政治家になるには - 大学・短期大学・専門学校の進学情報なら日本の学校

公務員・法律・政治系

公務員・法律・政治系の職業

政治家になるには

           

国と地方の行政を動かし、住民の要請を実現する

政治家は、選挙に立候補し、有権者の投票によって選ばれます。活躍の場は、国会の衆・参両院、都道府県議会、市町村区議会などで、その役割は、有権者と行政のパイプ役といえます。ただし、国政にあたる国会議員と地方自治体の議員とでは、仕事の内容はかなり違います。国会議員の場合は、立法、つまり法律を作るのが本来の仕事です。そして、議員や政府から提案された新しい法案や重要な議案を、国会の場や各種委員会などで審議し、国民の利益、国の利益を考えて、賛否を決定します。また、地方自治体の議員は、地域住民の代表として、日常活動から得た住民の意見、要望等を地域全体の視点から施策に結びつけます。そのため、議員が行う質疑・討論は、住民の疑問・意見であり、表決において投ずる一票は、住民の立場での真剣な一票といえます。 政治家になるには、日本国籍を有する者で、衆議院議員と地方自治体の議員は25歳以上、参議院議員は30歳以上であれば誰でもなることができます。政治家をめざして先見性、情報収集力、分析力、決断力など、その求められる資質を磨くために、議員の秘書や、政治家養成塾などに入塾する人もいます。政治家への道は誰にでも開かれています。特に若い世代の活躍が期待されています。

関連する資格

  • JS日本の学校「資格カタログ」より
        

関連する動画

政治家になれる学校を探してみよう

公務員・法律・政治系(政治関連の職業)

職業なるにはナビ512:その他の職業

政治家が目指せる学校の一覧

国際情報ビジネス専門学校 (私立専門学校/栃木県)

面倒見の良い教育体制と短期合格システムで高い資格取得率

資料請求 オープンキャンパス

パンフレットが欲しい学校にをして
←このボタンをクリック!

あわせて見てみよう 適職診断 資格カタログ 職業紹介動画「プロフェシオン」 お仕事図鑑250(小5・小6/中1用) お仕事図鑑250(中2・中3用)
ページの先頭へ