DTPオペレーターになるには - 大学・短期大学・専門学校の進学情報なら日本の学校

DTPオペレーターになるには

パソコンの画面上で印刷用データを作成

DTPとはデスクトップパブリッシングの略で、パソコンを使ってデザイン・レイアウトを行うことです。DTPオペレーターは、編集者やデザイナーの指示のもと、文章やイラスト、写真、図版などをパソコンの画面上に取り込んで画像処理を行い、出版物の印刷用のデータを作成します。DTP用ソフトウェアの操作はもちろん、グラフィックス用ソフトやフォトレタッチソフトなども操作でき、それらをDTP用ソフトと連携して使いこなせることが要求されます。画像処理に関する知識や技術、それにデザイン的なセンスも欠かせない専門職です。広告・出版・印刷業界では従来の写植・版下から急速にDTP化が進んでおり、専門家へのニーズはますます高まっています。読者にとって見やすく、読みやすい誌面になるかどうかは、DTPオペレーターの腕次第です。 もちろん、ソフト操作技術やデザインセンスは業務を重ねることで向上していきますが、事前に身につけておくと就職時に有利となるので、専門学校などで学ぶといいでしょう。 印刷会社・出版会社などに勤務し、そこで実務経験を積み、センスの向上を図っていきましょう。デザインの知識を身につければデザイン会社などへの転職も可能です。フリーへの道もあります。パソコンとDTPソフトがあれば、在宅での作業も可能です。

コンピュータ・ゲーム系の職業

パンフをもらうと更に詳細な情報を確認できるので、職業研究の参考にしてください。

DTPオペレーターになれる学校を探してみよう

関連する記事を見てみよう

関連する資格

関連する動画

コンピュータ・ゲーム系(コンピュータ・情報処理関連の職業)

職業なるにはナビ512:その他の職業

あわせて見てみよう 適職診断 資格カタログ 職業紹介動画「プロフェシオン」 お仕事図鑑250(小5・小6/中1用) お仕事図鑑250(中2・中3用)