航空管制官になるには - 大学・短期大学・専門学校の進学情報なら日本の学校

航空管制官になるには

航空機の離発着から飛行中まで安全運航を指示する

航空管制官は、無線電話やレーダーを使用し、安全を確保しつつ、航空交通の秩序ある流れを維持し促進させるよう、航空機に対して指示や情報提供を行います。 空港に勤務する航空管制官は、管制塔において、滑走路を使用する順位を決め、離着陸の許可を行ったり、レーダー室において、安全な間隔を保ちつつ効率的な飛行経路で目的空港まで航空機を誘導するなど、空港及びその周辺を飛行する航空機に対する管制を行います。また、全国に4か所(札幌、所沢、福岡、那覇)ある航空交通管制部では日本上空及び周辺の空を監視し、上空を航行中の航空機に対する管制を行います。 航空管制官は、状況の把握、判断、指示を短時間かつ的確に行う必要があるため、高度な知識及び技能が要求されます。 航空管制官になるには、まず大学か短大、高等専門学校を卒業後、航空管制官採用試験に合格し、国家公務員として国土交通省に採用されることから始まります。採用後、航空保安大学校で1年間の基礎研修が行われます。基礎研修修了後、全国の空港や航空交通管制部へ配属され、引き続き各管制機関の特色を踏まえた専門研修が行われます。専門研修修了後、技能試験に合格すると晴れて航空管制官に任命されます。

自動車・航空技術系の職業

パンフをもらうと更に詳細な情報を確認できるので、職業研究の参考にしてください。

航空管制官になれる学校を探してみよう

関連する記事を見てみよう

関連する資格

自動車・航空技術系(航空技術・整備関連の職業)

職業なるにはナビ512:その他の職業

あわせて見てみよう 適職診断 資格カタログ 職業紹介動画「プロフェシオン」 お仕事図鑑250(小5・小6/中1用) お仕事図鑑250(中2・中3用)