おしごと図鑑115
監修/元全国小学校社会科研究会会長 羽豆成二

住まいにかかわるおしごと


建築士のおしごと
 建築士は、家やビルなどの建物を設計する仕事です。安全で使いやすい建物ができるように、建てる場所の地形を調べ、柱やかべに使う材料の種類や分量を計算して、設計図を作るのです。外側のデザインや部屋の間取りを決めたり、いろいろな法律を調べて、それに合う建物にするのも建築士の仕事です。また、材料や建て方をくふうして、なるべく安く建物を建てられるように考える仕事もあります。みなさんが通う学校の建物も、建築士が設計したものです。  

建築士に聞いてみました

 わたしたちの仕事は、安全で快適な家やビルができるように、建物の形や大きさを考えることです。ただかっこうがよければいいのではなく、住む人、使う人の安全を守るために、じょうぶで長持ちする建物を造ることが大切です。また、住む所、働く所、買い物に行く所など、使い道によって使いやすい形もちがうので、そういうことも考えながら図面を書くようにしています。自分が考えた建物が、思いどおりにでき上がって、みんなが気持ちよく使ってくれたときが、一番うれしいですね。
他にも建築士に関係する職業として木造建築士、都市計画プランナーなどがあります。
このページのTOPへ

中学校オススメコンテンツ
私立中学校のパンフレット取り寄せ 入試過去問題

JS日本の塾