メイン写真

未来社会Society5.0をリードする研究力を身につける

金沢工業大学の3つの特長

3つの特長1

未来社会をリードする研究力

3つの特長2

夢考房プロジェクト

3つの特長3

国立大学標準額との差額を給付する「特別奨学生制度」

特別奨学生制度は、「自ら考え行動する技術者」に向けて、授業と課外活動の両面で優れた成果を収め、リーダーとなる人材の育成を目指す制度です。スカラーシップフェローには、国立大学標準額との差額が、スカラーシップメンバーには、年額25万円が給付されます。(2020年度)

金沢工業大学のとっておきニュース

研究で国連の目標SDGsに貢献。第1回ジャパンSDGsアワード受賞

とっておきニュース

SDGsは「誰一人取り残さない世界」の実現にむけて国連全加盟国が合意した世界を変えるための17の目標。金沢工業大学では、全学部・学科の学生が受講可能なSDGsに特化した授業を実施。学生は身近な社会課題と、地球規模課題を結びつけ、各学科の強みを生かしたSDGs関連プロジェクトを創出しています。こうした取組が評価され、総理大臣を推進本部長とする第1回ジャパンSDGsアワード内閣官房長官賞を受賞しました。

金沢工業大学の 学科・コース

世代・分野・文化を超えた共創教育を実践

工学部
機械工学科(4年)
航空システム工学科(4年)
ロボティクス学科(4年)
電気電子工学科(4年)
情報工学科(4年)
環境土木工学科(4年)
情報フロンティア学部
メディア情報学科(4年)
経営情報学科(4年)
心理科学科(4年)
建築学部
建築学科(4年)
バイオ・化学部
応用化学科(4年)
応用バイオ学科(4年)

上記は、2020年4月入学者対象のものです。

金沢工業大学の 学費のこと

■2020年度初年度納入金
1,715,000円(入学金20万円を含む)
※上記以外に委託徴収費が必要です。

■特別奨学生制度(2020年度入学生対象)
KITの特別奨学生制度は、「自ら考え行動する技術者」に向けて、「授業等の正課」と「KITオナーズプログラム等の課外活動」の両面で優れた成果を修め、とりわけリーダーとなる人材の育成を目指す制度です。特別奨学生には、「リーダーシップアワード生」の名称を与えると共に、奨学金を給付し、リーダーシップアワード生講座に参加する資格が与えられます。
●スカラーシップメンバー:年額250,000円が給付。
●スカラーシップフェロー:国立大学標準額との差額が給付。
※詳細は本学HPにて

金沢工業大学の 本学の特長

金沢工業大学では、社会に役立つ研究はアイデアに終わらせず、プロトタイプとして具体化し、実験、検証、評価。さらに実社会の中に組み込み、その中で新たな発見を得て研究を深めていく社会実装型の教育研究を進めています。学生同士でチームを組み問題発見・解決に取り組むプロジェクトデザイン教育を主柱とした正課教育と、知識の応用力を高める課外プロジェクト活動を通じて、国連SDGsの達成に貢献し、未来社会Society5.0をリードする「自ら考え行動する技術者」を目指します。

■プロジェクトデザイン教育
工学教育の世界標準「CDIO」(Conceive 考え出す→Design 設計する→Implement 実行する→Operate 操作・運用する)を正課・課外で実践。学生はAIやIoT(Internet of Things)を活用しながら、何が社会で必要とされているのかチームで考え、創出した解決策は具体化し、実験することで有効性を検証、評価します。「AI基礎」は全学生必修で学びます。

■AIを問題発見に活用
AIを問題発見に活用できるようAI基礎科目を全学部学科で必修化。さらに「AIとビッグデータ」「IoTとロボティクス」「ICTと情報セキュリティ」という発展・応用系のコースも導入し、高度な情報技術を身につけます。

■充実の研究環境
アイデアを具体化できる「夢考房」やMITのMedia Labをヒントに開設されたChallenge Lab、14の研究所が集積し、卒業研究で生み出された理論や仮説を具体化し実験できるやつかほリサーチキャンパス、実証実験キャンパスとして整備された白山麓キャンパスなど高度な研究環境が整っています。

■6年制メジャー・マイナー制度
研究成果を実社会に組み込み、研究を深めていく社会実装型のプロジェクトを進めるには、複数の専門知識が必要となります。「工学×リハビリテーション」、「工学×経営」「工学×バイオ」といった6年制一貫コース(学部4年間+大学院2年間)によるメジャー・マイナー制度を新たに導入する計画です。

■ラーニングエクスプレス
KITの学生がアジアの学生と多国籍チームを組み、アジアの村に滞在し、問題発見・解決に取り組みます。言葉も文化も異なる学生達がチームを組み、「CDIO」を実践することで、イノベーション力のあるグローバル人材を目指します。

金沢工業大学の キャンパス案内

■平日はもちろん土日・祝日もご案内します
授業外でも年間300日、自己実現に向けて主体的に活動できるKITのキャンパスを、担当者がわかりやすくご紹介します。是非皆さんの目で見て確かめてください。
事前予約は不要です。お気軽にお越しください。

午前のご案内 10:00 ~ 
午後のご案内 13:30 ~
ご案内時間 90分程度

※詳細は本学HPにて

金沢工業大学の所在地/問い合わせ先

所在地
〒921-8501 石川県野々市市扇が丘7-1

TEL.076-248-0365  FAX.076-294-1327 

ホームページ https://www.kanazawa-it.ac.jp
E-mail nyusi@kanazawa-it.ac.jp
ページの先頭へ

金沢工業大学の資料や願書をもらおう

  • 資料請求
  • 願書請求

※(資料・送料ともに無料)

-

●入学案内・願書
※(資料・送料ともに無料)

_

ピックアップ
オープンキャンパス

スマホ版日本の学校

  • Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88
  • スマホで金沢工業大学の情報をチェック!