岩手医科大学 医学部の詳細情報

いわていかだいがく

岩手医科大学

(私立大学/岩手) >>お気に入りに追加する

医学部

早期の医学・医療や意見や地域医療研修、他学部との連携で、
地域医療に貢献する実践力を備えた医師を育成

医学部の特長

学べる内容

■医療体験実習(1年次)
地域に出向き病院実習を行います。実習の前後にはワークショップを開催し、問題点の確認、報告を行い、実習の理解度を深めます。

■専門基礎医学(1年次~3年次)
専門的知識・技術を学ぶために必要となる基礎医学に関する学修、チーム医療への理解を深めるための早期臨床体験を行います。

■専門臨床医学(3年次~4年次)
疾病についていろいろな面から学び、内科学、外科学、専門医学などの臨床医学の基本について学修します。

■社会医学(3年次~5年次)
社会医学および予防医学的視点から、衛生学、公衆衛生学、環境労働衛生学、法医学などの分野について学修します。

■臨床実習(4年次~5年次)
実際の医療現場で実習を行います。少人数のグループに分かれて患者さまの診療に携わり、医師として求められる知識、技術、態度を修得します。

■高次臨床実習(5年次~6年次)
スチューデント・ドクターとして実際の医療現場で診療に参加します。岩手県内の医療機関で、地域医療の担い手としてプライマリケアを重点的に学びます。

■総合医学(6年次)
臨床実習終了後、国家試験に向けて6年間の学びを総括し、医師国家試験の合格を目指した学修を行います。

もっと見る

施設・設備

■最先端の設備
最先端機器による先進的医学を学べるよう、充実した設備を取り入れています。
○高精度画像診断機 次世代型320列CT
世界第1号の実用機として導入された高精度画像診断機です。狭心症や心筋梗塞を中心とした虚血性心疾患、先天性心疾患、大動脈解離などの疾患の診断に活用します。
○ダ・ヴィンチSiサージカルシステム
本学は、岩手県内で初めて内視鏡手術支援ロボット「ダ・ヴィンチSiサージカルシステム」を導入しました。正確でスムーズな手術操作環境を整えています。

■医療・教育・研究の新拠点
2019年9月、矢巾キャンパスに新附属病院が開院しました。最新鋭の設備や地域の人々と触れ合うことで、学生たちは専門的な知識や技術、患者に向き合う姿勢を学びます。

もっと見る

独自の学習システム

■early clinical exposure[早期体験学習]
広い視野で、早期から医学・医療の現場を体験するのが目的です。1年次では看護・施設介護の実習、救急心肺蘇生法などの実技に取り組みます。また3年次は救急車への同乗、救急センターでの当直など。地域医療の実践に即した意義深い研修メニューが、テーマ別に用意されています。

■臨床実習
5年次は小グループで実際の医療現場へ入り、医師として必要な知識・技能・態度を修得します。また高次臨床実習では「スチューデント・ドクター」という立場で医療チームの一員となり、患者さまの診療に携わります。

■地域医療研修・実習
社会に貢献する医師の育成に向け、モチベーションのアップを図っています。3年次は地域医療の現場で研修を積み、医師の役割の重要性を体感します。さらに6年次になると、大学病院の外で臨床実習を行い、3年次の成果を再認識。実際の診療に参加して、プライマリケアを学びます。

もっと見る

奨学金制度

■医学部奨学金制度
一般選抜合格者のうち、成績優秀者を対象に初年度学納金の一部を免除します。また、医学部希望者には医療局医師奨学資金や市町村医師養成修学資金等の岩手県の奨学金制度もあります。

もっと見る

       

医学部の概要

医学部
  • 定員127名
  • 修業年数 6年
  • 昼夜
  • 募集共学
  • 学費900万円  [別途 諸会費40万円]

※2023年4月入学者対象のものです。

医学部の学科・コース・専攻

  • 医学科

学べる学問

  • ・医学

目指せる職業

  • ・医師

岩手医科大学の所在地/問い合わせ先

●矢巾キャンパス(本部、医学部、薬学部、看護学部、歯学部1~4年)

〒028-3694 岩手県紫波郡矢巾町医大通1-1-1  入試・キャリア支援課

TEL.019-651-5111  (内線5105) 

岩手医科大学の資料や願書をもらおう

パンフをもらおう

※送料とも無料。

オープンキャンパス情報open campus

もっと見る

スマホで見るsmartphone

Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88

スマホで岩手医科大学の情報をチェック!

SNS紹介