おしごと図鑑115
監修/元全国小学校社会科研究会会長 羽豆成二

法律にかかわるおしごと


弁護士のおしごと
 世の中では、さまざまな争いや、もめごとが起こります。その争いが、本人どうしで解決できなくなると、裁判所で裁判を行うことになります。裁判では、裁判所にうったえた人と、うったえられた人の両方の代理人として、弁護士がつきます。弁護士は、法律の知識を生かして、自分がついた側の人に味方をします。最後に、どちらの言い分が正しいかを判断するのは、裁判官の役目です。裁判には、このほかにも、たくさんの人々がかかわっています。  

弁護士に聞いてみました

 わたしは、仕事場での女性への差別やセクハラに関する裁判の仕事をすることが多いです。セクハラをした男の人のほうが悪いのに、女の人のほうが、がまんできなくなって会社をやめてしまうことが、よくあるのです。わたしも同じ女性なので、そんなことは絶対に許せません。男女の差別を許さないための法律も、少しずつ整えられてきています。裁判で戦いながら、女の人がもっと働きやすい世の中にしていきたいと思います。
他にも弁護士に関係する職業として裁判所事務官、弁護士、法律事務所スタッフ、検察官、検察事務官、法務教官、家庭裁判所調査官、裁判官、刑務官などがあります。
このページのTOPへ

中学校オススメコンテンツ
私立中学校のパンフレット取り寄せ 入試過去問題

JS日本の塾