電気・電子機器修理技術者になるには - 大学・短期大学・専門学校の進学情報なら日本の学校

機械・電気・電子系

機械・電気・電子系の職業

電気・電子機器修理技術者になるには

家電製品の修理に関するアドバイザー

電気・電子機器修理技術者は、家電メーカーなどで、各種家電製品や電気・電子機器の故障対応や使用方法についてのアドバイスを行います。近年、家電製品のデジタル化やネットワーク化が進み、故障やトラブルの原因が、ハードウェアとソフトウェアにまたがって起こるケースもあります。そこでアナログ系商品が中心であった電気・電子機器修理技術者の資格制度が、情報家電などのデジタル時代にふさわしい「家電製品エンジニア」資格に統合され、顧客満足の観点から「家電製品アドバイザー」資格制度が新設されました。資格が必要というわけではありませんが、これらを取得しておけば、活躍の場も広がるでしょう。 電子・電気関連の専門学校などで、技術と知識を身に付け、企業や家電販売店などで実務を重ねてから挑戦するのが一般的です。

関連する資格

  • JS日本の学校「資格カタログ」より
        

機械・電気・電子系(電気・電子関連の職業)

職業なるにはナビ512:その他の職業

電気・電子機器修理技術者が目指せる学校の一覧

パンフレットが欲しい学校にをして
←このボタンをクリック!

あわせて見てみよう 適職診断 資格カタログ 職業紹介動画「プロフェシオン」 お仕事図鑑250(小5・小6/中1用) お仕事図鑑250(中2・中3用)
ページの先頭へ