テキスタイルデザイナーになるには - 大学・短期大学・専門学校の進学情報なら日本の学校

テキスタイルデザイナーになるには

さまざまな生地の表情をつくるクリエイター

色や柄など、生地に関する平面的なデザイン、いわば生地そのものを生み出すことがテキスタイルデザイナーの仕事です。まず、衣類の素材となる布地をデザインします。その後、糸の素材の選定・糸のより方・染色・織り方・表面加工法などを指定して、工場に発注します。自分のイメージ通りの見本ができあがった段階で、本格的な生産に入ります。つくり上げる製品の機能上の特徴などを考慮する必要がありますので、素材や加工技術の専門的な知識や感覚が求められます。洋服地や着物地だけでなく、ネクタイやハンカチ、またクロス類やじゅうたん、カーテンといったインテリア小物、キッチンウェア、さらにはステーショナリーなどさまざまな分野に進出しており、テキスタイルデザインの需要は各方面に広がっています。 必ず取っておかなければならない資格はありませんが、染色、織物、服飾一般についての専門知識は欠かせません。テキスタイルデザイナーを目指すには、ファッション系専門学校などのテキスタイル関連コースで基礎的な知識を身につけ、洋裁技術検定やファッションコーディネート色彩能力検定(色彩検定)など、関連する資格を取得しておくと有利でしょう。その後、繊維会社やデザイン事務所、アパレルメーカー、デパートなどで就職するのが一般的ですがフリーで活躍する人もいます。

ファッション・きもの系の職業

パンフをもらうと更に詳細な情報を確認できるので、職業研究の参考にしてください。

テキスタイルデザイナーになれる学校を探してみよう

関連する記事を見てみよう

関連する資格

ファッション・きもの系(ファッションデザイン関連の職業)

職業なるにはナビ512:その他の職業

あわせて見てみよう 適職診断 資格カタログ 職業紹介動画「プロフェシオン」 お仕事図鑑250(小5・小6/中1用) お仕事図鑑250(中2・中3用)