おしごと図鑑115
監修/元全国小学校社会科研究会会長 羽豆成二

テレビ・映画にかかわるおしごと


プロデューサーのおしごと
 プロデューサーは、テレビ番組やCM(シーエム)を作るときの、いちばんの責任者です。ディレクターは、テレビ番組やCMの作品を作るときの、作っている場所での責任者ですが、プロデューサーは、作品のすべての責任者になります。番組を作り始める前の予算やディレクターをだれにするのかを決めるのも、プロデューサーの仕事です。プロデューサーになるには、テレビ局やCMなどを作る会社に勤めて、作品作りにかかわり、はじめからひとつひとつ勉強していくのがふつうです。  

プロデューサーに聞いてみました

 わたしは、はじめ、CMを作るディレクターになるつもりでした。でも、いろいろなことを本当に実現するには、わたしよりも、実現できる力を持ったディレクターがたくさんいて、その人たちにたのんだほうが、よりよいものができることに気がつきました。予算を決め、お金を集めることは大変です。でも、考えを実現するために、プロデューサーとして、ディレクターをはじめ仕事にあったいろいろな役目の人たちを集めていくことは、とても楽しいです。
他にもプロデューサーに関係する職業として音楽プロデューサー、イベントプランナー、CMプランナー、イベントプロデューサー、番組コーディネーター、コンサートプロモーターなどがあります。
このページのTOPへ

中学校オススメコンテンツ
私立中学校のパンフレット取り寄せ 入試過去問題

JS日本の塾