レースメカニックになるには - 大学・短期大学・専門学校の進学情報なら日本の学校

レースメカニックになるには

ピットスタッフとして優勝へ導くマシン整備を担当

レーシングカーをチューンアップして、レースを優勝に導くのがレースメカニックの仕事です。 例えばル・マンで知られる耐久レース、F1を頂点とするフォーミュラーカーレース、また技術ではF1を凌ぐといわれるツーリングカーレースなど自動車レースも多種多様ですが、勝利を目指して沈着冷静に対応できる判断力と迅速な作業能力は、レースメカニック共通の資質といえるかも知れません。 レーシングカーは、一般自動車とちがってエンジンや各種のパーツも特殊なものが使用されています。それらの専門知識とともに高度な整備技術力が不可欠です。入念なチューンアップ、レースカーの油圧、エンジン回転数、タイヤ整備などマシンの最大限のパワーを引き出すために、高度なテクニックが要求されます。 レースメカニックになるには、まず自動車の構造や整備技術に精通しておくことが基本。専門学校などで学び、自動車整備士の取得を目指しましょう。さらにマシンを速く走らせるチューンアップ技術を習得するために、自動車メーカーやレース場で技術者としてレーシングチーム入りすることが多いようです。 また、プライベートチームでレースに参戦し、入賞や優勝の実績を積んで、上位チームからのスカウトに期待することもあるようです。

自動車・航空技術系の職業

パンフをもらうと更に詳細な情報を確認できるので、職業研究の参考にしてください。

レースメカニックになれる学校を探してみよう

関連する記事を見てみよう

関連する動画

自動車・航空技術系(自動車、自動車技術・整備関連の職業)

職業なるにはナビ512:その他の職業

あわせて見てみよう 適職診断 資格カタログ 職業紹介動画「プロフェシオン」 お仕事図鑑250(小5・小6/中1用) お仕事図鑑250(中2・中3用)