レストア技術者になるには - 大学・短期大学・専門学校の進学情報なら日本の学校

レストア技術者になるには

生産されていない昔の車を蘇らせる

レストア技術者は、今では生産されていないクラシックカーなど、昔の車を修理・補修し蘇らせる仕事です。 廃車同然の状態から発売当時の状態へ、こだわりと愛着をもって一台一台手づくりで仕上げていくことが求められます。稼動しなくなったエンジンを再現するために分解し、不良部品を取替えたり、また部品を修理しながら復元していきます。部品も今では生産されていないことが多く、必要に応じて部品づくりも手掛けることがあります。 この他、ボディ、足まわり、内装、塗装まで仕事の範囲は多岐にわたります。こうした各パーツの専門的な知識や技術とともに、往年の車への限りない探究心や愛着、職人気質といった面が欠かせません。 レストア技術者になるための資格は特にありませんが、自動車整備に関する幅広い専門知識が必要です。そうした専門知識をベースに、先輩などからのアドバイスを受けながら、知識や技術を深めていくことになります。 自動車整備の専門的な知識と技術を身につけるには、自動車整備士資格を目指して、養成課程のある専門学校などへ進むとよいでしょう。

自動車・航空技術系の職業

パンフをもらうと更に詳細な情報を確認できるので、職業研究の参考にしてください。

レストア技術者になれる学校を探してみよう

関連する記事を見てみよう

関連する動画

自動車・航空技術系(自動車、自動車技術・整備関連の職業)

職業なるにはナビ512:その他の職業

あわせて見てみよう 適職診断 資格カタログ 職業紹介動画「プロフェシオン」 お仕事図鑑250(小5・小6/中1用) お仕事図鑑250(中2・中3用)