航空エンジニアになるには - 大学・短期大学・専門学校の進学情報なら日本の学校

航空エンジニアになるには

航空機に使用される装備を開発・設計する

航空エンジニアは、航空機をはじめ、そこに使用される電気・電子装備の開発から設計、製造までを行います。航空機は100万点にも及ぶ部品からできているといわれています。その仕組みは非常に複雑です。電気・電子装備といったハイテクノロジーに係るパーツも多く、それぞれの分野ごとにエンジニアが担当するのが一般的なようです。例えば、航空機のエンジンに係るエンジニア、タービンに係るエンジニアなど、ランプやタイヤ、翼や胴体、コンピュータ制御システムなどといった分野です。 研究、開発するためには、機械工学、電気工学、電子工学、情報工学などの技術知識をもとに、航空工学の基礎知識が欠かせません。エンジンや機体の構造、飛行姿勢の制御、空気力学と翼の関係などがあげられます。また、大型旅客機は国内で製造していないため、海外のメーカーと共同で部品や内部設備の開発をしている企業もあり、語学力も大切になってきます。 航空エンジニアになるには、航空工学などの基礎知識を関連する専門学校などで身につけ、航空機メーカー、航空機用パーツメーカーなどに就職して、技術を修得していくことが多いようです。 航空産業は単に国内にとどまらず、世界的な連携のもとに成り立っている産業なので、国際的に通用する人材が求められているといえます。

自動車・航空技術系の職業

パンフをもらうと更に詳細な情報を確認できるので、職業研究の参考にしてください。

航空エンジニアになれる学校を探してみよう

関連する記事を見てみよう

自動車・航空技術系(航空技術・整備関連の職業)

職業なるにはナビ512:その他の職業

あわせて見てみよう 適職診断 資格カタログ 職業紹介動画「プロフェシオン」 お仕事図鑑250(小5・小6/中1用) お仕事図鑑250(中2・中3用)