きものアドバイザーになるには - 大学・短期大学・専門学校の進学情報なら日本の学校

きものアドバイザーになるには

人生の節目に、和装の魅力を届ける

和をたしなむ人々に根強く愛用されている着物ですが、最近は三味線などの流行や、浴衣の人気とともに一般にもまた親しまれるようになってきています。そんな着物が着られることの多い、結婚式、成人式、七五三などの場面で、お客様の体型や好みに合わせて、和服をコーディネートするのが、きものアドバイザーです。 仕事内容は、勤め先によって変わります。着付け教室などで講師をする場合には、着付け技術を指導し、受講者がおしゃれな着こなしをできるようサポートします。また、呉服店やデパートの売り場では、着付けやメイクをアドバイスする販売員として活躍します。そして、美容院や結婚式場などでの仕事では、着付けはもちろんのこと、メイク、バッグやかんざしなどの小物までをトータルコーディネートします。いずれの仕事も、着物を着る人の好みや個性、時代の流行を見極めてバランス良く組み合わせる、確かな感性が求められます。 きもの系・服飾系の専門学校や短大などで知識・技術を学び、美容院や結婚式場に就職した後、実績を重ねセンスを磨いて認められれば、独立または契約して成人式や七五三、ブライダルシーズンなどの繁忙期、土日だけといった勤務形態で副業的に働くことも可能です。

ファッション・きもの系の職業

パンフをもらうと更に詳細な情報を確認できるので、職業研究の参考にしてください。

きものアドバイザーになれる学校を探してみよう

関連する記事を見てみよう

関連する資格

関連する動画

ファッション・きもの系(和裁・きもの関連の職業)

職業なるにはナビ512:その他の職業

あわせて見てみよう 適職診断 資格カタログ 職業紹介動画「プロフェシオン」 お仕事図鑑250(小5・小6/中1用) お仕事図鑑250(中2・中3用)