検索する
メイン写真

伝統の実践教育で、社会を担う専門職業人を育成

大阪工業大学の3つの特長

3つの特長1

2017年4月ロボティクス&デザイン工学部開設

3つの特長2

真の実力を身に付ける教育が実現する高い就職実績

3つの特長3

各学科にPBL(問題解決型学習)科目を配置し、実践をみがく

IoT(モノのインターネット)やAI(人工知能)など、世界を変える技術分野と、人々の暮らしを豊かにする空間やプロダクトのデザイン分野を融合したこれまでにない学部です。新設のシステムデザイン工学科は、機械、電気・電子、情報工学を基盤に、トータルなシステムをデザイン出来る人材を育成します。

大阪工業大学の 学科・コース

エキスパートを育てる16の学びのフィールド。

工学部
都市デザイン工学科(4年)
建築学科(4年)
機械工学科(4年)
電気電子システム工学科(4年)
電子情報通信工学科(4年)
応用化学科(4年)
環境工学科(4年)
生命工学科(4年)
ロボティクス&デザイン工学部[2017年4月開設]
ロボット工学科(4年)
システムデザイン工学科(4年)
空間デザイン学科(4年)
情報科学部
コンピュータ科学科(4年)
情報システム学科(4年)
情報メディア学科(4年)
情報ネットワーク学科(4年)
知的財産学部
知的財産学科(4年)

上記は、2017年4月入学者対象のものです。

大阪工業大学の 学費のこと

■初年度納入金(2017年度)
工学部、情報科学部:1,623,700円
ロボティクス&デザイン工学部:1,673,700円
知的財産学部:1,313,700円
(いずれも入学金25万円を含みます。)

■奨学金制度(2017年度)
本学独自の奨学金制度(返還不要)、入試成績優秀者を対象とした特待生制度があります。

大阪工業大学の ニュース

■人や情報の中心地、梅田・茶屋町に新キャンパスを開設
2017年4月開設のロボティクス&デザイン工学部の学びの舞台として、新たに梅田キャンパス(OIT梅田タワー)が誕生します。
梅田・茶屋町は、京阪神の中継点であり、情報・流行の発信地。OIT梅田タワーは、地下2階、地上21階建てで、大阪工業大学の今を発信するエントランスギャラリーをはじめ、最新機器を設置したロボティクス&デザインセンターや、最新設備を備えた専門教室や実験室を完備。ほかにも、地域との交流の場になる「にぎわいエリア」や自由な発想を育み発信するラーニングコモンズを含む「イノベーションエリア」など、これからの新しい学びにふさわしい学習環境を整えています。
※一部大宮キャンパス(大阪市旭区)で実施する授業があります。

大阪工業大学の キャンパスのこと

■ナノ材料マイクロデバイス研究センター
<大宮キャンパス>
ナノ構造の分析・評価から材料創製・プロセス技術について幅広く研究できる最先端施設です。大型クリーンルームを設置し、透明トランジスタの開発など本学独自の技術開発を進めています。

■ロボティクス&デザインセンター
<梅田キャンパス>
すべての人が豊かに暮らせる社会を実現する人材の育成拠点です。産業界や海外有名大学と連携し、学生・社会人が協働するワークショップ、ロボット開発など、ロボティクスやデザインを中心とした教育・研究を梅田キャンパスで展開します。

■デジタルアーカイブセンター
<枚方キャンパス>
歴史的収蔵品や伝統芸能・民族舞踊、スポーツの動作などの映像、希少動物の鳴き声の音源などをデジタルデータとして保存・蓄積し、総合的に資料情報として仮想博物館などに活用することをめざしています。国内でも数少ない、最新のマルチメディア技術を学ぶ高度な施設です。

大阪工業大学の所在地/問い合わせ先

全ての所在地/問い合わせ先を見る

所在地

●大宮キャンパス

〒535-8585 大阪府大阪市旭区大宮5-16-1

TEL.06-6954-4086  (入試部)  FAX.06-6956-8101  (入試部) 

ホームページ http://www.oit.ac.jp/
E-mail OIT.Nyushi@josho.ac.jp
ページの先頭へ

大阪工業大学の資料や願書をもらおう

  • 資料請求

※出願はインターネットで!紙の志願票はありません。

-

●入学案内
※出願はインターネットで!紙の志願票はありません。

_

ピックアップ
オープンキャンパス

注目の情報

スマホ版日本の学校

  • Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88
  • スマホで大阪工業大学の情報をチェック!