きものデザイナーになるには - 大学・短期大学・専門学校の進学情報なら日本の学校

きものデザイナーになるには

和の伝統に新風を吹き込む、きもの創作家

着物は、現代においても老若男女を問わず高い人気があり、時代を経るにつれ、その形やデザインに変化も見られます。手づくりに近い和服づくりでは、きものデザイナーの役割は大きく、大変にやりがいのある仕事といえます。着物づくりには、守るべき伝統的な技法を学び、形にする技術と、若い世代にも受け入れられる斬新なデザインを生み出すセンスが必要です。仕事内容は幅広く、着物はもちろん、帯や草履などといった和装小物のデザインも含まれるため、素材選びから染色方法、織り方など、さまざまな専門知識が要求されます。友禅、ローケツ、型染め、絞り染めなどの伝統染色の高度な技術を活かして、美術工芸品を生み出す着物染色工芸家になり、注目を浴びているきものデザイナーもいます。 一般的に、きものデザイナーになるには、専門学校などの服飾系学科で和服のデザイン、染色、織物、服飾史などの幅広い知識と技術を習得しておくことが必須です。着物の歴史と伝統をたどって学んでおけば、アイデアにも奥深さが生まれてきます。 主な就職先には、大手呉服店のデザイン部、工房、デパートや問屋の企画室などへ進む人が多いようです。こういうところでしっかり腕を磨いて、技術を身につけ、将来は独立して活躍する道もあります。

ファッション・きもの系の職業

パンフをもらうと更に詳細な情報を確認できるので、職業研究の参考にしてください。

きものデザイナーになれる学校を探してみよう

関連する記事を見てみよう

関連する資格

関連する動画

ファッション・きもの系(和裁・きもの関連の職業)

職業なるにはナビ512:その他の職業

あわせて見てみよう 適職診断 資格カタログ 職業紹介動画「プロフェシオン」 お仕事図鑑250(小5・小6/中1用) お仕事図鑑250(中2・中3用)