スタイリストになるには - 大学・短期大学・専門学校の進学情報なら日本の学校

スタイリストになるには

TVや広告を引き立たせる専門演出家

語源はフランス語で、デザイナーの意味を持ちますが、現在はスタイリング(着こなし、ルックス)を演出する職と認識されています。TVや広告のディレクター、編集者などが顧客。番組や広告作品、記事のテーマに沿って、モデルやタレントのファッションをイメージし、メーカーやショップから服やアクセサリーなどを借り受けて全身をコーディネートするのがスタイリストの仕事です。ファッションに限らず、食品、インテリア、雑貨などの分野でも専門のスタイリストが活躍しています。 この道のプロを目指すには、専門学校などで服飾やファッションコーディネートの基本を学んだ後、実際にプロの先輩に付き、アシスタントから修業すると良いでしょう。コツとセンスを磨き、カメラマン、モデル、デザイナーなど各分野の専門家と関わりながらプロを目指すと良いでしょう。 また、常に新しい感覚でセンスを磨く最先端の視線を持ちながらも、撮影現場ではモデルに付いた細かな糸くずにも注意を払うといった気配りも大切です。商品を借りるための交渉や返却時の力仕事などのように、作業は裏方職ですから、スタッフとの人間関係作りや仕事上の交渉力も大事なポイントになります。最近では、専門分野に細分化される傾向があり、特定分野に深い専門知識を持つスタイリストが歓迎されています。

ファッション・きもの系の職業

パンフをもらうと更に詳細な情報を確認できるので、職業研究の参考にしてください。

スタイリストになれる学校を探してみよう

関連する記事を見てみよう

関連する資格

関連する動画

ファッション・きもの系(ファッション関連の職業)

職業なるにはナビ512:その他の職業

あわせて見てみよう 適職診断 資格カタログ 職業紹介動画「プロフェシオン」 お仕事図鑑250(小5・小6/中1用) お仕事図鑑250(中2・中3用)