ファッションアドバイザーになるには - 大学・短期大学・専門学校の進学情報なら日本の学校

ファッションアドバイザーになるには

より魅力的なコーディネートをアドバイス

ファッションアドバイザーは、専門店やデパートで、その人に合う洋服選びや小物などとのコーディネートの仕方をアドバイスする職業です。そのため、幅広いファッションセンスと情報力が必要とされます。コレクション情報などはインターネットなどで誰もが簡単に入手できる時代であり、単純な情報の時差でお客様をリードすることはできなくなっています。消費者ニーズを的確にキャッチし、ファッションから付随するグッズまで、常に新しい情報にアンテナをはり、トータルな提案をできるプロが求められています。 この仕事を目指すうえでは、ファッションが大好きであることはもちろん、社会人としての一般的な常識や教養、そして社交性が大切です。若い世代に向けたお店には、フレンドリーな話し方をするファッションアドバイザーも目にしますが、社会人としての基礎を身につけたうえでの会話なら、お客様の心に響くはずです。 プロを目指すなら、服飾系専門学校や大学・短大などで「服はどう作られるのか」といった基礎を、生地素材やカラー、店舗ディスプレイなどの知識とともに学んでおきましょう。さらに、この仕事で大きなウエイトを占める、きちんとした言葉遣いや人に好感を与える態度など、コミュニケーション能力も身につけたいところです。そのうえで、販売の資格などにチャレンジして技術を習得することが一流のファッションアドバイザーへの近道です。

ファッション・きもの系の職業

パンフをもらうと更に詳細な情報を確認できるので、職業研究の参考にしてください。

ファッションアドバイザーになれる学校を探してみよう

関連する記事を見てみよう

関連する資格

関連する動画

ファッション・きもの系(ファッション関連の職業)

職業なるにはナビ512:その他の職業

あわせて見てみよう 適職診断 資格カタログ 職業紹介動画「プロフェシオン」 お仕事図鑑250(小5・小6/中1用) お仕事図鑑250(中2・中3用)