さいたまいかだいがく

埼玉医科大学

(私立大学/埼玉)

資料請求

保健医療学部 理学療法学科

リハビリと精神面、両面から患者さんをサポート。

  • ※2019年4月入学者対象のものです。
理学療法学科
この学部・学科の資料をもらう
 
 
理学療法学科の特長
取得受験資格

理学療法士国家試験受験資格

*理学療法士は、医学的リハビリテーションの専門職であるとともに、福祉・保健分野でも活躍が期待されています。
運動機能を評価するとともに、運動療法や物理療法、生活環境整備等により、生活機能を改善させることができる理学療法士を育成します。

カリキュラム

幅広い教養と豊かなパーソナリティ。
理学療法法士としての知識と教養を4年で学習します。

理学療法は、学問の側面と、実践的な技術の側面を持っています。それは、常に新しい研究を行うとともに、実践的な技術の習得が不可欠なことを表しています。いまや、学ばなければならない専門性やフィールドは広範囲になっています。4年制大学で理学療法を学ぶことには大きな意味があるといえるでしょう。
履修内容(卒業要件129単位)
基礎分野:15単位
専門基礎分野:48単位
専門分野:66単位
[3年次評価実習:3単位、4年次総合臨床実習:8単位(×2回)を含む]

本学科は、核家族化、高齢化、理学療法の専門化、訪問リハビリテーションの普及など、従来考えられた理学療法の関連領域を越えた高度の専門知識をもつと同時に、幅広い社会のニーズに対応できる理学療法士の育成をめざして、臨床医学教育の授業時間数を拡大させるとともに、実践的な理学療法の授業を行うために、理学療法における専門分野ごとに演習形式の授業を確保しています。また、保健医療学部には保健医療分野の種々の専門領域を教授することができる専任教員が揃っています。

■カリキュラムの特徴
幅広い教養と豊かなパーソナリティ、理学療法士としての知識と教養の修得。

●1年次
医療を意識した基礎科目により医療人としての幅広い知識と教養 を身に付けます。早くから体験実習や専門基礎科目を導入し、理学療 法士としての目的意識の早期形成を促します。その他学年を縦割りに したゼミ制を導入し学年を超えた交流や学習環境も提供しています。

●2年次
専門基礎科目がより多岐に展開されます。病気( 疾患 )そのものを 学習するのと同時に、疾患がどの様に身体機能や生活に支障をもたら すか( 障害 )について学習します。また障害そのものや、障害が生活に もたらす影響の程度を見積もる( 評価 )為の知識や技術も習得します。

●3年次
専門科目として直接に理学療法業務に結びつく援助や治療の為の 知識・技術の習得を目指します。特に後期には3週間の臨床実習が用 意されていて、臨床実務を通した学習が実施されます。しかしそれは 同時により集中した学業が求められることにもなります。

●4年次
前期に8週間の臨床実習が2回実施されます。前期に臨床実習を集中 させることで、卒業研究や就職活動、国家試験準備に余裕が生まれます。 就職では専門学校から続く卒業生のネットワークも後押しとなってい ます。国家試験は毎年全国水準を上回る結果を維持しています。

卒業後の進路

医療施設/病院、各リハビリテーション施設
保健・福祉関連/市町村などの行政機関、障害者施設、介護老人保健施設
教育関連/理学療法士養成施設
その他/通所や訪問などの在宅リハビリテーションなど、非常に広範囲での活躍が期待されています。

沿革

埼玉医科大学における理学療法士教育の歴史は、1983年4月埼玉リハビリテーション専門学校より始まり、1989年より埼玉医科大学短期大学、2007年に埼玉医科大学保健医療学部に改組されました。合わせて20年以上にわたり卒業生を輩出し、埼玉県内の病院施設を中心に多くの先輩達が理学療法士として活躍しています。また、理学療法学科の教員は、理学療法士の卒後教育にも積極的に取り組んでいます。

 
インタビュー
高倉 保幸 先生

学科長 高倉 保幸 先生(理学療法学科 学科長)

幅広い医療的知識を併せ持つ理学療法士を育成

近年、理学療法士は手足の手術後や脳卒中の方はもちろん、心疾患、呼吸疾患、がん、認知症などさまざまな疾患に伴う障がいの予防・改善を始めとして、高齢者を含めた健康増進、医療福祉機器の開発、スポーツ障がいの予防・回復など、活躍の場が多彩に広がっています。本学科ではこうした動向に合わせて、医学部や大学病院と連携を図り、最先端かつ幅広い医学教育・カリキュラムを提供しています。医療系大学ならではの教育システムがあり、自然豊かな環境のもと理学療法士を育成しています。

柳内 大輝 さん

在学生 柳内 大輝 さん(理学療法学科 3 年)

学生に対する教員数が多く質問や相談がしやすい

大学までサッカーを続け、怪我の経験から理学療法士という仕事に興味を持ちました。臨床体験の機会が多く、講義で習得した知識を実際の患者さんやさまざまな疾患と結びつけ、実習や演習を通し手技も多く学べることがこの学科の特長です。少人数制であることから学生に対する教員数が多く、質問や相談がしやすいことも大きなメリットです。将来は、理学療法士として整形分野に進み、自分のようにスポーツを楽しむ学生たちを応援していきたいです。

服部 寛 さん

卒業生 服部 寛 さん(埼玉医科大学かわごえクリニック リハビリテーション科勤務 2010年3月卒業)

患者さんからいただく笑顔や感謝の言葉が何よりの励みになります

大学では運動器・中枢神経・循環器・小児などの幅広い分野を専門の先生方の指導のもと深く学ぶことができ、将来の視野を広げてもらいました。
理学療法士の仕事は患者さんの生活を変えることができる職業です。笑顔や感謝の言葉をいただけた瞬間はそれまでの苦労が吹き飛ぶくらい嬉しいです。
かわごえクリニックはスポーツ整形外科を有し、スポーツ障がいを抱える学生の患者さんが多く訪れる医療機関です。大会直前の学生さんたちが治療・リハビリに取り組み、ベストな状態で大会に送り出せた時には大きな喜びを感じます。

 
学べる学問
  • リハビリテーション学

 

目指せる職業
  • 理学療法士

資格
  • 理学療法士

埼玉医科大学の所在地/問い合わせ先

全ての所在地/問い合わせ先を見る

所在地

●保健医療学部(川角キャンパス)

〒350-0496 埼玉県入間郡毛呂山町川角981

TEL.049-295-1001 

ホームページ http://www.saitama-med.ac.jp/hoken/
E-mail hokeniryou@saitama-med.ac.jp
ページの先頭へ

埼玉医科大学の資料や願書をもらおう

  • 資料請求

※保健医療学部のみ資料送付【医学部の資料は請求できません】/送料とも無料

-

●入学案内
※保健医療学部のみ資料送付【医学部の資料は請求できません】/送料とも無料

_

ピックアップ
オープンキャンパス

スマホ版日本の学校

  • Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88
  • スマホで埼玉医科大学の情報をチェック!