体育教師になるには - 大学・短期大学・専門学校の進学情報なら日本の学校

体育教師になるには

体育を通して生徒の心と身体を鍛える

学校で児童・生徒に陸上競技や水泳、球技などを指導し、スポーツの能力や技術の向上だけでなく、人間の身体の仕組みや運動に対する積極性を教える仕事です。中学や高校では、運動部の顧問として活躍することも多いです。現在では娯楽が増え、外で遊ぶ子供が減ってきているため、学校の授業でスポーツを教える体育教師の指導が、人間形成の場において重要になってきています。 体育教師になるには、教員として中学校または高校に採用されなくてはなりません。体育大学などの、体育関連の学部で学び、公立学校であれば地方公務員試験に合格し、その後本採用を待つというのが一般的です。

保育・教育系の職業

パンフをもらうと更に詳細な情報を確認できるので、職業研究の参考にしてください。

体育教師になれる学校を探してみよう

関連する記事を見てみよう

関連する資格

関連する動画

保育・教育系(教育関連の職業)

職業なるにはナビ512:その他の職業

あわせて見てみよう 適職診断 資格カタログ 職業紹介動画「プロフェシオン」 お仕事図鑑250(小5・小6/中1用) お仕事図鑑250(中2・中3用)