コロナ対策情報|JS日本の学校

大学・短期大学・専門学校・高校の先生方へ

弊社進学情報サイト「日本の学校」に
大学・短期大学・専門学校・高校の先生のための
「コロナ対策」ページを開設しました。

本来「日本の学校」は高校生向けの進学情報サイトですが、この度の緊急対応として、コロナ対策にお役立ていただける情報をまとめた「コロナ対策ページ」を作らせていただきました。少しでもお役にたてば幸いです。

コロナ対策情報 目次

①「WEB面談の仕方」

個人面談でお困りかと思い、「webでの個人面談の手法をまとめた資料」を作成いたしました。下記、PDFファイルにてまとめておりますので、ダウンロードの上、ご覧いただけましたら幸いです。

■資料内容
「WEB個人面談の仕方」(PDF)
PDFをダウンロードする

②「zoomの使い方」

オンラインミーティングシステム「Zoom」の使い方をまとめた資料を作成いたしました。学校内、会社内での会議や、個別面談にご活用いただけます。

■資料内容
「Zoomの使い方」(PDF)
PDFをダウンロードする

③「無料映像授業(高校生版)」

高校生向けの映像授業で、科目は数学・国語・社会・英語となります。
https://school.js88.com/video_lesson

④「AO入試対策動画」

AO入試の概要説明や心構え、志望理由書の書き方・極意など、様々な対策をご覧いただけます。
https://school.js88.com/video_ao

⑤「無料映像授業(大学生、短大生版)」

学生様に役立つ、講義ノートや論文の書き方、ワープロや表計算ソフトの使い方などの動画集です。
https://school.js88.com/measures/daigakusei_douga

⑥「無料映像授業(学生様の就活&新人研修動画)」

学生様の就職活動や新入社員向けの研修にお使いいただける、ビジネスマナーの動画集です。
https://school.js88.com/measures/businessmanner_video

⑦「専門学校関係の通知を解説する文部科学省の動画」

専門学校様向けに作られた、コロナ対策のポイントを解説した動画をご覧いただけます。

【①通知編】
https://www.youtube.com/watch?v=eG5tzisQzzk&feature=youtu.be
【②予算編】
https://www.youtube.com/watch?v=LCkZtYnZ-K8
【③著作権法改正・修学支援新制度編】
https://www.youtube.com/watch?v=FB-kV7ZpWL0

⑧「専修学校における遠隔授業の取組事例集(出所:文部科学省)」

文部科学省から専門学校様向けに作られた、遠隔授業の取組事例集をご覧いただけます。
下記URLをクリックしていただくとPDFが開きます。

■資料内容
「専修学校における遠隔授業の取組事例集」
https://www.mext.go.jp/content/20200515-mxt_kouhou01-000004520_2.pdf

⑨「自宅でもできる!進路研究特集チラシ(高校生向け)」

緊急事態宣言の影響で高校に来られなくなった生徒様のために、自宅でも進路研究をしていただける資料を作成いたしました。

■資料内容
「自宅でもできる!進路研究特集チラシ」(PDF)
PDFをダウンロードする

⑩「自宅でのWi-Fi環境の作り方」

オンライン学習に必須ともいわれる「自宅でのWi-Fi環境の作り方」をまとめた資料を作成いたしました。
下記PDFファイルをダウンロードの上、ご覧いただけましたら幸いです。

■資料内容
「自宅でのWi-Fi環境の作り方」(PDF)
PDFをダウンロードする

⑪「専修大学 オンライン授業を展開するための簡易ガイド」

新聞でも取り上げられた「専修大学 オンライン授業を展開するための簡易ガイド」を、専修大学様の了解を得まして、ご紹介させていただいております。

■資料内容
「専修大学 オンライン授業を展開するための簡易ガイド」(PDF)
PDFをダウンロードする

⑫「高校1年生」アンケート調査(2020年12月)「今年の10大ニュース」

2020年「高校生活」5大ニュース
※設問「今年1年を振り返り、「高校生活」について印象に残っていること」より、上位5位をご紹介します。

[1]学校行事の中止や延期           (59.7%)
[2]入学したのに高校に行けなかったこと    (58.2%)
[3]夏休み期間が短縮したこと         (38.1%)
[4]部活動の中止、大会の中止や延期      (37.3%)
[4]分散登校や短縮授業で高校が再開し始めたこと(37.3%)


2020年「進路選択や入試」5大ニュース
※設問「今年1年を振り返り、「進路選択や入試」について印象に残っていること」より、上位5位をご紹介します。

[1]自ら考えて進学情報の収集や進路検討ができたこと(31.3%)
「いろんな学校のパンフレットを集めた」「自分の進路を真剣に考えた」「ネットを使ってたくさん調べた」など、進学先の情報収集や将来の進路検討に取り組んだ高校生が見受けられました。

[2]文理選択をどうしたら良いか困ったこと(27.6%)
「好きな教科と目指す学部どちらを選ぶか」「就きたい職業や学部との結びつけで迷った」など、就きたい職業や学びたい学部を踏まえた文理選択について悩む高校生が見受けられました。

[3]オープンキャンパスに直接行けなくなり、進学先検討に困ったこと(21.6%)
「オープンキャンパスに行けず志望校が決められない」「大学のイメージが湧かない」「大学の生の雰囲気を感じられない」など、直接オープンキャンパスに行けないことにより志望校検討に困る高校生が見受けられました。

[4]進学情報の収集や進路検討の方法が分からなかったこと(18.7%)
「大学の資料請求をしたものの、どのようにその資料を活用すればいいのか分からない」「自分の本当にやりたいことが分からない」など、どのように進路検討を進めていけばよいのか戸惑う高校生の様子が窺えます。

[5]共通テスト導入など入試改革がなされたこと(17.2%)
「どういうテストになるのか分からない」「形式が違うことが不安」など、入試が変わることに対して漠然とした不安を抱え、「どのようになるのか知りたい」と思う高校生が見受けられました。

PDFをダウンロードする

⑬「高校2年生」アンケート調査(2020年12月)「今年の10大ニュース」

2020年「高校生活」5大ニュース
※設問「今年1年を振り返り、「高校生活」について印象に残っていること」より、上位5位をご紹介します。

[1]急に休校になり高校に行けなかったこと (80.1%)
[2]学校行事の中止や延期         (64.6%)
[3]部活動の中止、大会の中止や延期    (36.6%)
[4]オンラインでの勉強が始まったこと   (33.5%)
[5]休校で高校の授業に遅れが出たこと   (31.7%)


2020年「進路選択や入試」5大ニュース
※設問「今年1年を振り返り、「進路選択や入試」について印象に残っていること」より、上位5位をご紹介します。

[1]オープンキャンパスに直接行けなくなり、進学先検討に困ったこと(42.9%)
「志望校のオープンキャンパスに行けなかった」「実際に学校に行って学校の周りや下宿先などを直接見たかった」など、オープンキャンパスに行けず「志望校決めに苦労する」高校生が見受けられました。

[2]進学情報の収集や進路検討の方法が分からなかったこと(27.3%)
「休校期間に先生に相談する機会がなくどう向き合えばいいか分からなかった」「行きたい学部の中でどこがいいのかわからなかった」など、進路検討に悩む高校生の様子が窺えました。

[3]志望校選びをどうしたら良いか困ったこと(26.7%)
「何になりたいかわからず、まだ志望校が決まっていない」「やりたい事がわからない」など、自身の就きたい職業や学びたい学問がまだ定まっておらず、志望校が選びづらい高校生も見受けられました。

[4]自ら考えて進学情報の収集や進路検討ができたこと(21.1%)
「資料請求したり、ネットで学校を調べた」「積極的に情報を集め、どのように準備や対策をしていくか考えた」や、「自分と向き合う時間が出来て良かった」など、時間を有効に活用して進路検討を進められた高校生も見られました。

[5]共通テスト導入など入試改革がなされたこと(18.0%)
「入試改革の内容がわかりにくい」など、どのように変わるのか理解が難しかったり、「英語のリスニングが苦手なのに配点が大きくなった」など危機感を募らせる高校生の様子が窺えました。

PDFをダウンロードする

⑭「高校3年生」アンケート調査(2020年12月)「今年の10大ニュース」

2020年「高校生活」5大ニュース
※設問「今年1年を振り返り、「高校生活」について印象に残っていること」より、上位5位をご紹介します。

[1]急に休校になり高校に行けなかったこと   (77.6%)
[2]学校行事の中止や延期           (69.3%)
[3]部活動の中止、大会の中止や延期      (42.4%)
[4]分散登校や短縮授業で高校が再開し始めたこと(35.1%)
[5]オンラインでの勉強が始まったこと     (29.3%)


2020年「進路選択や入試」5大ニュース
※設問「今年1年を振り返り、「進路選択や入試」について印象に残っていること」より、上位5位をご紹介します。

[1]共通テスト導入など入試改革がなされたこと(31.2%)
「初めての共通テスト」や「入試改革に加え、学習の遅れなど、様々なことが重なった」など不安を感じる一方、「問題の傾向や形式が分からないから私立大学に行く」など、共通テスト導入により進路を変更する高校生も見られました。

[2]オープンキャンパスに直接行けなくなり、進学先検討に困ったこと(30.2%)
「実際に見て決められず、パンフレットのみで進学先を決めた」「ほぼ全て行ったことがない大学を受験する」など、オープンキャンパスに行けないまま進学校や受験校を決定することとなった高校生も見受けられました。

[3]志望校選びをどうしたら良いか困ったこと(24.9%)
「模試が減った」ことにより自分の学力を確認できず不安を感じたり、「進学先の地域選択」に迷ったりする高校生が見受けられました。「今も少し迷っている」という回答もあり、志望校選びが困難な様子が窺えます。

[4]年内入試で志望校に合格したこと(24.4%)
「先生方が親身になってサポートして下さったお陰で合格することができた」「先生に相談し一生懸命準備した」など、年内入試の合格にあたり、高校の先生方の手厚いサポートに感謝する高校生が見受けられました。

[5]初めてオンラインでオープンキャンパスに参加したこと(22.9%)
オンラインオープンキャンパスでは「疑問点をたくさん聞けてよかった」など直接質問できたことや、「自宅から気軽に何度でも見れて便利だった」など、参加して良かったと感じている高校生が見受けられました。

PDFをダウンロードする

⑮「大学1年生」アンケート調査(2020年12月)「今年の10大ニュース」

2020年「大学生活」10大ニュース
※設問「今年1年を振り返り、「大学生活」について印象に残っていること」より、上位10位をご紹介します。

[1]大学に入学したのに大学に行けなかったこと(70.7%)
「受験を頑張ったのにやるせない」「大学に一度も行っていないので大学生になった実感が湧かない」など、大学に行けなかったことが印象に残っている学生が多く見られました。

[2]オンライン授業の日々が続いたこと(68.1%)
「毎日課題に追われ大変だった」など、オンライン授業と課題に追われた学生が多く見受けられました。また「気軽に質問できる友だちがいない」など、孤独を感じる学生も見られました。

[3]外出自粛でほぼ自宅で過ごしたこと(54.4%)
「一日中、自宅で過ごす日々が続いた」「友だちと思うように会えなかった」など、思っていた大学生活と異なり自宅で過ごす時間が長く、残念な印象を持つ学生が多かったようです。

[4]急にオンライン授業が始まったこと(51.0%)
「パソコンの使い方がわからない」など、急なオンライン授業開始に戸惑う学生が見受けられました。また「友だちがいない状況での急なオンライン授業に不安」など、相談相手がいない状況にも不安を感じたようです。

[5]クラブ・サークルに入れなかったこと(39.2%)
「一番楽しみなのに入れなくて残念」「入りそびれて今更入る勇気はない」など、クラブ・サークルに入る機会を逃してしまい、残念に感じている学生も見受けられます。

[6]相談できる友だちがいなかったこと(36.9%)
「友達ができず、履修登録の相談ができなかった」「授業でわからないところがあっても相談できない」など、相談できる友だちがおらず困った思いをした学生が見受けられました。

[6]初めて同じ大学の友だちができたこと(36.9%)
「クラスのオンライン親睦会があり仲良くなれた」「Twitterで知り合った同じ大学の友達と遊べた」など、同じ大学の友だちができて嬉しいという学生の様子が窺えます。

[8]アルバイトが十分にできなかったこと(26.2%)
「2ヶ月ほどバイトがなかった」「生活費を自分で得ることができなくなった」など、アルバイトができなかった学生もいたようです。

[9]大学再開で行けるようになったこと(21.3%)
「実際に人と会うことで勉強しやすくなった」など大学再開に喜びを感じたり、「対面授業を行う努力を大学側がしてくれた」など対面授業に向けて努力してくれた大学に感謝する学生が見られました。

[10]クラブ・サークルに入れたこと(14.1%)
「サークルで人との繋がりができてよかった」「サークル内に友達ができ、いい先輩にも恵まれて最高です」など、クラブ・サークルに入って人間関係を築けることに嬉しいと感じる学生の様子が窺えます。

PDFをダウンロードする

⑯「大学2年生」アンケート調査(2020年12月)「今年の10大ニュース」

2020年「大学生活」10大ニュース
※設問「今年1年を振り返り、「大学生活」について印象に残っていること」より、上位10位をご紹介します。

[1]オンライン授業の日々が続いたこと(72.5%)
「課題に追われ大変だった」「1度も大学に行かずオンラインで1年過ごした」など、オンライン授業で課題に追われた学生が多く見られ、また「慣れたら効率的に学べる」など、オンライン授業に慣れてきた様子も窺えます。

[2]急にオンライン授業が始まったこと(59.2%)
「準備がままならず先生方もドタバタしていた」「オンラインの使い方がわからない」など、急いでオンライン授業を開始するにあたり、先生方も学生も準備に戸惑った様子が窺えます。

[3]外出自粛でほぼ自宅で過ごしたこと(57.7%)
「一日中、自宅で過ごす日々が続いた」「思うように出かけられなかった」など残念な印象を持つ一方、「自分のために使う時間が増え、良い時間だったと思う」などポジティブに捉えている学生も見受けられました。

[4]急に休校になり大学に行けなくなったこと(57.0%)
「休校もオンライン化も突然で対応に時間がかかった」など、急な休校に戸惑った学生の様子が窺えます。また「休校で一度も大学に行っていない」など、休校が長期化しているケースもあるようです。

[5]クラブ・サークル活動ができなくなったこと(43.0%)
「対面での活動が不可能となり、年に一度行われている大きな大会が開催不可となった」など、クラブ活動が制限されたり、大会などが中止となったことが窺えます。

[6]アルバイトが十分にできなかったこと(33.1%)
「アルバイト先の仕事が減りバイトもなくなった」「数ヶ月収入がなく貯金を崩すしかなかった」など、アルバイトができなくなったことによる収入減少に窮した学生が見受けられます。

[7]友だちとSNSなどでのやり取りが増えたこと(23.9%)
「会うことがなくなりネットでやり取りをするようになった」「クラスや他学部の人と関われる」など、直接会えないことで、SNSなどでやり取りが増えた様子が窺えます。

[8]留学や語学研修が延期や中止になったこと(19.7%)
「急に帰国しなければいけなかった」「8月からの交換留学に行けなくなった」など、留学中だった場合は帰国を余儀なくされ、また留学予定も中止の見込みで、「1月から行けるかもと言われたが厳しそうだ」との声も聞かれました。

[9]大学再開で行けるようになったこと (12.0%)
[9]クラブ・サークル活動が再開したこと(12.0%)
[9]保護者の収入減少に伴う学費の心配  (12.0%)

PDFをダウンロードする

⑰「大学3年生」アンケート調査(2020年12月)「今年の10大ニュース」

2020年「大学生活」5大ニュース
※設問「今年1年を振り返り、「大学生活」について印象に残っていること」より、上位5位をご紹介します。

[1]急にオンライン授業が始まったこと(70.3%)
「先生も自分も慣れない状況で始まった」など、急なオンライン授業開始に先生方も学生も戸惑ったことが窺えます。また「毎日のように出る課題の多さが印象的だった」など、課題の多さが印象に残った学生が多く見られました。

[2]オンライン授業の日々が続いたこと(68.1%)
「実習などもオンラインとなり豊かな経験ができない」など、オンライン授業の課題を感じたり、「登校しなくて良いのが楽。内容は対面とそう変わらない」など、オンライン授業のメリットを感じる学生も見受けられました。

[3]外出自粛でほぼ自宅で過ごしたこと(61.5%)
「家で過ごしていたから思い出がない」など残念な印象を持つ学生がいる一方、「通学時間や準備時間が減り、したいことができた」など、自宅での時間を有効に活用できた学生もいるようです。

[4]急に休校になり大学に行けなくなったこと(59.3%)
「突然の休校で友だちと直接会えなくなった」「図書館などの施設を利用できず困った」など、急な休校に戸惑いが見られました。また「ほぼ1年間学校に行けない状態」など、休校が長期化しているケースも見受けられます。

[5]アルバイトが十分にできなかったこと(40.7%)
「2カ月ほどバイトが無かった」「親に頼ることが増えた」など、アルバイトができなかったことにより困惑した学生もいるようです。


2020年「就職活動」5大ニュース
※設問「今年1年を振り返り、「就職活動」について印象に残っていること」より、上位5位をご紹介します。

[1]企業のほとんどの選考などがオンラインに変わっていること(63.2%)
「zoomのグループディスカッションは難しい」「インターンシップもオンラインで実感が湧かない」など、オンラインの就職活動に難しさを感じる一方、「非常に便利」などメリットを感じる学生も見られました。

[2]就職難になったこと(42.1%)
「売り手市場から買い手市場になった」「採用人数が減少し倍率が高くなり、就職が難しくなった」など、採用人数減少などに伴い就職が厳しい環境に変わったと感じている様子が窺えます。

[3]オンライン就活で距離や時間の制限が軽減したこと(29.8%)
「時間や交通費の面であきらめていた企業の説明も聞ける」「すぐに受けることができる」など、オンラインで就職活動をすることにより、距離や時間の制限が軽減され活動の幅が広がり、メリットを感じる学生も見られました。

[3]志望業界がコロナの打撃を受けて厳しくなったこと(29.8%)
「航空会社志望で新卒採用中止に衝撃を受けたが、別の会社に出会えた」など、志望業界の業績悪化により志望する業界を広げたり、「公務員志望だったが倍率が高くなった」など公務員を目指す学生の増加が見受けられます。

[5]コロナの影響で就職活動が遅れてしまったこと(24.6%)
「例年通りにインターンシップに行けず、就活を始めるタイミングを失い遅くなった」「何をすればいいかわからない」など、コロナの影響で就職活動が変化したことに戸惑い、就職活動に遅が出ている学生が見られます。

PDFをダウンロードする

⑱「大学4年生」アンケート調査(2020年12月)「今年の10大ニュース」

2020年「就職活動」10大ニュース
※設問「今年1年を振り返り、「就職活動」について印象に残っていること」より、上位10位をご紹介します。

[1]展示場などで実施される合同企業説明会や就職セミナーが相次いで中止になった(57.4%)
「3月予定の見学会が全て中止」「行こうと思っていた合同説明会が中止」など、コロナの影響で説明会や就職セミナーが相次いで中止したことにより、就職活動をどう進めたらよいか分からず困惑した様子が窺えます。

[2]各企業のオンライン企業説明会やWeb面接が始まった(50.0%)
「オンラインで会社の雰囲気をつかむことが難しい」「Web面接で対面とは違う緊張感があった」など、学生は手探りしながらもオンラインでの就職活動に取り組んだようです。

[3]大学内の企業説明会や就職ガイダンスが中止になった(47.9%)
「大学の説明会が中止になり、就職に関する情報収集に困った」「自分で調べたり、勉強することが多くなった」など、説明会やガイダンスの中止で情報が得られる場がなくなり、自ら情報収集に動いたようです。

[4]ほとんどの選考がオンラインで企業の雰囲気が分からず企業選択に困った(39.4%)
「オンライン説明会と実際に企業に行った時の雰囲気が想像と違った」「どの企業も同じような説明会で、何を基準に選んで良いかわからなかった」など、慣れないオンラインでの選考に難しさを感じた学生も見受けられました。

[5]進行中だった企業の面接など選考が中断した(34.0%)
「確定していた最終面接がなくなった」「2社から内々定をもらってたが選考中止になった」「新卒採用見送りになり、選考途中で断念」など、非常に無念な思いをした学生が見られました。

[6]各企業の企業説明会が中止になった(34.0%)
「説明会が軒並み中止になり、意欲がそがれた」「準備していたのに心が折れた」など、行くことを予定していた企業説明会の中止に、就職活動の意欲が低減した学生も見受けられました。

[7]休校で大学のキャリアセンターなどに相談できなかった(25.5%)
「志望動機の添削をお願いしたり、就職先の資料を見ることができなかった」「就職の相談ができなかった」など、休校により不安を感じながら就職活動をした学生も見受けられます。

[8]志望業界や志望企業の業績が悪化した(24.5%)
「業種選びから考え直した」「第一志望企業の募集が中止となった」など、志望業界や企業の業績悪化に伴い、志望する業種、企業などの見直をしなければならなかった学生も見られました。

[8]就職活動ができない日々が続いた(24.5%)
「就職活動が止まった時期がある」「選考が中断し見通しが付かなくなった」など、就職活動が滞り、先行きに不安を感じた学生もいるようです。

[10]OB・OG訪問ができなくなった(20.2%)
「訪問がキャンセルとなった」「企業を判断する情報が限られた」など、思うように就職活動ができなかった学生が見られました。

PDFをダウンロードする

⑲「専門職大学のご紹介」

専門職大学の一覧を作成いたしましたのでを、ご紹介させていただいております。
学科ごとの定員と開設年度を記載しております。

PDFをダウンロードする

⑳「高校生」アンケート調査(2021年1月)「コロナ禍の「乗り越え方」(高校生10事例)」

※余裕ができた時間で「今までにないこと」をした、その内容を聞きました。
 高校生10事例をご紹介します。

[事例1]苦手な科目の方が、得意になってしまった
通学時間を勉強時間にあて「苦手な科目をもう一度見直すことができ」、「苦手科目の方が得意になってしまった」と、苦手科目を見直して得意科目にすることができた高校生もいるようです。

[事例2]テストの点数が上がった。学校の予習動画配信が助かった
テスト勉強を普段からする時間があったので「テストの点数が上がった」。また「学校の予習動画配信など授業の遅れを取り戻す取り組みをしてくれて助かった」と、学校の対応に感謝している高校生の声が聞かれました。

[事例3]ずっと不合格だった英検に合格できた
英会話などのオンライン学習に参加することができ「ずっと不合格だった英検に合格できた」と、オンラインの英会話を上手く活用することで、英検合格を成し遂げられた高校生が見受けられました。

[事例4]パソコン関係の全国大会で、優秀な成績を収めることができた
パソコンに関する勉強に時間を費やし「パソコン関係のいくつかの全国大会で優秀な成績を収めた」「パソコン大会はオンラインで受け、その後の懇親会も楽しかった」と得意分野を磨き、貴重な体験ができた高校生もいるようです。

[事例5]陸上長距離の練習を毎日継続し、前よりスピードも体力もついた
「陸上長距離の練習をしっかり、疲れを貯めることなく毎日継続できた」「前よりスピードも体力もついた」と、自主練習を毎日継続して励み、自らの成長を実感できた高校生が見受けられました。

[事例6]1日2冊以上の読書で、語彙力アップ
「本を1日に2冊以上読むようになり、語彙力がアップ」し、漢字テストや古文でなぜか漢字が書けたり、古文を覚えていたと、毎日の読書継続により、確かな語彙力を身に付けられた高校生もいるようです。

[事例7]大学の資料を取り寄せて志望校を絞り、早くから受験勉強に励む
「大学の資料を取り寄せて、志望校を何校かに絞った」、知らなかった学校や学部、おもしろそうな学科を見つけられたと、志望校検討に取り組むことで、「志望校に向かって早くから勉強できる」と意気込む高校生が見受けられました。

[事例8]コロナで大学に求めることが変わり、大学を調べ直し改めて検討できた
「コロナで自分が大学に求めることが変わり、それについて改めて検討できた」 大学について詳しく調べることができたと、コロナにより志望校検討基準が変化し、大学の調べ直しや再検討をすることができた高校生が見受けられました。

[事例9]毎日家族の晩御飯を作り、家族に喜んでもらえた
「毎日家族の晩御飯を作ることができ、家族に喜んでもらうことができた」、包丁使いが上手くなりレパートリーが増えたと、家族を喜ばせることができ、また料理の腕前も上げることができた高校生が見受けられました。

[事例10]友だちとオンライン勉強会ができた
「オンラインで友だちと勉強会」をして、集中力が上がったり、休憩で他愛ない話で盛り上がれたのでいいと思ったと、オンラインを活用して友だちと一緒に勉強に取り組むことができた高校生もいるようです。

PDFをダウンロードする

㉑「大学生」アンケート調査(2021年1月)「コロナ禍の「乗り越え方」(大学生10事例)」

※余裕ができた時間で「今までにないこと」をした、その内容を聞きました。
 大学生10事例をご紹介します。

[事例1]TOEICのスコアが劇的に伸び、日本語を読むスピードも速くなった
時間に余裕ができたので英語の勉強に力を入れた。結果「TOEICのスコアが劇的に伸びた」「日本語を読むスピードも速くなった感覚がある」と、英語だけでなく日本語でも成果が得られた学生が見受けられました。

[事例2]経済に関心はなかったが、進路選択で新しく経済分野が選択肢になった
「経済に関心がないと思っていた」が、今まで読めなかった本を読むことで、「進路選択で新しく経済分野という選択肢が生まれた」と、気づかなかった自分自身の興味関心を知るきっかけとなったようです。

[事例3]洋書で語彙力がつき、英語のエッセイを速く書けるようになった
前から読みたかった本を「洋書で挑戦」してたくさん読んだことで、「語彙力がつき、英語でエッセイを書くのにかかる時間が短縮した」と、洋書を読むことが英文を書く速度アップに繋がったようです。

[事例4]模擬国連を通して全国の知り合いが増え、コミュニティができた
サークル活動で模擬国連を行っており、「サークル活動を目一杯できたおかげで、全国に知り合いが増え、コミュニティができた」と、志を同じくする全国の学生との繋がりを築くことができた学生もいるようです。

[事例5]将来の明確なプランを立て、頑張ろうと思う気持ちができた
コロナで留学ができなくなり今後どうするかを考えるきっかけができ、「自分の将来の明確なプランを立て」、「改めて頑張ろうと思う気持ちができた」と、コロナの影響に柔軟に、ポジティブに対応する学生の様子が窺えます。

[事例6]オンラインライブで気分転換し、勉強のやる気アップ
外出しないようにずっと家にいると一人暮らしのため塞ぎがちになるが、「オンラインライブを観ることで良い気分転換になり、勉強のやる気も上がったのは思わぬ効果」と、上手に気分転換ができた学生も見受けられます。

[事例7]新しい趣味を披露して褒められ、自己肯定感が上がった
新しくアコースティックギターを始めたことで「新しい趣味ができ」、「披露する機会で褒められ自己肯定感が上がった」と、新しい趣味を始めることができ、またそれを褒められることで喜びにつながったようです。

[事例8]YouTubeで興味を持ったことを習い始め、趣味を発見した
「YouTubeを見て興味が出たことを習い事として始め、自分の趣味を発見」でき、「まさか大学生で習い事を始めるとは思っておらず驚いた」と、思いもよらず趣味に出会うことができた学生もいるようです。

[事例9]zoom女子会やSNSなどを活用して、コミュニティを広げた
入学式がなく友だち作りが大変だったが「zoom女子会などでコミュニティを広げた」、「SNSなどでいろいろな人と仲良くなれた」など、zoomやSNSなどを活用してコミュニティを築くことができた学生もいるようです。

[事例10]7キロダイエットに成功し、自分のことが好きになった
毎日運動や筋トレをして「7キロのダイエットに成功」することができ、美容への関心も高まり「自分のことが好きになった」と、ダイエットや美容に気を配ることで自分の自信につながった学生もいるようです。

PDFをダウンロードする