Webディレクターになるには - 大学・短期大学・専門学校の進学情報なら日本の学校

Webディレクターになるには

Web制作の統括責任者

Webディレクターは、Webサイトの構成からデザインなど全体の方向性を定める制作スタッフの統括責任者です。HTMLの知識はもちろん、デザインやプログラムの知識なども求められます。また、スケジュールに遅れが出ないようにするためにも、プロジェクトの流れをスタッフに示し、共通認識をもたせる役目も担っています。制作現場において常に流れを提示しながら制作スタッフのかじ取りを行い、「次に何をやらなくてはならないか」が分からないという状況をつくらないようにすることもディレクターの腕にかかっています。現場管理能力が大きく問われる職種です。 Webディレクターを目指すには、Web制作を総合的に学べる大学や専門学校などに入学するとよいでしょう。そして、卒業後はWebデザイナーとしての経験を積んで、仕事の領域を広げる形でWebディレクターになるのが堅実です。就職の場としては、広告代理店、デザイン事務所、Web制作会社などがあります。経験や実力次第で、フリーとしても活躍できます。

コンピュータ・ゲーム系の職業

パンフをもらうと更に詳細な情報を確認できるので、職業研究の参考にしてください。

Webディレクターになれる学校を探してみよう

関連する記事を見てみよう

関連する資格

関連する動画

コンピュータ・ゲーム系(コンピュータ・情報処理関連の職業)

職業なるにはナビ512:その他の職業

あわせて見てみよう 適職診断 資格カタログ 職業紹介動画「プロフェシオン」 お仕事図鑑250(小5・小6/中1用) お仕事図鑑250(中2・中3用)