おしごと図鑑115
監修/元全国小学校社会科研究会会長 羽豆成二

住まいにかかわるおしごと


建築施工管理技士のおしごと
 建築施工管理技士は、建物を建てる時に工事全体をまとめる仕事です。コンクリート工事や大工さんの仕事など、ビルや家の外側を造る工事だけでなく、かべやゆかなどの仕上げまで、どんな順番で作業をするか、全部の計画を作ります。また、工事をする人がまちがえないように、細かい作業の中身を書いた図面もたくさん作ります。そして、計画や図面のとおりに工事が進んでいるかどうかを確めて、きちんと進んでいなければ、まちがっているところを直すように指示します。  

建築施工管理技士に聞いてみました

 わたしたちの仕事は、建物がきちんとできるように計画を立て、実際に造っている場所へ行って、計画どおりに進んでいるかどうかを確かめることです。また、工事現場で作業する人たちが、安全に働けるようにくふうしたり、よい建物ができるように工事の仕方を考えたりするのも、わたしたちの仕事です。何十階建てもの大きなビルは、建てるのに何年もかかるのがふつうです。それだけに、工事が予定どおりに進み、無事に建物ができあがった時は、なみだが出るほどうれしいですよ。
他にも建築施工管理技士に関係する職業として建築設備士、管工事施工管理技士などがあります。
このページのTOPへ

中学校オススメコンテンツ
私立中学校のパンフレット取り寄せ 入試過去問題

JS日本の塾