ビジネス系

ビジネス系の職業

一般事務になるには

広範囲な事務業務を担当、オフィスの動きをスムーズに

一般事務とは、基本的にはデスクワークが中心で、接客、電話応対、ビジネス文書の作成、書類整理などの一般的な事務作業から計算業務、物品購入や福利厚生に関わる庶務業務、さらには、ワープロやパソコンなどのOA機器を取り扱って専門知識が要求される仕事などまで、広範囲にわたります。規模の大きい企業なら総務事務、営業事務、製造事務、経理事務、資材購入事務というように、各担当別に業務を行うところもあります。しかし、小規模の企業や営業所、支店などに配属された場合は、経理・財務的な仕事や人事・労務的な仕事まで兼任することもあるため、ゼネラリスト的な気配りや、企業の経営活動をスムーズにする潤滑油としての役割が求められます。 一般事務職として力を発揮するためには、接客、電話応対などのビジネスマナーを身につけておかなければなりません。社会常識も必要です。また、パソコン(エクセルの表計算やワードなど)を使いこなす力は、現代のオフィスでは不可欠といっても過言ではありません。ワープロ検定やビジネス能力検定などの資格を取得しておくと、就職活動の大きな武器となるはずです。そのため、ビジネスマナーやパソコンの操作能力を習得したり、資格取得を目的に、ビジネス系専門学校などで学ぶ人も多いといいます。卒業後は一般企業に就職したり、人材派遣会社に登録し、様々な企業で活躍するケースも増えています。