内閣府

国(くに)の仕事(しごと)をする最高機関(さいこうきかん)のことを「内閣(ないかく)(=政府(せいふ))」と言(い)うんだよ。内閣(ないかく)にはいくつかの行政組織(ぎょうせいそしき)(省庁(しょうちょう))があって、いろんな仕事(しごと)を分担(ぶんたん)しているんだ。その一(ひと)つである内閣府(ないかくふ)は、各省(かくしょう)のリーダーであり、まとめ役(やく)みたいな存在(そんざい)。各省(かくしょう)より一段(いちだん)高(たか)い立場(たちば)から、国(くに)の重要(じゅうよう)な問題(もんだい)に取(と)り組(く)んでいるんだ。たとえば、経済財政(けいざいざいせい)や科学技術(かがくぎじゅつ)、男女(だんじょ)が平等(びょうどう)に仕事(しごと)ができるようにするなど。一(ひと)つの省庁(しょうちょう)だけではできない仕事(しごと)をしているんだね。内閣府(ないかくふ)には、これら重要問題(じゅうようもんだい)を考(かんが)えるチームごとに大臣(だいじん)(=特命大臣(とくめいだいじん))がいるので“大臣(だいじん)がたくさんいる省庁(しょうちょう)”とも呼(よ)ばれているよ。また、内閣(ないかく)の考(かんが)えやおこないを国民(こくみん)に知(し)らせるのも大切(たいせつ)な役割(やくわり)だよ。

内閣府(ないかくふ)で働(はたら)くには

大学(だいがく)などを卒業(そつぎょう)→国家公務員試験(こっかこうむいんしけん)に合格(ごうかく)→内閣府(ないかくふ)に採用(さいよう)

私立中学校のパンフレット取り寄せ