おしごと図鑑115
監修/元全国小学校社会科研究会会長 羽豆成二

医療・健康にかかわるおしごと


薬剤師のおしごと
 薬剤師(やくざいし)は、病院や調剤薬局(ちょうざいやっきょく)で、医師が書いた処方箋(しょほうせん)を見て、まちがいがないかを調べ、患者(かんじゃ)さんに薬の飲み方を教えます。材料を混ぜ合わせて、自分で薬を作ることもあります。いろいろなお医者さんにかかっている人が、ほかのお医者さんが出した薬といっしょに飲んでもだいじょうぶかどうかを調べるのは、薬剤師(やくざいし)の大切な仕事です。また、薬局などで、どんな薬をどのように飲めばいいか、相談に乗る薬剤師もいます。  

薬剤師に聞いてみました

 わたしは、化学の勉強が大好きだったので、大学の薬学部を出て、薬剤師になりました。今は、調剤薬局で働いています。薬の飲み方は難しくて、ひとつひとつは問題がない薬でも、いっしょに飲むとぐあいが悪くなることがあります。命にかかわることなので、わたしたち薬剤師が、お医者さんの書いた処方箋をもう一度調べて、まちがいがないようにするのは、とても大切だと思って仕事をしています。
このページのTOPへ

中学校オススメコンテンツ
私立中学校のパンフレット取り寄せ 入試過去問題

JS日本の塾