おしごと図鑑115
監修/元全国小学校社会科研究会会長 羽豆成二

ファッション・デザインにかかわるおしごと


ファッションデザイナーのおしごと
 自分のブランドを持ちオリジナルのデザインをするのがオートクチュールデザイナーです。また、メーカーに勤め大量生産できる服のデザインをするのが企業(きぎょう)内デザイナーです。世の中の流行を知り、それを生かしたデザイン画をかき、いろいろな人と話し合いながら、一つの商品をつくりあげていきます。デザイン力があることはもちろん、材料にもくわしく、つくられる道すじもよく知っていなければなりません。専門学校でファッションデザインのことを学び、プロへの道を目ざします。  

ファッションデザイナーに聞いてみました

 物をつくる仕事がしたくてこの道に入りました。わたしの場合は、布を探すところから始めます。いい布に出会うと、そこからアイディアがわいて、スッとデザインがうかんでくるんです。うかんできたデザインは、忘れてしまわないうちに、スケッチブックにかきためておきます。それが、やがては商品になっていきます。服づくりは、一人ではできませんし、自分の意見が必ずしも通るというわけでもありませんが、それだけに、形になった時は、とてもうれしいものがあります。
他にもファッションデザイナーに関係する職業として帽子デザイナー、靴デザイナー、バッグデザイナー、テキスタイルデザイナー、ニットデザイナー、きものデザイナーなどがあります。
このページのTOPへ

中学校オススメコンテンツ
私立中学校のパンフレット取り寄せ 入試過去問題

JS日本の塾