スポーツ雑誌記者・編集者になるには - 大学・短期大学・専門学校の進学情報なら日本の学校

スポーツ雑誌記者・編集者になるには

スポーツの魅力を誌面を通して読者に伝える

スポーツの数だけ、そのスポーツに特化した専門誌があるといっても過言ではないでしょう。また、さまざまなジャンルのスポーツを扱いながら、毎号特集記事ではひとつのスポーツを取り上げるなど、媒体によって表現方法はさまざまです。スポーツ雑誌記者は、野球やサッカー、格闘技など特定のジャンルに密着して取材および原稿執筆を行うことが多くなります。業界の動向を常に把握しておく、いつでも取材に飛び出せるフットワークの軽さなども必要です。また、取材対象者との信頼関係も大切にしなければなりません。 スポーツ雑誌編集者は、雑誌の企画や構成を考え、取材・記事づくりなどの編集作業を行います。選手へのインタビューや試合レポート、そのスポーツが上達するためのアドバイスなど、取り上げる話題は雑誌の特色によって異なります。また、デザイナーをはじめとするスタッフとの打ち合わせや編集会議に加えて、校正作業、外部ライター・フォトグラファーの手配、取材アポイントなど、仕事は多岐にわたります。

マスコミ・芸能・声優系の職業

パンフをもらうと更に詳細な情報を確認できるので、職業研究の参考にしてください。

スポーツ雑誌記者・編集者になれる学校を探してみよう

関連する記事を見てみよう

関連する資格

関連する動画

マスコミ・芸能・声優系(広告・出版関連の職業)

職業なるにはナビ512:その他の職業

あわせて見てみよう 適職診断 資格カタログ 職業紹介動画「プロフェシオン」 お仕事図鑑250(小5・小6/中1用) お仕事図鑑250(中2・中3用)