ファッションコーディネーターになるには - 大学・短期大学・専門学校の進学情報なら日本の学校

ファッションコーディネーターになるには

磨き抜かれた感性で、方向性を決める司令塔

ファッションコーディネーターは、ファッション関係の店づくりに関わるスタッフたちと調整を図って、大きな方向性を打ち出していく仕事です。幅広い内容を任され、さまざまな専門のスタッフと関わる場面も多く、仕事に関わる充実感、やり遂げた後の達成感に魅力のある職業でもあります。自分のアンテナを張り巡らせたり関係者からの情報を元にして、シーズンごとのショップ展開を考え、企業やバイヤーなどへ提案し、仕入れ商品のアドバイスなどを行ないます。例えば、展示会での商品選びやオリジナル企画のための素材の開発、商品のデザイン、さらには海外の仕入れに同行する場合もあります。そして、売り場のディスプレイの仕方や、着こなしのヒントを与えるのも大きな役目です。時には売り場での応援やイベント企画をするなど、お客様に満足いただくためのモノづくりに貪欲な人ならば、どんどん活躍の場面が広がる仕事といえます。 さまざまな人々に指示を出すことも多い職業ですから、ファッション業界についての情報収集を欠かさず、企画書をつくる上での文章力を磨いておくことも必要です。具体的には服飾系の専門学校などで、ファッション業界にはどんな仕事があるのかという基本から学び、コーディネーター関連の資格にもチャレンジしておくといいでしょう。資格取得のために学ぶことも、仕事に関わる上で大きな蓄積になります。

ファッション・きもの系の職業

パンフをもらうと更に詳細な情報を確認できるので、職業研究の参考にしてください。

ファッションコーディネーターになれる学校を探してみよう

関連する記事を見てみよう

関連する資格

関連する動画

ファッション・きもの系(ファッション関連の職業)

職業なるにはナビ512:その他の職業

あわせて見てみよう 適職診断 資格カタログ 職業紹介動画「プロフェシオン」 お仕事図鑑250(小5・小6/中1用) お仕事図鑑250(中2・中3用)