

初年度納入金

福祉住環境コーディネーターとは

福祉の視点で住みよい環境を整備する
 家の中などで、高齢者や障がい者が転んでケガをしないように、住みやすい住環境をつくる仕事です。段差や急な階段をなくし、手すりなどをつけることで、体が不自由な人でも暮らしやすい住環境をつくります。  住環境全体を考えた専門的な知識が必要な仕事ですので、福祉系の専門学校などで学んだ後、福祉住環境コーディネーター検定試験に合格することが一般的です。……
この条件に該当する学校が見つかりません。

福祉住環境コーディネーター

福祉住環境コーディネーターを目指せる専門学校を探す。学費やオープンキャンパス・入試の詳細情報、学部学科・コースの内容など、学校独自の特徴から進学先を比較検討できます。資料(パンフレット)や願書の請求、オープンキャンパスへの予約も可能です。また「福祉住環境コーディネーターなるには?」などの職業紹介記事では、仕事の詳しい内容や、先輩が感じるやりがいなどを紹介したインタビューも紹介。日本の学校を利用して、あなたにピッタリの専門学校を探してみましょう。

 家、お店、オフィスなどの中を、使いやすくきれいに整える専門家です。部屋を使う人が、室内をどんなイメージにしたいのかよく聞き、壁紙、じゅうたん、カーテンなどの色合いや模様を決めたり、夜に電気をつけたときの効果を考えて照明器具を選んだり、材質やデザインに統一感のある家具をそろえたりします。お店の内部ならお客さんが品物を見やすいように、ホテルの客室なら落ち着いてゆったりとすごせるふんい気に、といった注文に合わせてインテリアコーディネートをしていきます。したがって、家具やインテリア用品についてのくわしい知識がとても大切です。色彩のセンスやカラーコーディネーターの知識も役立ちます。
 インテリアコーディネーターが必要とされるのは、住宅メーカー、家具メーカー、インテリア用品メーカー、建築事務所、リフォーム会社、家具店などです。インテリアコーディネーターの資格試験もあります。

インテリアコーディネーターにインタビュー
 レストランや喫茶店など、飲食店のインテリアコーディネートをしています。お店のオーナーやスタッフのかたたちから意見を聞いて、どんな感じのお店にしたいのかをまずイメージします。それをもとに、また食べに来たいと思ってもらえるお店にするにはどうしたらいいか、わたしがかいたアイデアスケッチなどを見てもらいながら、細かいところを修正します。計画がまとまったら、実際にインテリア用品や、家具などをそろえてレイアウトします。壁や床をはりかえたり、新しい照明器具を取り付けるために室内の配線を直したりすることもありますよ。わたしのインテリアコーディネートが、お店をはんじょうさせるのに役立てばいいなといつも思ってます。