さっぽろがくいんだいがく

札幌学院大学

(私立大学/北海道江別市)

資料請求

願書請求

人文学部 こども発達学科

小学校教諭、保育士、子ども教育の専門家を目指す

  • ※2018年6月現在のものです。
こども発達学科
この学部・学科の資料をもらう
 
 
こども発達学科の特長
取得資格

■4年間の集大成として「小学校教諭一種免許状」を取得可能
学科の専門科目である「教科指導法」「教科に関する科目」などを履修することで、小学校教諭一種免許状を取得することができます。その他、取得可能な資格・免許は下記の通りです。
・保育士
・社会教育主事
・認定心理士
・学芸員

学べる内容

子どもの発達と教育の問題を豊かな視点で読み解く知性。子どもの「わからない」「できない」に共感できる感性。「わかる」「できる」をのばす実践力。「楽しく学ぶ」機会を柔軟に発想する力。そんな力をもった小学校教諭として、保育士として、子どもの発達を支援する専門家として、学校や地域、保育の現場で活躍できる人材を育成します。

カリキュラム

■保育士(国家資格を卒業と同時に取得可能)
保育士養成カリキュラムで、卒業と同時に保育士(国家資格)の取得が可能です。保育の現場経験豊かな教員の指導で、幅広い教養と専門的な知識・技能をしっかり身に付けた、家庭や地域と連携し子どもの発達を支援できる保育士を養成します。
カリキュラム開設から4年目を迎え、今後、卒業生が保育現場で活躍することが大いに期待されます。

■子どもの発達と教育について専門的な学習を展開
30年にわたる人文学部人間科学科における「子どもの発達と教育」研究を土台に、初等教育をはじめ、家庭・地域における子育て支援、今後急速に展開される特別支援教育などについて専門的に学ぶことができる学科です。定員を50名とすることで、少人数による一人ひとりに行き届く教育を実践。臨床心理学科との連携も図りながら、乳幼児期からの人間の発達過程についての研究を深め、子どもの発達と教育について専門的な学習を展開します。

■子どもの発達を実践的に学ぶ
子どもは「遊び」を通して発達します。それだけに、子どもの発達を理解するうえで、共に遊ぶことは大変重要です。しかし、ただ遊ぶだけでは何も分かりません。本学科では、「ものづくりと子ども発達」等で子どもと直にふれ合う活動を通して、子どもたちがいかに発達するかについて学び、指導に役立てるための実践的カリキュラムを設けています。

卒業後の進路

■就職率(2018年3月卒業生実績)
こども発達学科:97.2%

■多くの卒業生が教員として教壇へ
8年間(2009~2016年度)で151名が小学校・特別支援学校教諭(正規職員)として採用されています。

施設・設備

■充実した施設
体験型学習と小学校教員養成のために、作業ができる教室が整っています。音楽室には、教員用アップライトピアノ1台と電子ピアノ21台があり、講義のない時間には自由に使うことができるほか、合奏用のアコーディオン、鍵盤ハーモニカ、ティンパ二などの楽器もあります。
図工室には色鉛筆、折り紙、版画セットなどを用意。そのほか、自然科学実験室、図書館、総合体育館など、実践的な学習ができる施設・設備が充実しています。

独自の学習システム

■他学部・他学科科目を卒業単位として認定
「子ども」は、子どもである前に一人の人間です。「子ども」のことだけを学んでいても、幅広い理解にはつながりません。そこで、本学科では「人間」に対する理解を深めるために、人間科学科や臨床心理学科との連携はもちろんのこと、他学部・他学科の開講科目を卒業に必要な単位として履修できるシステムを採用。「子ども」を「人間」として、より深く探求することができます。

 
インタビュー
今村 優里さん

卒業生 今村 優里さん(北海道 小学校教諭 2018年卒)

仲間と協力し合った模擬授業の練習が、実習や教員採用試験の大きな力になりました

“実践的な学びが多い”ガクインは、講義はもちろん、学生同士が自発的に協力し合って模擬授業の練習をしたり、互いにアドバイスすることが当たり前の空気があります。教員経験がある先生のゼミを選んだのは、現場に立ったらどうすれば良いか、授業はどのように行うべきか学ぺると思ったから。4年次の教育実習では、予期せぬ児童の質問に動揺することもありましたが、何回も模擬授業を繰り返した経験を生かすことができたと思います。学習支援ポランティアとして小学校に通い、採用試験や教育実習を乗り越えた学生生活。積極的になれたこと、教師になる気持ちが強まったことが4年間の成長です。

芳賀 梓さん

卒業生 芳賀 梓さん(札幌市立菊水小学校勤務 2012年卒)

ガクインでは個別のサポートが心強かったです

小学校高学年の担任の先生が大好きで、この道を志しました。ガクインでは個別のサポートが心強かったです。学外講師を招いての採用試験対策講座はもちろん、音楽科指導授業では一人1台専用のピアノで課題曲を練習でき、模擬授業や集団面接などの対策も1対1で細かな指導を受けました。また、学校ボランティアも良い経験に。実際の授業で「大切なのは子どもとの遊び」という教師の基本を実感しました。初めて担任を持ったときは理想のクラスに近づけず不安でしたが、「みんなで頑張っていいクラスにしていこう!」と伝え続けているうちに子どもたちが変わり、今では自慢の学級になりました。これからも子どもと共に喜び、感動し、一緒に成長していきたいと思います。

奥村 崇人さん

卒業生 奥村 崇人さん(小樽市立稲穂小学校勤務 2017年卒)

言葉の使い方ひとつで子どもの心を動かす。気持ちを汲んで伝える力をつけたいです

4年次に学科の学生を100人集めて「こども発達学科大運動会」を開催したことは、大学時代の思い出です。1年生から4年生まで縦のつながりがあったらいいなと思い、実行委員長としてイベントを実現。学年を超えて交流できる機会になりました。“学生同士で協力し合う空気”がガクインの魅力です。
大学卒業後に初めて教師として赴任したのが、故郷・小樽の小学校。まだ教師になったばかりですが、思いやりのある子に育ってほしいと願いながら、子どもたちと接しています。積極的だけど、たまに言葉づかいが強すぎる私のクラス。子どもたちに伝えようと「今の言葉、声の大きさ、適切ですか?」と書いた紙を、あえて教壇から見える位置に貼っているのは、「今の伝え方で良かったのかな」と自問するためでもあります。

 
学べる学問
  • 教育学
  • 教員養成
  • 心理学
  • 児童学
  • 人間科学

 

目指せる職業
  • 保育士
  • 児童指導員
  • 小学校教諭
  • カウンセラー
  • スクールカウンセラー
  • 学芸員(博物館)

資格
  • 保育士
  • 小学校教諭

札幌学院大学の所在地/問い合わせ先

所在地
〒069-8555 北海道江別市文京台11番地

TEL.011-386-8111  (代表)  FAX.011-386-8133 

ホームページ http://www.sgu.ac.jp/
ページの先頭へ

札幌学院大学の資料や願書をもらおう

  • 資料請求
  • 願書請求

※資料・送料とも無料

-

●入学案内・願書
※資料・送料とも無料

_

ピックアップ
オープンキャンパス

スマホ版日本の学校

  • Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88
  • スマホで札幌学院大学の情報をチェック!